2015年03月24日

今日の岐登牛山

 風が冷たかった。小雪混じりの風、なのに、帰る頃には晴れてきた。−3.5〜+0.8℃。
 長靴のツボ足で快調なところもあり、難儀なところもあり。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 意を決して幹から離れて、目指すはクルミ。咥えて去った。しかし、雪の中のクルミにどうやって気づいているのだろうか。オオアカゲラ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 感心してる。わけではないけど。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 遠くのキクイタダキ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 近くの(キタミ)フクジュソウ。この株は雪の中でも閉花せず。周りのはみんな閉じてるのに。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 雪融けを集めて速し、あとがつづかぬ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 残り僅かウソが頬張るアズキナシ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 アトリの群れ、と思ったが、マヒワのほうが多いかも。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 どれがマヒワでどれがアトリか。 (画像クリックで拡大)

 先日、桂 米朝さんが亡くなった。
 きょうの道新朝刊の「うそクラブ」に、「巨星逝く 演目は「地獄・・・」、私は天国 −桂米朝」とあった。このどこが「うそ」かというと、「私は天国」というところだ。米朝演じる地獄八景のまくらでは、極楽より地獄のほうが面白い、といい、本編では地獄の寄席出演者に米朝の名前があって、「あの米朝ちゅう名前で死んだ噺家はおりまへんが、あらまだ生きてんのとちがいますか」「あんじょう見てみなはれ、肩の所に近日来演と書いてあるがな」「もうじき来よるのやであれ、あッはッはッ、さよか、ああ、あいつ何も知らんと今時分喋ってるわい、可哀そうになァ」というくだりも設えてあった。米朝さん、いまごろ「本日来演」とかいって、「浮世八景・・・」なんぞを喋ってるんとちゃいまっかな。やっぱし、「私も地獄」でっせ。「うそクラブ」はそれを「私は極楽」ともせずに「私は天国」と一捻りした嘘になってる、というわけかなあ。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 手近な文庫本を開いてみたら、なななんと扉に米朝さんのサインがあった、今の今まで、今日の今日まで気づかなかった。 (画像クリックで拡大)

posted by take_it_easy at 21:00| Comment(0) | 岐登牛山

2015年03月23日

今日の岐登牛山

 −0.8〜+5.7℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 チョウが飛んでいた。すぐに見失った。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 空は青空 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 まだ青空 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 日差しあり。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 上のベニヒワ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 上のアトリ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 日は翳る。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 昨年11月末に咲き出したナニワズの雌花。開花中と言っていいのかどうだかわかりません。覗いたら雄しべ(発育不良っぽい)も雌しべみたいなのもあり、ただし、受精の痕跡は不明。解剖しようかとも思ったが、やめた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 雪が降ってきた、ほんの少しだけーど。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 きのうと同じ場所で見かけたヒガラ。同じ個体かどうかは不明、右側の風切には異常はないように見えた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 きのうから見るとだいぶ少ないけれど、ベニヒワの群れがわーっ。この画像には122羽超。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 19:24| Comment(0) | 岐登牛山

2015年03月22日

今日の岐登牛山

 晴れ間あり、小雪あり、小雨あり。−1.1〜+6.0℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ウインクしてくれたの、まさか、独眼竜、まさか、ふーん、片目だけ閉じるなんてこともあるんだね。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 幼根が伸び、胚軸も伸び。ミズナラ発芽中。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 この株は複数の花が咲きそうだから、フクジュソウかい。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 カタクリ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 バイケイソウ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 エゾエンゴサク (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 風切が捻転してる? 不自由はないのかい。それともひとときのこと? ヒガラ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 おびただしい数のベニヒワがシラカバの樹冠と地面とを行ったり来たり。この画像には36羽。もちろんほんの一部。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 何かの拍子に一斉に飛びあがる。この画像には120羽超。これもほんの一部。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 わーっとこちらの頭上を飛んで行く。闇雲にレンズを向ける。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 中には我を忘れて、のような個体も。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 22:49| Comment(0) | 岐登牛山

第16回伊藤杯 シーズンファイナル 大倉山ナイタージャンプ大会(4/4)

第16回伊藤杯 シーズンファイナル 大倉山ナイタージャンプ大会を観戦してきた。(つづき)
公式リザルト(全日本スキー連盟)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 さっきと同じハシブトガラ。こちらが近づいても逃げない。 (画像クリックで拡大)

この大会では、競技終了後に、今期限りで引退する選手たちが最後のジャンプ(ラストコールジャンプ、ラストジャンプ)をする。スタート地点はその選手たちのリクエストによる。で、みんなK点を軽々と越えていく。見ている方は、とにかく怪我せずに終われよな、です。(ゼッケン番号順に掲載しているが、実際の順番は成績順だった。)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 高柳太郎(高翔会) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 細山周作(雪印メグミルクスキー部) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 高梨寛大(明治大学) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 高橋大斗(土屋ホームスキー部) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 吉岡和也(土屋ホームスキー部) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 テレビ塔表示の時刻は9:02 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 北村咲希(小谷村体育協会)、先の宮様スキー大会で引退なさったとか。青野氏からラストコールがあった。この画像は、2014 FISCHER CUP 第18回 朝日ノルディックスキー大会(2014年12月26日)でのもの(既出)。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 向かって左から年齢順、高梨寛大、細山周作、高柳太郎、高橋大斗、吉岡和也 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 戦い済んで日が暮れて (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ノイズチームは青野氏のラストコールに呼応した。みんながんばれ。 (画像クリックで拡大)

おしまい
posted by take_it_easy at 22:24| Comment(0) | スキージャンプ

第16回伊藤杯 シーズンファイナル 大倉山ナイタージャンプ大会(3/4)

第16回伊藤杯 シーズンファイナル 大倉山ナイタージャンプ大会を観戦してきた。(つづき)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 札幌円山の頂上にいたハシブトガラ。すぐ近くにいても平気みたい(どちらが?) (画像クリックで拡大)

ここで、おまけの画像を数点。高校生が頑張ってると、競技全体に希望が漲る、たぶん。で、何人かを取り上げる。とくに期待している、というわけではなくて、撮影条件がとってもよろしくないなかで、少しは失礼のない画像になった、というだけ。少しは期待しているけどね。公式リザルト(全日本スキー連盟)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 木下雄登(青森五所川原農林高校) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 佐藤慧一(下川商業高校) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 古賀 極(東海大学付属第四高校) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 中村直幹(東海大学付属第四高校) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 伊藤将充(下川商業高校) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 小林陵侑(岩手盛岡中央高校) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 鈴木 翔(水上SC) 元高校生(元大学生も)。そのころの輝きに更に磨きをかけろ、まだ光るだろ。練習環境がどうなんだろうか。
posted by take_it_easy at 21:45| Comment(0) | スキージャンプ

第16回伊藤杯 シーズンファイナル 大倉山ナイタージャンプ大会(2/4)

第16回伊藤杯 シーズンファイナル 大倉山ナイタージャンプ大会を観戦してきた。(つづき)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 札幌円山の尾根上にいたゴジュウカラ。 (画像クリックで拡大)

つぎは男子組から。今期で引退する細山周作(雪印メグミルクスキー部)が見事な優勝。数年前の山田いずみさん以来の快挙。公式リザルトはそのうち、札幌スキー連盟から公表される。公式リザルト(全日本スキー連盟)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 1位 細山周作(雪印メグミルクスキー部) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 2位 馬淵 源(旭川大学) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 3位 伊藤謙司郎(雪印メグミルクスキー部) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 4位 清水礼留飛(雪印メグミルクスキー部) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 4位 佐藤幸椰(雪印メグミルクスキー部) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 6位 原田侑武(雪印メグミルクスキー部) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 表彰は6位まで。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 最長不倒賞 伊藤謙司郎(49)と馬淵 源(44) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 K点付近で。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 21:21| Comment(0) | スキージャンプ

第16回伊藤杯 シーズンファイナル 大倉山ナイタージャンプ大会(1/4)

第16回伊藤杯 シーズンファイナル 大倉山ナイタージャンプ大会を観戦してきた。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 札幌円山の尾根上から大倉山ジャンプ競技場を望む。 (画像クリックで拡大)

 まずは女子組から。
 2位と3位との間がちょっと開いている。ラージヒルに慣れてくれば、もうすこし接近してくる、よね。公式リザルトはそのうち、札幌スキー連盟から公表される。公式リザルト(全日本スキー連盟)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 1位 伊藤有希(土屋ホームスキー部) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 2位 高梨沙羅(クラレ) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 3位 松橋亜希(東海大学) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 4位 勢藤優花(旭川龍谷高校) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 5位 小林諭果(早稲田大学) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 6位 澤谷夏花(札幌大学スキークラブ) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ひと様のストロボ頼りだけど、なんとか、失礼でない記録が撮れた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 最長不倒賞 伊藤有希 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 K点付近できょうも頑張るサッポロノイズチーム。競技開始にあたって、会場アナの青野氏から盛大に紹介されていた。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 21:08| Comment(0) | スキージャンプ