2014年10月11日

嵐山〜ウバユリ峠往復

 紅葉の最盛期かと期待して、嵐山の北邦野草園入口から展望台、近文山、半面山、天神ヶ峰を経由してウバユリ峠まで行き、ほぼ同じ所を還ってきた(ウバユリ峠とはいえ正確には、峠から道路を西側に250mほど下がったところ)。期待に違わずきれいな黄葉だった。紅はあまり鮮やかではなかったけれども。冷たい空気と相俟って、まあ、けっこうな雰囲気でした。+6.1〜+11.3℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 嵐山展望台から、忠別川が石狩川に合流する地点の方を見る。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 逃げるエゾシカ、近文山への道で。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 半面山への道。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 そのあたりで。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 天神ヶ峰の頂上にあったマユミ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 もうひとつのキトウシ山(鬼斗牛山)の方を見る。天神ヶ峰分岐から。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 近文山あたりの矮性カシワの林の中の道。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ゆっくりしていけばいいのに、いそがしそうに飛んでいってしまった。クマゲラ♀。嵐山付近で。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 北邦野草園入口に下がってきて、ふと目に留まった看板。
 コバナアザミというのはチシマアザミの1亜種だからと、似たヤツ(変異は大きい)はみんなチシマアザミにしていた。「別種とする見解もある」と「新北海道の花2007」にはある。そこではチシマアザミの変種だ、と記載されている。原「北海道植物図鑑1983」には亜種とある。平凡社「日本の植物1981」でも亜種。わたしの第一参照図鑑「北海道植物図譜2001」には記載なし、ザンネン。Wikipediaのアザミ属のページでは亜種。YList110717では、Cirsium kamtschaticum var. boreale(人名省略)を標準学名とし、Cirsium kamtschaticum subsp. boreale(人名省略)やCirsium boreale(人名省略)をsynonymとしている。さて、最新事情にはまるで疎い(古い情報にもだ、との声が聞こえる、のはさておき)わたしなんぞ、どうするのがいいんだろうか。変種や亜種とする考えがありがたいからそれに与したい。別種だなんていったら、いよいよこんがらかってくる。
 この看板は別種だとする考えに立っている。ネット上で、北方山草27号のIさんの予報記事の一部を読むことができる。Iさんは、この記事で明記なさってはいないけれども別種だとのお考えのように見受けられる。フラワーソン2012の種名問い合わせ掲示板で、事務局からの返答では変種だとしている。
 はっきりしてるのは、深入りしないことが身のためだ、ということか。そうだね。「岐登牛山彩々」も見なおしてみる、そこまでは・・・。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 21:05| Comment(0) | 東川近郊の低山

2014年10月10日

生き物の分類は生き物みたい

 ほぼ雨。+9.0〜+13.7℃。
 退屈しのぎに、拙サイト「北海道の耕地雑草」の分類とか種名とかを見なおしてみた。シロザをアカザ科じゃなくヒユ科と書くのにはなんとなく抵抗がある。オオイヌノフグリをゴマノハグサじゃなくオオバコ科と書くのにも同じように抵抗を感じる。ハコベという標準和名はもう使わないで、コハコベと呼ぶべし、というのにも。とかなんとか、普段使いの口からでまかせなら、通称で通じ合えれば十分だとは思うけど、どなたの目に留まるかわかったもんじゃないサイトの記述には、どのような規範でとりすすめればいいんだろう。答えはほぼわかってる、どちらでもいいんじゃ。戒名、じゃなかった、俗名でちゃんとわかるべや。といいたいところだけど、科名が重要な場面もないとは限らんしねえ。記事の書き変えには踏み込めない、まだ。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 19:34| Comment(0) | 東川歳時記

2014年10月09日

旭山と黒岩山と

 高山へ中途半端な気持ちで向かうと危険な季節になってしまった。低山徘徊の始まり、にはまだ早い。道がなければヤブが邪魔をする。ヤブには何かが潜んでいるかも。意外と危険。+2.3〜+17.7℃。
 で、道のある低山(旭山)へ。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 倉沼神社ウラから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 旧スキー場跡に出たら、いちめんの霧だった。このまま降りても、動物園はまだ開門してない。で、ずーっと回って正門へ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ヌルデの紅葉の色と似てるかも。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 アムールトラの咆哮、には見えない。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 せっかくだから道があるようでないようである沢沿いで下りてきたら、エナガがくつろいでいた。沢の向こうで、ちと遠い。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 斎場うらの溜池で。 (画像クリックで拡大)

 まだ昼前、せっかくだから道がないようであるようでない黒岩山へ。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ヤブ漕ぎ少々、ほどなく頂上。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 見晴らしのきかない頂上から、当麻方面を見る。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 頂上直下にあった、なにやらでっかいケモノの糞。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:22| Comment(2) | 東川近郊の低山

2014年10月08日

今日の岐登牛山

 この時期になると、スズメバチはもう新しく巣作りを始めることはないんだろう、と「確信」している。で、現在、散策路や登山路の周辺には、巣はない。ハチに遭遇しても、悪さはしてこない、と、「確信」する。が、緊張はするなあ。+2.2〜+15.2℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 稲積ピークから (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 雪虫も留まればなるほどアブラムシ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 怖っ。ケブカスズメバチ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ・・・ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ハウチワカエデ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 イタヤカエデとヤマガラと。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 あしもとにいたのにもびっくりしたけど、ファインダーの中から飛び出していったのにもびっくりしたな。コガタスズメバチ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 こちらならあんしんあんしん。ハネナガフキバッタ。あちらは安心していない。 (画像クリックで拡大)

おまけ

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 きょうは皆既月食。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:25| Comment(4) | 岐登牛山

2014年10月07日

裾模様

 今期最初の氷点下。−0.3〜+14.0℃(アメダス東川)。
 入山口最初の丸太造りの階段がちょっと怖かった、注意してもツルンと行きそう。帰りには乾燥してその心配もなくなっていた。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 旭岳もちょっとだけ霞んで見える。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 近くの山も霞んで見える。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ナキウサギ、わたしのアイドルその1 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ハナヒリノキ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 みんなのスター、ウシノケグサのような草を咥えて、この場所で食べた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 みんなのスター、シラタマノキのもののような葉を咥えて、一目散に貯蔵庫へ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 クジャクチョウ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 わたしのアイドルその2 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 チャッチャッとなき、音もなくササを揺らし、藪から出てきた。ウグイス。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 クロジ (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 19:37| Comment(4) | 大雪山以外の山

2014年10月06日

今日の岐登牛山

 夏の格好だと寒かった。最高気温がついに一桁。+3.8〜+9.5℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 雲海、稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 公園入口から見上げる。中腹以上は雲の中。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 イチョウ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 遊んでるのか温まってるのか争っているのか、よう判らんけど、一昨日もこの付近でやっていた。アカゲラ♀♂ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 オオウバユリとカツラと。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ゲンノショウコ。右から左に種子散布への経過がわかる、かもしれない。中程の果実は開かないままに種子をこぼしてしまってる。左の2果は、もうすこし巻き上がるかも。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 今年もやっと見つかった、五倍子。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 オオアカゲラ♂ (画像クリックで拡大)
タグ:樹木 野草 トリ
posted by take_it_easy at 20:23| Comment(0) | 岐登牛山

2014年10月05日

天女が原とユコピの滝と

 天女ヶ原で旧友と出会った。10年ぶりくらいか。彼は先行して、旭岳の頂上を目指して行った。相変わらず健脚、わたしより4歳も若いけど。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 今朝の大雪山、忠別大橋から。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 登山道に入ってすぐにウソの群れ。今日は期待できる、と期待したけど、結局、撮れたのはこの1コマのみ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 天女が原あたりではまだ真っ赤。チングルマ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ・・・ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 あの旧友が登ってる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 安足間岳方面 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 鏡池 (画像クリックで拡大)

次は私称ユコピの滝

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 水量乏しく、却って高さを感じる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ピウケナイ川の柱状節理。ハウチワカエデに光が当たる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ・・・ (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:15| Comment(0) | 大雪山