2014年07月26日

第18回全日本ジュニア&レディースサマージャンプ朝日大会(3/4)

第18回全日本ジュニア&レディースサマージャンプ朝日大会(つづき)
女子の部 ミディアムヒル。公式リザルトは朝日スキー連盟のHPでどうぞ。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 1位 高梨沙羅(クラレ) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 2位 伊藤有希(土屋ホームスキー部) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 3位 岩渕香里(松本大学) (画像クリックで拡大)

 4位 渡瀬あゆみ(サッポロスキッド)
 5位 勢藤優花(旭川龍谷高校)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 6位 松橋亜希(東海大学) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 7位 茂野美咲(CHINTAI.ライズJC) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 8位 大井 栞(札幌ジャンプ少年団) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 22:39| Comment(0) | スキージャンプ

第18回全日本ジュニア&レディースサマージャンプ朝日大会(2/4)

第18回全日本ジュニア&レディースサマージャンプ朝日大会(つづき)
小学生男子4年生以下の部 スモールヒル。公式リザルトは朝日スキー連盟のHPでどうぞ。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 1位 高田雄生(札幌ジャンプ少年団) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 2位 中村正幹(札幌ジャンプ少年団) (画像クリックで拡大)

 3位 森野幹登(札幌ジャンプ少年団)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 4位 川上航太郎(小樽ジャンプ少年団) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 5位 川ア奏太(小樽ジャンプ少年団) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 6位 佐藤虹斗(上川ジャンプ少年団) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

つづいて、小学生男子5,6年生の部 スモールヒル。公式リザルトは朝日スキー連盟のHPでどうぞ。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 1位 辻 創太(札幌ジャンプ少年団) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 2位 鴨田 大綺(下川ジャンプ少年団) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 3位 千葉大輝(札幌ジャンプ少年団) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

posted by take_it_easy at 22:29| Comment(0) | スキージャンプ

第18回全日本ジュニア&レディースサマージャンプ朝日大会(1/4)

第18回全日本ジュニア&レディースサマージャンプ朝日大会が士別市朝日町三望台シャンツェで行われた。夏休み期間中だから、全国の小中学生が集まる。注目を集めるレディースは中学生以上のほぼ全選手が結集。重たい曇り空、最後には雨に打たれたけれども、けが人もなく無事に競技は進行した。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 報道用ビデオカメラの雨除けにカラスシジミが1頭へばりついて離れなかった。表彰式に現れた「ジャンプん」を背景に。 (画像クリックで拡大)

まずは小学生女子の部 スモールヒル。公式リザルトは朝日スキー連盟のHPでどうぞ。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 1位 櫻井梨子(余市ジャンプ少年団) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 2位 葛西春香(札幌ジャンプ少年団) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 3位 池田光希(上川ジャンプ少年団) (画像クリックで拡大)

 4位 津志田 雛(下川ジャンプ少年団)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 5位 葛西優奈(札幌ジャンプ少年団) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 6位 花田温香(小樽ジャンプ少年団) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 7位 鈴木彩弓(余市ジャンプ少年団) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 22:12| Comment(0) | スキージャンプ

2014年07月25日

今日の岐登牛山

 「岐登牛山彩々」のなかの「生き物(動物)たち」が、堂々、1,000ページを超えました。種名・画像ナンバーを3桁で整理していたのが足りなくなって、ついに4桁に突入。ハエの類、クモの類、それに、近視の老眼ではちょっと辛いミクロサイズの連中はほぼ触れないでいる。それに加えて狭窄化してきた視野の外にいる連中には触れたくても触れることは出来ない。絵合わせでは無理な画像は溜まる一方。植物の方は399。木本とかシダ類、コケ類、キノコ類はほぼ触っていないから、まじめに踏み込めばもっともっと数多くをカウントできるのでしょう。でも、真面目でないから。+18.2〜+26.8℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ヒルガオかヒロハヒルガオか、それが問題だ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ツメクサガ、いっぱいいる。夜蛾のくせに昼間から飛んでる。って、勝手に夜蛾だなんてよんでるだけだべさ、やだな。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ベニモンアオリンガというのかも。夏の個体はアカマエアオリンガというのに酷似するらしいから、さてさて。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 トラの模様みたいだからクルマトラジロウというのかと思ったら、クルマスズメというのだった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 エゾノミツモトソウ。ミツモトソウは在来種で、エゾノミツモトソウは外来種で、と。ニンゲンの一世代先には在来種になってるかも。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ユウゼンギク。エゾノコンギクもユウゼンギクも京の染め物・織物に関係ある? ユウゼンギクもそのうち在来種。でもまあ、記録が残るようになってるから、外来は外来か。ところで、在と外とはどうちがうんだろうか。ZとGのちがいだけ? ふーん。 (画像クリックで拡大)
タグ: 野草
posted by take_it_easy at 23:13| Comment(0) | 岐登牛山

2014年07月24日

今日の岐登牛山

+17.7〜+29.9℃。アメダスでは足りなかったが、我が家は真夏日。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 夏空、稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 カバイロシマコヤガという種が北海道にも分布するのかどうか。この個体が生息していることは確かなこと。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 オニグルミ。エゾリスをとんと見かけなくなっているが、そろそろでておいでよ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 この前は絵合わせできなかったヤツ、ウスベニトガリメイガと呼ばせてもらっても差し支えなさそう。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 カツラカミキリ、幼虫はシナノキに、成虫はシナノキやオヒョウの葉上にいるのだとか。この被写体はオヒョウの幼木にいた。カツラにはいないのかい? (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 花期にある小振りの野草は端境期にあるのか、このツルニガクサや (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ゲンノショウコがたいへん美しく見える。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ノブドウは? (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 21:46| Comment(0) | 岐登牛山

2014年07月23日

きのう見た山の花など

 恵みの雨、畑の作物は一息、農家も一息。で、きょうはきのうのつづき。+20.2〜+27.0℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 アカモノ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ミヤマホツツジ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ハイオトギリ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ミズバショウ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ミヤマリンドウ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 エゾレイジンソウ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 エゾシマリス (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:11| Comment(2) | 大雪山

2014年07月22日

山のトンボなど

 下界は真夏日、山中も暑かった。避暑にはならず。+15.0〜+30.7。
 天女ヶ原のあたりにはいろんなトンボが行き交っていたり、じっとしていたり。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 姿見の池で姿見、 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 トンボその1 オオシオカラトンボ♂ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 トンボその2 オニヤンマ♂ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 トンボその3 アキアカネ♀、「タチギボウシ」のてっぺんにて。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 トンボその4 コバノトンボソウ トンボじゃなくてトリ、ホソバノキソチドリ(画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 トンボその5 カオジロトンボ♂、木道にて (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 トンボその6 ミヤマアカネ♀、ミズバショウの葉先にて。 (画像クリックで拡大)

トンボはここまで


大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ワタスゲとエゾカンゾウ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 チングルマ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 エゾコザクラ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 センブリの一種、どこかから飛んできて、わたしの手に留まった。で、こちらに移動してもらって。しばらくしてまたどこかへ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 エゾシモツケとマルハナバチの一種と。腰の毛がなくなってか、黒光りしてる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ミヤマリンドウとエゾシロチョウと。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 まだそれほどいそがしそうでもないエゾシマリス。監視員の人によると、今年はあまり見かけない、とか。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:57| Comment(0) | 大雪山