2013年09月10日

今日の岐登牛山

 はれ。+10.9〜+25.8℃。

 帰りは珍しく追い風、わずかだけれど。楽できた。スキージャンプの選手たちが、ほんのちょっとの風向きで右往左往している、じゃなくで、対策している気分がよく分かる、とは大げさな。
 一昨日に見つけた巣を避けて、展望閣への舗装道路を往復した。ここの側溝では何頭もの、幾種ものスズメバチが徘徊している。水を含んでは一定方向に飛んで行く。その先を眼で追ってみるが見失う。反対側のササ藪でもスズメバチ同士がぶつかりそうになっている。でも、道路の真ん中を歩けばOKよ。車には気をつけて。

大雪山旭岳の麓に行こう

 稲積ピークから。トンボが3頭も写り込んだ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 アメリカオニアザミで、ムラサキカメムシ幼虫。このでっかい株には成虫が沢山いたから、産卵、孵化もしてたんだろうか。何度もチェックしてるのに見なかったなあ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 いい塩梅に照明点灯。エゾトリカブト。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 チャイロスズメバチ、肉団子製造中。ヌルデで。オオとかケブカとかはテナガザルのようにぶら下がって、だけど、チャイロは葉の上で。いつもかな。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 水を含むケブカスズメバチ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 まだいたミヤマクワガタ♀。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 やあ! クルミがいっぱい落ちてるよ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 乳首が大きい。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:37| Comment(0) | 岐登牛山

2013年09月09日

天女が原から姿見へ

 晴れと曇りが入れ替わり立ち替り。

 好天を告げる天気予報に誘われて、天女が原から姿見へ。

大雪山旭岳の麓に行こう

 ミネカエデ、なんとなく緑が褪せてきている。虫えいを撮ったのだが。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 四合目あたりから振り返る。雲の底はすぐそこ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ミヤマアキノキリンソウとヒラタアブと。ヒラタアブの種名を調べようと思ったが、すぐに断念。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 盤の沢を抜け出るあたりから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 エゾ(オヤマ)リンドウ。背景は鏡池の底。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 白いエゾ(オヤマ)リンドウ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ドンドンと晴れ上がっていった。このあとすぐに、どんどんとどんよりしてきた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 最後の残雪。今年はいつまでも消えかねていたようだけれど、ついに。摺鉢池のほとりの。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 盤の沢のきょう。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ミヤマアキノキリンソウとヒラタアブとモンキチョウと。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 タカネトウウチソウ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 湿原の色を決める、ミタケスゲ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ウメバチソウとヒラタアブと。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 こんなところにもスズメバチ、ミズバショウの広大な葉の上で触覚を手入れするキオビクロスズメバチ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 アカモノ。シロモノなどという代物はない? シラタマノキなんてどう? じゃ、アカタマノキなのね。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 コモチミミコウモリとエゾスジグロシロチョウと。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ヤマハハコとヒラタアブと。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 オオシオカラトンボ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 山は晴れていた。 (画像クリックで拡大)

(余談)
 天女が原? 天人が原? どっちだろうか。昭和50年代の地形図では天人が原、最近のウォッちずでは天女が原、昭和35年頃のガイドブックでは天女が原が多いが、天人が原もある。一番人気だろう道新の夏山ガイド第一版では天人が原。大雪山自然学校が発行した最新の旭岳・天人峡ネイチャーレターでは天人が原。以前のロープウェー中間駅は天人が原だったっけ? ひらがなで「てんにょがはら」だったっけ? わたしが使っていた地形図では天人が原だったから、そう思っていて、このblogでも当初は天人が原を使っていた。最近は天女が原にした。さあ、どっちなんだろう、どっちでもいいけれど。
posted by take_it_easy at 20:53| Comment(0) | 大雪山

2013年09月08日

今日の岐登牛山:危機一髪

 はれ。+14.5〜+24.5℃。

 明け方に降ったおかげで、空気は爽やか。が、途中で、一瞬凍りつく。

大雪山旭岳の麓に行こう

 稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ふもとではバザール。稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 アカゲラ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ゴジュウカラ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 シジュウカラ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 オオイタドリで吸蜜、ミドリヒョウモン♀。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 エゾトリカブトで食料調達するホソオビヒラタブのようなヒラタアブ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 展望閣のすぐ下、木陰の暗い道で、ケブカスズメバチの1頭がなんかの幼虫を調理していた。そのそばをそっとやり過ごして通り抜けたら・・・ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 そのすぐ近くに、蹴飛ばしそうな位置にこれがあった。注意しながら歩いていたから去年のような失敗はしなかった。去年の今日(9月8日)、このすぐ近くにできていた巣の近くを何気なく通り、刺されたのだった。公園管理事務所に伝えたら、去年はわたしの他にも刺されてしまった人がいたという。今ごろはもう駆除されていることだろう。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:12| Comment(0) | 岐登牛山

2013年09月07日

今日の岐登牛山

 曇り一時晴れのち雨。+12.2〜+20.0℃。

 ふもとの家族旅行村では年に2回、春秋に開催される「暮らし楽しくフェスティバル」で賑わっていた。山中でも、珍しく、数名の登山者にお会いした。帰りはずっと小雨の中だった。汗をかくと、寒いのやら暑いのやらわからなくなる。

大雪山旭岳の麓に行こう

 稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 トゲチシャを丸裸にしているホソバセダカモクメというガの幼虫。ネット上のたくさんあるこの種の画像はほとんどが幼虫のもの、成虫は地味すぎるようだ。かくいうわたしも未見。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 トゲチシャ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 きのうのタマゴタケはきょうのタマゴタケになった。速っ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ツルニンジンが咲きそろってきた。手まえの黄色はハンゴンソウ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 キツネノカラカサというらしい。食べないほうがいいらしい。 (画像クリックで拡大)
 
おまけ

大雪山旭岳の麓に行こう

 なぜか窓の内側にいたユスリカ。いつもは外側に留まっているのに、なぜ? 網戸を通り抜けるほど小さくはないし。リュックにでもついてきたのだろうか。ダニでなくてよかったな。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 19:53| Comment(0) | 岐登牛山

2013年09月06日

今日の岐登牛山

 晴れのち曇り。+12.3〜+19.7℃。

 最高気温が+20℃を下回った。

大雪山旭岳の麓に行こう

 稲積ピークから。雲の底が重たそう。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 イチモンジセセリ。日が差して、後翅の模様が天窓になった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 いっちょまえの格好をしているが。アカゲラ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 コテングクワガタ。春の花、夏の花、秋の花、冬の花はなかったが、兼用可能。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 タマゴタケ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ブーンと飛んできて、ガサッと落ちた。左前脚の使い方なんかお見事。アオクチブトカメムシ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 シロソウメンタケとかいう種類かも。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:39| Comment(0) | 岐登牛山

2013年09月05日

今日の岐登牛山

 爽やかな晴れのち雲の多い晴れ、のちくもり。+16.8〜+23.9℃。

大雪山旭岳の麓に行こう

 稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 強い風、木々の葉はみんな、風に向かってバンザーイ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ウスイロオナガシジミは、ツツジの葉陰で風隠れ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 オオツマキヘリカメムシの幼虫の群れ、ヨブスマソウの長い茎を真っ黒に。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ♂がどこかで泣いている。♀は蜜をなめている。(モズが枯れ木で、の節でどうぞ。) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 三角点から。頂上のあたり(だけじゃないけど)はササに覆われた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 頂上の向こう側に降りると、石の道は苔むす道に。オオツリバナの実が落ちてた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 久し振りの北端展望台。黒岩山がシルエットに(露出の都合で)。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 スキー場を横切る道の真ん中の、再生してきたオオハンゴンソウの葉の上で、ケブカスズメバチがデンと構えていた。両前脚で両触覚をしごきつつ、右前脚を大顎で手入れ。突然ファインダーの中でこちらに突撃、ままよ、とおもうまもなくわが顔をかすめて、どこかに飛んでいっちゃった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 キツネノボタン。そういえば、最近、ニンゲンとネコ以外のケモノを見ていない。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:13| Comment(0) | 岐登牛山

2013年09月04日

今日の岐登牛山

 雨のち曇。一時旭岳が見えた。+17.9〜+22.2℃。

大雪山旭岳の麓に行こう

 稲積ピークから。雲の底は低いけど、落ちては来なかった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ヨツボシホソバが団子にされてるのかと思ったら、それはヤチダモの実で、されてるのはノシメトンボだった。攻撃性が強いらしいチャイロスズメバチに。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 あるwebサイトに、同定は容易とある。が、わたしは苦労した。同定などというものではなく、ただの絵合わせ+状況だけだけどね。11mmほどのハネカクシ、ツマグロアカバハネカクシ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 今年の咲き出しはばらばら。ツルニンジン。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 無傷のニホンカナヘビ。心の傷までは? (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 トイレの壁はガの宝庫。が、暗い感じの種が多くて、名前不明が増えるばかり。たまに特徴のある種もいて、得した気になっている。胸を反らして留まるマメノメイガ。この種の幼虫はお豆さんの葉や莢を食べまくるから、畑にいたら、嫌われる。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:49| Comment(0) | 岐登牛山