2016年09月28日

行くとこ土砂降り

 +14.9〜+21.8℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 暗いところに、長い触覚と2本の長い尾を持ったムシが、時々触覚と尾を動かしつつ、ジッとしていた。変な虫だ、ヘッドランプで照らしてみると、ようわからんけど、トビケラのようだ。さらに良く見ると、1頭じゃなくて2頭のトビケラだった。トビケラの類は、絵あわせできるほどには研究は進んでいないのだとか、で、一件落着。と思って、奥に進もうとすると、雨がザーザー。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 で、場所替え。真っ暗な空に真っ白なサギが飛んでいた。木は色づき始めている。で、奥に進もうとすると、雨がザーザー。諦めて帰ってきた。 (画像クリックで拡大)

おまけ

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 手慰みに作った「根釧地域の草地雑草」、1993年1月のこと。あれから幾星霜、どこかで見失ってしまっていたが、ちょっと持ち物を整理していたら、出てきた。って、ちゃんと本棚にあったのだけど。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 余暇のことだから気楽なもので。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 リバーサルからのダイレクトプリントを、駅前の写真屋さんにカラーコピーしてもらった、高くついた。自慢すれば、例えば、このセイヨウトゲアザミ、すくなくとも北海道で耕地の雑草として採り上げられたのはこれが最初。もとい、防除法の報告は1報だけあったか。PC上で、画像処理やhtmlファイルが扱いやすくなってきたのはこの後のこと。雨のせいだ、こんな回顧記事を書くのは。明日は晴れるか? きょう、昼過ぎには雨は上がっていたけどね。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:16| Comment(0) | 東川歳時記