2013年07月22日

今日の岐登牛山

 はれ。+15.9〜+28.7℃。

大雪山旭岳の麓に行こう

 トムラウシ山方面、南端展望台から。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 セミの人生も厳しいな。右は羽化に成功し、左は失敗している。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 アカハナカミキリ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ムモンクサカゲロウ、光のあたり具合で、翅は色づくらしい。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ピークのてっぺんはキアゲハが、ちょっと下がった所ではこのウラジャノメが頑張りぬいている。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 まだ飾り花だけだけど、咲いてるのは。ノリウツギ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 キリンソウとエゾスジグロシロチョウと。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 花弁の裏までもビロード仕様。雄ずいは3/5が毛蘂か。ビロードモウズイカ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ジャノメチョウが現れる季節になったんだなあ。ふーん。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:33| Comment(0) | 岐登牛山

2013年07月21日

白金ウグイス谷〜硫黄沢

 はれ。下界では+14.8〜+30.4℃。めでたく真夏日、早朝は爽快、が、布団の中。

 手頃な所で避暑気分。

大雪山旭岳の麓に行こう

 雲と噴煙との競演、十勝岳の。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 コバノイチヤクソウ(葉先の円い型というのもあるらしい)。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 イチモンジチョウとフランスギクと。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 白っぽいイワブクロと薄紫のイワブクロと。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 薄暗いミヤマハンノキの陰に飛び込んだアオジ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 マツの先にキセキレイ (画像クリックで場面転換) キセキレイはどこ? 判ったら奇跡的。うしろは美瑛岳。

 ナキウサギ三態。

大雪山旭岳の麓に行こう

 下かその下と同じ、または別の個体。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 下とは別の個体。なぜ判るかというと、下と同時に現れていたから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 上とは別の個体。なぜ判るかというと、上と同時に現れていたから。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:01| Comment(2) | 大雪山以外の山

2013年07月20日

今日の岐登牛山

 はれ。+15.7〜+29.4℃。

 展望閣前の広場で、何かの印のような棒がいっぱい、ところ狭しと立てられている。きのう来た時にはなかったから、そのあとか今朝かに出現した模様。近くでツツジの枝の間引きをなさっていた管理の方に伺うと、どうもサクラの苗を植えるのだそうな。どなたが発案なさったのか、なんのつもりなんだろうか。わたしの第一感は、そんなバカな。よほどこの森林公園の様子を知らないか、よほど先を見据えているか、さあどっちだ。

大雪山旭岳の麓に行こう

 稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ふもとのサクラの植林地で。エゾゼミがたくさん散らばった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 花の各部が判るように撮ろうと思っても、ザンネン、うまくいかない。ツユクサ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ひっそりと汐の満ちるのを待つ、ようなエゾゼミ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ヒヨドリがセミを追う。セミの断末魔の声が聞こえる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ユウマダラエダシャク、この類の分類も一筋縄ではいかないそうだ。決めつけるのは素人の特権、ですから、信じてはいけません。留まられているのはヨツバヒヨドリ、これは間違いない。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ことしはオオウバユリがいっぱい、暗い所で。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:34| Comment(2) | 岐登牛山

2013年07月19日

今日の岐登牛山

 はれ。+15.5〜+27.1℃。

大雪山旭岳の麓に行こう

 稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ササの葉影のヨツボシノメイガ、尻の先からなんか出して♀を呼んでるらしい。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ♀の代わりにアリが来て、あわてたかびっくりしたかそうでもないかわからないけど、なんかの器官を引っ込めて、とんでいってしまった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 コイツにブンブン飛び回られて、なかばスズメバチとまちがえて、びくついてしまう。ヤマトアブ♀。この口で刺して差し込んで血を吸って、代わりになんかを入れていく。スズメバチよりはまだいいけれど。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 チシマオドリコソウの咲き始め。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ホソスジキヒメシャクというらしい。オヒョウで。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 オオイタドリを蚕食。相当の食欲あり。キボシルリハムシ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 少し早めに咲いている。ヤブハギ。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 22:13| Comment(0) | 岐登牛山

2013年07月18日

今日の岐登牛山

 くもりのちはれ。+16.2〜+26.7℃。

 さわやかな風、舗装道路を歩いていても苦にならない。最近、この公園域にカラスの大群が押し寄せてきていて、電線の下などを歩いたら爆撃に遭いそうだ。

大雪山旭岳の麓に行こう

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ひらひら飛んでるのを見るとトンボエダシャクに見えた。翅の模様がだいぶちがった。ウメエダシャク。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ラベンダーとモンシロチョウ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 サクラの幹にでっかいノコギリカミキリ。尻を上げて、産卵管をゆっくりと出したり、ひっこめたり、産卵するようでもないし、なんか先の方に白いものが見える。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 寄生虫でも出て来たのかと思ったら、どうも、性フェロモン発生器(というのかどうだかわからないけど)のようだ。これで♂を呼びつけているらしい。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 トンボがトンボに食われてる。モノサシトンボがコサナエに。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 オオルリボシヤンマが集まってきて、止まったり、絡んだり。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 クリ。雌花と雄花と。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 そちらの方から帰りたいんですけど。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:28| Comment(0) | 岐登牛山

2013年07月17日

今日の岐登牛山

 はれ。+18.2〜+27.2℃。

 下からスキー場用地(メープルコース)を登って行ったら、ナワシロイチゴの群れに捕まって、大したこともなさそうなトゲにズボンの上から刺されてしまった、いっぱい。展望閣の所で逃げ出して、確かめると、フトモモはミミズ腫れの連続。これはどうしたらいいものか。とりあえず、全面にマキロンを塗って、根拠はないけど、少し間を置いて、虫さされ用のナントカという薬を塗った。帰ってきたころには、ほぼ腫れは引いていた。薬が効いたかそうでもないか、まあ、害はなかったのかも。
 北端展望台方面へのスキー場用地を横切る道、この道を行くには勇気が要るようになっている。知らずに案内板を見てきた人は往生するでしょう。
 どこにいたのか、姿の見えなかったトリたちの姿も見えるようになってきた。

大雪山旭岳の麓に行こう

 稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 親離れできないコッコがまだいるんだね。いや、恥ずかしながら、子離れできない親かココにいるんです。なんてことはないさ。ホオジロ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ニュウナイスズメは大家族。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 アオイトトンボ、子育て? ソレナニ? (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 1本の枯木に執着していた、やっと見つけたエサなのかも。コゲラ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 エゾアオカメムシ、3零くらい。親離れ? ソレナニ? (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 クサレダマ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 この木から離れようとはしないヤマゲラ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 オオルリ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ヤエザキオオハンゴウソウほどではない八重咲きのオオハンゴンソウ。近くで群れている。栄養系なのか、種子繁殖系なのか、上からではわからない。掘り返してもわからないかもしれないけど。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:32| Comment(2) | 岐登牛山

2013年07月16日

今日の岐登牛山

 はれ。+19.128.2℃。

 稲積ピークでは爽やかな風が渡ってきた。潅木が生い茂ってきて、見晴らしも風通しも、少しずつ遮られてきてはいるものの、ほっと一息にはちょうどよい。でも気をつけよう、ヤマウルシがあちらからこちらから誘いの手を伸ばしている感じがする。弱い人は要注意かな。

大雪山旭岳の麓に行こう

 稲積ピークから (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ワタヌキノメイガ。そっくりさんにワタノメイガというヤツがいるらしい。ヌキってなんだろう。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 テナガザルのようなアシナガムシヒキ(サッポロアシナガムシヒキ) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 オゼイトトンボ♂ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ミドリヒョウモン♀ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 トノサマバッタ。バッタも飛ばずば写されまいに。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ウリハムシモドキ。ツツジの上でよかったね。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 オニヤンマ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ヒメジョオン (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 21:37| Comment(0) | 岐登牛山