2014年06月12日

今日の岐登牛山

 蒸す。+15.7〜+23.3℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 クロヒカゲ。日陰で飛ぶと真っ黒に見えるけど、留まると真っ黒じゃない。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ゴジュウカラ。数羽でひとしきり騒いでいた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 孵化した。ヒメツノカメムシ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 クワハムシとオニグルミノキモンカミキリが向かい合う。どちらも草食系だからか、なにごともなく離散した。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 アカハネムシの触覚は櫛。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 「ヤマ」コネコ。まとわりついてくるが、来てはいけません。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 雨が来る。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 カメノコテントウ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 リンゴヒゲボソゾウムシ。「札幌の昆虫」では「リンゴヒゲナガゾウムシ」とあり、倣って「岐登牛山彩々」でも「リンゴヒゲナガゾウムシ」としていた。確かめようとWEBをさまよってみたら、どうやら「アオヒゲボソゾウムシ」というヤツと同一種だとして「リンゴヒゲボソゾウムシ」という和名が与えられたらしい、ということがわかった。分類学の進歩はメデタイが、絵合わせだけのドシロウトには徒労感がいっぱい残る。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 シジュウカラも団体で騒いでいた。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:04| Comment(0) | 岐登牛山