2013年11月15日

甘水山

 曇りのち雨。+0.9〜+6.6℃。

 冬日も小休止。甘水山(豊田の三角山、おむすび山など)へ。この時期には、ステゴサウルスの背のような頂稜も(1ヶ所を除いて)たどりやすく、わりとらくに最高点に立つことができる。頂稜にはケモノの足跡が重なっていて、あたかもけもの道のようだった。

大雪山旭岳の麓に行こう

 豊田の八幡さん。この向かって左手から入山。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 はじめの林道。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 途中にある廃屋のような、物置のような建物、中は真っ暗、その天井から、でっかいのがぶら下がっていた。外皮は下に落ちていた。暗さに馴れない肉眼では良くは見えなかったけれども、デジカメの威力、そこそこ写ってる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 小屋の先で、ヤブに突入。とはいっても、棒が飛び出してくるわけでもない。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ほどなくむき出しの安山岩が並ぶ頂稜に到達。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 そこが最高点。向こう側から回りこんで上に立つ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 最高点からその先を眺めると、こちらを眺める視線を感じた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 どうやらこちらが行きたい方向のようで、邪魔だなあ、どいてよ、って感じで、じっとこちらを眺めていた。エゾタヌキ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 早々に退散して下りかけたら、飛んできたハエが足元に着陸。シラホシハマダラミバエというらしい。そのうち越冬場所を見つけて潜り込む。それまではこんなところで、なにしてんの? (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 車のフロントガラスにナミスジフユナミシャクが留まってた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 車内から見る、八幡さんの鳥居と。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 19:21| Comment(0) | 東川近郊の低山