2016年07月07日

タナボタ

 お目当ては声もなく、すごすごと退散の途次、目の前のミヤマハンノキに見たことのあるような、ないようなカメムシがいた。「札幌の昆虫」のヒメツノカメムシのお隣にのっているヤツじゃないか、ひょっとしたら。かつて、岐登牛山で誤認して当該ページを作ったら、google検索でトップに表示されるようになって、あわくって確かめて、確かめきれずに削除した、あのクロヒメツノカメムシのような気がする。七夕の日の棚ぼただ。+10.6〜+27.4℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 噴気が山を覆う。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ハクサンシャクナゲ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 マルバシモツケ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 シラタマノキ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 コメツブウマゴヤシ。防災ダム工事に伴って、思わぬ植生がみられそう。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 イソツツジ。葉の縁が裏側に巻き込まれる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 この葉はぺったらこい、または反り返る。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 イワブクロ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 クロヒメツノカメムシ♀。ヒメツノカメムシ♀は、抱卵というか、卵が孵化し幼虫が2齢になるまで保護するが、この種もそうなのだろうか。右上のカットは、クロならあるという腹部の黒色点刻です。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ノスリミサゴ。北の風だよりさん、ご指摘ありがとうございます。それにしてもこんなところでも飛んでるなんて思いもよりませんでした。十勝岳と美瑛岳との稜線の方からピョッピョッって鳴きながら飛んできて飛んでいきました。山越えしたのかも。 (画像クリックで拡大)

posted by take_it_easy at 20:18| Comment(3) | 大雪山