2014年04月02日

旭岳盤の沢とエゾシカ渡渉

 穏やかないいお天気に誘われて、天女が原から盤の沢へ。−6.2〜+7.8℃(アメダス東川)。
 スキーコースの圧雪車のローラー跡が凍って、表面だけがほんの僅かに融けかけて、シールが効かなくなった。難行苦行、というわけでもないけど、盤の沢の途中で引き返してきた。平らなところを選んだつもりだったが、凍った斜面でスキーを履き替えるのは一苦労だった。滑り降りるのはもっと苦労だった。天女ヶ原の平坦なところに降りて、スキーはよくすべり、快調快調。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 第二天女が原あたりから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 盤の沢側壁はテカテカ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

  (画像クリックで拡大)
 
 
おまけ

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 逃げるエゾシカ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 忠別川を渡るエゾシカ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 よくもまあ、ためらいもせず捻挫もせず。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 対岸に渡りきって、ホッとした様子。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:20| Comment(0) | 大雪山

2014年04月01日

今日の岐登牛山

 風が冷たくて、立ち止まると冷える。山中で雑煮をご馳走になって、よく温まった。−1.2〜+4.7℃。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 いっとき、不在が続いたが、いつのまにやらトビが舞うようになっている。 (画像クリックで拡大)
 
 
 防除指導手帳第5版という冊子を頂いた。
 農作物の病害虫・雑草防除の農業現場での指針(手掛かり)となるものだ。生物的障害をほぼカバーするスグレモノ。チョウやガの幼虫から這い出してマユを作るコマユバチを見て、岐登牛山では憎っくきヤツめ、と思ったりなんかするが、この冊子では、あっぱれな天敵となる。もちろん、きれいなお花も、畑にはえたら畑の雑草。

大雪山旭岳の麓に行こうシーズン2

 企画・編集 JA全農、発行 (株)全国農村教育協会 (画像クリックで拡大)
タグ:トリ
posted by take_it_easy at 18:59| Comment(0) | 岐登牛山