2013年09月17日

天女が原から姿見へ

 曇りのちガス一時あられのち曇り。強風、ロープウェーは度々運休していたようだった。下界は晴れ、+11.2〜+21.5℃。

 なんとなく好天を期待して行ったのだけれど、あまりいいお天気だったとは言い難い。帰りの下りで一瞬日が差して、雲の走るのに合わせてあたかもサーチライトのごとく、雲間の光の走り抜けたのがとてもきれいだった。

大雪山旭岳の麓に行こう

 第二天女が原入り口から頂上方面を見る。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 実りの季節だ、イワツツジ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ウメバチソウ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 アカモノとシラタマノキと。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 マエアカスカシノメイガ、いろんなところにいるねえ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 三合目あたりから忠別湖方面を見る。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 もう少し上から盤の沢壁面上部を見ると、とおくに、十勝岳連峰最南端の山、あれも旭岳。手前のカッコ良いのは上忠別山。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 例年のこの時期には涸れ沢になっているけど、ここ数日の雨で結構な沢に。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 一瞬、ガスが薄くなった。四合目の少し上から姿見石室を見る。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 大粒の雨が降ってきた。鏡池の畔ではクロマメノキが美味しそうな実をつけている。が、手は届かない。このあと雨はあられに変わった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ここから裾合平の方を見る。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 盤の沢に光が走る。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ライトアップ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 クロツリバナ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 チシマアザミとナナホシテントウ、そしてたくさんの○○アブラムシ。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:07| Comment(2) | 大雪山

2013年09月16日

降り続く

 雨。+15.5〜+19.0℃。

 一日中、本降り。風はそれほど強くもなく、だが、禁足には十分な雨と風。
 岐登牛山で撮りためた生き物の画像、PCの不明フォルダにどんどんと溜まる一方。禁足中、その種名でっち上げに勤しんでみたけれど、結局、ほとんどうまくはいかない。撮った時に調べてわからなかったものは、記憶が薄れる今となっては、余計に手がかりはなくなってる。以下、わかったような気になれたゾウムシ1種。3枚とも同じ個体。

大雪山旭岳の麓に行こう

 展望閣への道路傍に転がっていたペットボトルにいた。20120912 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ちょっとだけ上翅。を開いた。このあと飛んでいった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 飛んでいった先は車道。そこからまた飛び立った。 (画像クリックで拡大)

 吻を除いた体長8mmくらい。オオタコゾウムシというらしい。クローバ類を食べる。北海道ブルーリストによると、ヨーロッパ原産で、後に北アメリカに侵入、日本では1978年に横浜で初記録されたそうだ。北海道での初認は松前町で2002年のこと。貼り芝の移動に伴って拡散しているものと推測されている。道内で確認された分布域は渡島(松前町)、石狩(由仁町)周辺に限定されているようだけど、実際にはもっと広範囲に拡がっているとするのが妥当かな。(見当違いの場合はご容赦)
 セイヨウオオマルハナバチだけじゃなく、キンケクチブトゾウムシ(翅がないのに)、オオモンシロチョウ、オオハンゴンソウなどなど、話題の外来生物も多様で、在来生物とも相俟って、岐登牛山の生物相はなかなか豊かな感じを醸し出している。
posted by take_it_easy at 20:26| Comment(0) | 東川歳時記

2013年09月15日

雷雨

 雷雨のち雨のち曇。+17.4〜+23.8℃。

 午前中に約40mmの雨。昼間の行燈よろしく、せっかくの雷、鳴だけだったが。(江部乙では落蕾が原因と思われる火事があったとか。) 午後には旭岳がよく見えていた。
 あすも雨の予報。3日続きの禁足になりそう。

大雪山旭岳の麓に行こう

 ウズラバになってきた街路樹のナナカマド。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 19:47| Comment(2) | 東川歳時記

2013年09月14日

蒸し暑い。

 雨、のち雨、のちくもり。晴れ間も。+15.2〜+27.1℃。

 蒸し暑い。

大雪山旭岳の麓に行こう

 お昼ころの空の一部。このときには全天、だいたいこんなもんだった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 わが庭の千草のひとつ。勝手に生えてる。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:02| Comment(0) | 東川歳時記

2013年09月13日

旭山動物園まで

 うすぐもり。+10.7〜+24.5℃。

 いつもの倉沼神社から旭山越えの道は避けた。以前、林道の改良工事をしている人から聞いた話では、オオスズメバチの営巣が何箇所もあって、見つけたら重機で踏み潰すんだ、と。ハチが怖くて、若いもんはこの現場に来たがらない、とも。今年の話じゃないから、様子は違うかもしれないけれど、そこまでして山越えしなくても、ちょっとだけ遠回りをすればいいのだから。

大雪山旭岳の麓に行こう

 ハチジョウナ。その昔にはカマドガエシといって、畑作農家は苦労させられたらしい。この辺りでは、道路端でみかけるくらい。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 チゴハヤブサ、幼鳥以上成長以下といったところか。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ここでも今年はクルミができてる。旭山公園で。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 葉に紛れてメスグロヒョウモン。旭山公園で。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 動物園で。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:03| Comment(0) | 旭川界隈

2013年09月12日

今日の岐登牛山

 雨のち晴れとか曇りとか。+15.9〜+24.1℃。

 雨が上がって、路面が乾いて、風はそよ風、さあ出かけよう。

大雪山旭岳の麓に行こう

 稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ゴイシシジミ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 きょうのスズメバチはコガタスズメバチ、こんなところで何をサボっとるのか。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 エゾアカガネオサムシ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 サラシナショウマ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 五倍子(ヌルデミミフシ)、カブれそうで、割って、中を見る気がしない。中にはアブラムシがぎゅうぎゅうにいるはず。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 鳴くエゾゼミ。手前は五倍子、つぶつぶはヌルデの果実。葉っぱはヌルデの葉。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:33| Comment(0) | 岐登牛山

2013年09月11日

上ホロ〜十勝岳

 山中ではガスの下になったり中になったり。

 登山口に着くまでは、上ホロカメットクから南は雲がかかり、北は晴れていた。十勝岳はいい天気のはずだ、と期待したが。

大雪山旭岳の麓に行こう

 いざ、上ホロ方面はガスの下。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 エゾリンドウ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 上ホロ頂上直下で。眼に合わせたはずのピントが左前足に来ている。動きが機敏ゆえ、シマリスの。こんなところでよく冬越しできるものだなあ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 十勝岳の頂上が見えた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 美瑛岳の頂上も見えた。十勝岳頂上から。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 上ホロカメットク山の頂上も見えた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 上ホロ避難小屋近くの山道で、岩の上に何やらポツン。 (画像クリックで拡大) イタヤハムシだった。こんなところにどうして。

大雪山旭岳の麓に行こう

 ウラジロナナカマド。あちらもたぶん。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 エゾヒメクワガタ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 小鳥の姿が見えなかった、仕方ないからトリに大トリを。ハシブトガラス。上富良野岳直下で。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:09| Comment(2) | 大雪山以外の山