2016年07月29日

今日の岐登牛山

 雨。+22.2〜+26.3℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 大粒の雨。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 北海道樹木図鑑ではノムラカエデ、イロハモミジの変種オオモミジから作出された園芸品種。なぜモミジがカエデになったのか、と不思議がってみたら、最近の分類ではイロハモミジとオオモミジとは別種とされていて、ノムラカエデという和名のものはなくなっている。じゃあ、これはなんと呼べば分類に叶う? オオモミジでいいのかなあ、分類の埒外で園芸品種としてはノムラカエデ。科名は、もとはカエデ科、新しくはムクロジ科。もうイヤッ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 もちろんそんなことは関係ない。雨に打たれてヨツボシホソバ♀。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 こちらも翅は濡れてる様子はなさそう。♂。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ナカムラサキフトメイガ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 アオアカガネヨトウ。暖地にカラカネヨトウというのがいるらしい、それはまあそっくりさんなのだとか。北海道にはいそうにないから間違うことはない。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 マエアカスカシノメイガ、どちらも。♂は精魂尽き果てた? (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:29| Comment(0) | 岐登牛山

2016年07月28日

今日の岐登牛山

 +18.1〜+25.1℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 キキョウ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 モモイロシマコヤガ、カバイロシマコヤガというそっくりさんがいるらしい、が、北海道には分布しないらしい。どこが違うかというと、北海道に分布する、しない、というところ。本州ではどちらもいるらしいから、どこか、違いがなくてはおかしいのだけど。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 カシノシマメイガ、幼虫がコムギ粉などで作ったお菓子(ビスケットなど)を食べるのだそうな、で菓子のシマメイガ。これホントらしい。食べるのはお菓子だけじゃなく、貯穀害虫として駆除の対象になるらしい。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 シロジマシャチホコ、幼虫の食餌はダケカンバとかシラカンバとか。そこそこ標高の高いところにいるらしい。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:38| Comment(0) | 岐登牛山

2016年07月27日

今日の岐登牛山

 +17.8〜+26.0℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 エゾノキリンソウ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 シナノキ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ジャノメチョウ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ヨツバヒヨドリでオオウラギンスジヒョウモン、右翅が波打ってるが、普通に飛んでるように見えた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 近づいたら引っ込み、離れたら出てくる、何度も繰り返す、シマヘビとわたしと。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 モンシロドクガ、キレイだけど、触らる方がいいようだ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 後翅うら下方に2つの黒点あり。「札幌の昆虫」では、ルリシジミでは離れてる、スギタニルリシジミではくっついて”く”の字になっている、と、区別点の一つにあげている。スギタニはスプリングエフェメラル、こんな夏に見かけることはなさそう。たぶんルリシジミなんだろう、似た者同士を区別するなら、多面的に見ろ、ということでしょう。「ほっといてくれ、そんなことくらいで捕まえられ殺されたらたまったもんじゃないよ。」だってさ。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:41| Comment(0) | 岐登牛山

2016年07月26日

今日の岐登牛山

 もう一息で真夏日だという日が続く、どうせならそうなればいいのに。今年はまだ真夏日がない。いまのところ7月1日の29.8℃が最高。+16.4〜+29.5℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 スズメバチにチェックされ、チェックされるだけで済んでるけど、マダニに噛みつかれ、噛みつかれるだけで済んでるけど、日差しは強くて立ちくらみしそう、しなくて済んでるけど。林道歩きはそろそろ仕納め。と思いつつ、あの家族を見かけることができるかも、との期待が膨らんで、つい、足を踏み入れてしまう。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ヨツバヒヨドリ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ガガイモほか (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ウラギンヒョウモン (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ギンボシヒョウモン (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ミスジチョウ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 胸を反らせる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 しばらくしてヤブに入っていった。子供の避難を確かめて、というような感じ。子供の姿は見えず。あの母親かどうかはわからない。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:02| Comment(0) | 岐登牛山

2016年07月25日

今日の岐登牛山

 蛾三昧、ほぼ。1本の小振りのミズナラに多種のガが潜んでいた。それを眺めて、つい熱中し、おりからの日差しの暑さに閉口し、そのまま退散。こういう日には、ガの画像とにらめっこ、ストレスを解消するには至らず日は暮れる。 +15.4〜+29.5℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 入り口の小さな池にあるスイレン。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ノコギリカミキリ、たぶん♂ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ヨツボシホソバ♂、これじゃなんでヨツボシなのかわからんね。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ヨツボシホソバ♀、これならなんでヨツボシなのかわかる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 クロバネヒトリ、黒が♂、白が♀。メスだけだとなんでクロバネかわからんね。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ベニヘリコケガ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 オオアヤシャク (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 カギシロスジアオシャク (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ヘリジロヨツメアオシャク (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 カゲロウ(ミドリカゲロウ科?)の類、たぶん。どこから来たのか。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 クビワウスグロホソバ (画像クリックで拡大)

posted by take_it_easy at 22:16| Comment(4) | 岐登牛山

2016年07月24日

私称ユコピの滝へ納涼に

 滝の水は少なくて、あまり涼しげでもなかった。真夏日一歩手前。+16.0〜+29.8℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 オニノヤガラ、川はピウケナイ川。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ヤマブキショウマに絡め取られているように見えるのは、どうやらイチモンジチョウ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 カワガラスは滝壺下でダイビング、勇駒別川とピウケナイ川との水が混じってるところで。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 写ってれば滝を背景に、エゾアジサイ。日差しは強いし、逆光だし、水は涸れかけてるし、前後を分け隔てなく、はむつかしい。その割には、って言いたいわけでは・・・。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 メスグロヒョウモン、翅の毛が青っぽく光ってる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 写っていないけど、左上から来るもう一羽のひながこのエサを頂戴していた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

おまけ

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 オオワタノメイガ、ワタヌキノメイガと呼ばれていた連中がオオワタノメイガと呼ばれるようになったらしい、数年前に。どういう事情かトンと判らず。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 マメドクガ、ドクガと呼ばれても、幼虫は毒針を持たず、強い接触で軽く発赤するが、1時間以内に治るとか。やっぱしドクガなんだ。でも、成虫はそんなことしないらしい。マメが付いてるが、幼虫はマメ類以外の物もいろいろ食べるらしい。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 フタホシキコケガ、全国に分布するが、そう多くはない、とか。 (画像クリックで拡大)

posted by take_it_easy at 21:06| Comment(4) | 忠別川

2016年07月23日

今日の岐登牛山

 明け方、寒くて目が覚めた。掛け布団は用を果たせず。+15.6〜+28.2℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 上空はピーカン。稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 キンミズヒキ、日差しが強くて、日陰が背景になるとこんな写真になってしまう。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 アキカラマツ、これも日差しが強くて、日陰が背景になるからこんな写真になってしまう。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ヤブジラミ、これも日差しが強くて、日陰が背景になるからこんな写真になってしまった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 アクシバ、一気には咲かず、木の花期は長い、かも。日陰がなくて、暑いなあ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ジョウザンミドリシジミ(がいちばんそれらしい)、陣取りの相手がいなくて手持ち無沙汰、のように見えた。日陰背景。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 パンパンのニホンアマガエル。日差しが強い、よくジッとしていられるね、糞暑くて動く気にもならん、なんてことはない、とおもう。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 裾がこの形の服をなんて言う? さてね。 トンビ服! (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 いつの間にか、手提げのバッグに入り込んでいて、慌てて飛び出そうともがいている。内張りが防水仕様だから滑って苦労している。ゴマダラコクヌスト。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:06| Comment(0) | 岐登牛山