2014年05月10日

今日の岐登牛山

 午後から晴れて、素晴らしく晴れた。+7.9〜+19.1℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ほぼすべての水田が水田になった。稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ハウチワカエデの両性花。何者かが潜んでいるが、全く気づかず。もちろんこちらがあちらを。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ことしもそろそろ結実シーンが目立ってきた。あと僅かになると、殊更に美しく見えてくる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 怒髪状態でないのが嬉しい。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 新葉が目立ってきて、北海道の桜らしくなってきた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 コアシナガバチ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 これ、体長2mm未満のゾウムシ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 これ、体長4mmちょっとのゾウムシ。上の近くにいたからすごく大きく見えた。オビモンハナゾウムシ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 さえずっていないオオルリ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 エゾオオマルハナバチ、ハウチワカエデで蜜を吸う。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:24| Comment(0) | 岐登牛山

2014年05月09日

嵐山〜近文山、国見峠

 重たそうな雲の下、嵐山から近文山、国見峠まで。駐車場直前で雨。+4.2〜+14.3℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 オオハナウドの葉の上に、たくさんの小さな虫。よく見ようと顔を近づけると、ほとんどのヤツラはピッピッといなくなった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 いなくならなかったヤツをよく見ると、ヨコバイの幼虫のよう。黒いのと茶色いのと、1種または2種、たぶん1種。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ヤチダモの枝で啼くセンダイムシクイ。「焼酎一杯グイー」って啼いてるというが、何度聞いても、「むくつけきー」と聞こえる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 雪融けが遅いのか、この辺りはまだカタクリの道。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ゴジュウカラ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 花被が二重。たく葉はエゾイチゲっぽいからエゾイチゲ。 (画像クリックで拡大)
タグ:野草 トリ ムシ
posted by take_it_easy at 20:27| Comment(0) | 東川近郊の低山

2014年05月08日

今日の岐登牛山

 +3.6〜+18.7℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 山のあちこちでヤチダモの実生が群れをなしている。これが全部成長したら、真っ暗な森になりそう。でもそんなことにはなってないからこの実生たちはどんな運命をそれぞれたどるのだろうか。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ルイヨウショウマボタンの群落。着蕾はしている、見えにくいけど。奥の白いのはオオバナノエンレイソウ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 キクビアオハムシ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 駐車場に戻ってきて、上着を脱ごうとしたら、右腕のところに黒いちっちゃなヤツがいた。マダニか、いや妖しい気配はない。よく見ると、って、よくは見えないのだけれども、ゾウムシのように見えた。で、ちょっと移ってもらって、撮ろうとして、パシャっとしたところで、突然消えた。形はいかにもゾウムシらしいが、ノミのように小さくて、ノミのように跳ねる、のはゾウムシらしくない。って、勝手な思い込みだけど。ムネスジノミゾウムシというらしい。体長はわずかに2.5mmほど。一度見失うともうどこに行ったか、探しようもない。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:41| Comment(2) | 岐登牛山

2014年05月07日

今日の岐登牛山

 きのうの賑わいがウソのよう。トリたちは声を潜めてる、ヤツもいる。+5.1〜+14.4℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 このベニイタヤ(アカイタヤ?)が満開。花房が強い風にちぎり飛ばされている。写ってないけど。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ルリシジミ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 柱頭がまず出てきている。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 花被が少し開いて、葯が見える。ハウチワカエデの花が咲く。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ウスバキエダシャク♂は強い風に飛ばされまいと踏ん張っている。開張30mmほど。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 エンレイソウも咲いた。花被になんか黒い点がある。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 コイツだった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 地味なアオジ。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 19:23| Comment(0) | 岐登牛山

2014年05月06日

今日の岐登牛山

 サクラが満開、連休最後とあって、この山としては結構な賑わいだった。+6.0〜+14.9℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 着いて早々、出会った知人に「サクラにメジロ」を撮った、と聞かされて、植林地をさまよってみたが、無念、そうは問屋が卸さない。が、ニュウナイスズメが一応、サクラの梢でさえずっていたので、よしとしよう。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 水田に水が引かれ、代かきが始まっている。稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 カタクリの季節はもう少しある。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 前翅長は10mmくらい。マエモンハイイロナミシャク。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 飾り花は咲いてきた。オオカメノキ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ミドリニリンソウに倣って、ミドリカタクリと呼びたくなるが。ファイトプラズマによる感染症の例がネットには出ている。この個体がそうかどうかはわからないけど。
 ネット上では、ファイトプラスズマによる、という記事が散見される。日本植物生理学会のサイトにそのような記述がある。権威のある団体のサイトで安易な誤記をすると、罪は大きい、という好例。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 上のアップ。雌ずいはある、雄ずいの基部は肥大、葯はない、花被は反り返らない、という形態はファイトプラズマ感染症に合致しているようだ。このあと、どうなるのだろうか、周りへの伝染もあるのだろうし。抜いちゃうほうがいいのかもしれない。ホントのところはわからないし、野草の採取は禁じられているので、勝手にはできないけれど。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 ヒトリシズカの花も個性的だ。小柳ルミ子の持ち歌に「ひとりしずかのはな」というのがあった。「ひとりしずかの花は あの日のしあわせ色に/今年も白い花びらのままで/何もかわらぬように 小さく咲いている」と歌っていた。(画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 チシマザクラも咲いている。 (画像クリックで拡大)
タグ:野草 トリ ムシ
posted by take_it_easy at 20:05| Comment(0) | 岐登牛山

2014年05月05日

松山林道経由胡桃沢周遊

 ちょっと時期が早すぎた。胡桃沢側は道には雪が残っていて、歩きにくかった。大岩川側はほぼ解けていた。−0.2〜+22.0℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 大岩川源流部 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 卵塊の上で待つ?エゾアカガエル♂。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 きょうのものではなさそう。あまり大きな体躯のものでもなさそう。雪が消えてからのものではありそう。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 倒木が道を塞ぐ。小鳥よりちょっと大きめの鳥が1羽。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 アオジはたくさん。根開けの季節。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 峠側にロープが張られていた。クルマは無理だ。道路は崩壊している。手前は深い谷。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 たぶん、しまった、と思ってるに違いない。もちろん、「しまった」なんて思ってるのではなく、それと同じ生理が働いているだろう、とおもうだけ。エルタテハ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 松山林道の入口では、白いところがすでに茶色っぽくなっている。胡桃沢の奥のほうではこの状態のものもあった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 花をアップ。それぞれの花では、まず真ん中の柱頭が出て、つぎにその下側の一対の葯が出て裂開、続いて上側の葯が出て、右か左が出て左か右が出る、らしい。雌蘂先熟というやつだな。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:08| Comment(4) | 忠別川

2014年05月04日

今日の岐登牛山

 風が強くて冷たかった。午後には晴れてきたけど、山にいたのは午前中。+7.0〜+12.9℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 オオバナノエンレイソウ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 なんのつもりか、近くで留まった。子育て中の大騒ぎとは違う感じだった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 エゾオオマルハナバチ。こいつらも横から。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 咲きかけのエゾヤマザクラと満開のキタコブシと。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 それでもさえずっていた。アオジ。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:31| Comment(2) | 岐登牛山