2013年08月18日

今日の岐登牛山

 雨が降ったり止んだり。+22.8〜+28.9℃。
 強雨はほんのいっとき、アメダス雨量計の転倒ますを度々ひっくり返すほどの降り方ではなかった。さて、あすにかけて、ちゃんと降るそうだけれど。

大雪山旭岳の麓に行こう

 この暗雲は散ってしまった。稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 暗い日には暗いところの好きなムシばかり。見た目は明るそうなんだけれど、でも、どちらかと言うと、裏側で生きていくほうがいいようだ。マエアカスカシノメイガ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 朽ちかけたタモギタケを賞味するサビハネカクシ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 だいぶ擦り減ってしまったようなオオシロオビアオシャク。擦り減ったのは鱗粉だけ、身体の土台と生命はしっかりしている。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 これも、だいぶ擦り減ってしまったようなフチグロノメイガ。擦り減ったのは、外縁の黒っぽいところ。 (画像クリックで拡大)
(追記) 「札幌の昆虫」にはキイロフチグロノメイガが掲載されていて、よく似た種類マークはない。当該圏内にはいないということなのだろう。キイロでは外横線が前翅全縁近くではっきりと屈曲する感じ。岐登牛山で見たヤツはこの感じじゃない。さらに、キイロでは前翅全縁中央部の黒斑はくの字型。岐登牛山で見たヤツはこの感じ。さて、どちらにしようかな、うらのションベエサンに訊いたらよく分かる、イチ、ニッ、サン。

大雪山旭岳の麓に行こう

 カシワの出来は如何。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:03| Comment(0) | 岐登牛山