2015年12月22日

今日の岐登牛山

 夜半に吹雪いたのかそうでもないか、けさ、起きて外を見たら、たいへん美しく、そして吹き溜まりができていた。早朝、道路の除雪車が出動していたので、ひょっとしたら、とは思ったが、案外意外だった。きょうは冬至。−11.0〜−1.0℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 全山、どちらを見ても、美しい。シャッターを切りさえすれば、美しい画像ができる、はずなんだけどなあ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 来春の下見、ということでもなさそう。ハシブトガラ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 背景の白。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 エゾヤマザクラ植林地で。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ハクウンボク (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 同じく。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 尾羽の支えは重要。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 そうなの? (画像クリックで拡大)

 神楽岡公園のヤドリギはなに?

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 沢山の株を見た。多くは結実不明。果実がついていない。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 結実している数株はすべてアカミだった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 上の3株は実なし。 (画像クリックで拡大)
 嵐山では、知るかぎり、黄色っぽい実をつけていた。旭川市末広の鷹栖神社前にあるヤツは同じく、黄色っぽい実。この2箇所は石狩川の北側、旭山も神楽岡も、岐登牛山も石狩川の南側、ひょっとして石狩川が品種を分けてる、なんて短絡したくなるけど、そう簡単じゃなかろうよね。それが証拠に、岐登牛山には両方あるし、ほかでだって、そうかもしれないし。この他の場所ではどうだかさっぱりわからんし。
 黄色っぽい実をつけるのは亜種ヤドリギ♀で、赤い実をつけるのは品種アカミヤドリギ♀で、ここまでは確からしい。実をつけないのは♂かもしれないし、アカミかそうではないかはわからない。不稔の♀かもしれないし、アカミかそうではないかもわからない。ヤドリギはヤドリギ科に分類される、と思うでしょ? そう思ってたんだけど、APGでは違ってた。
 
posted by take_it_easy at 20:25| Comment(2) | 岐登牛山