2013年03月17日

第14回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ジャンプ大会(3/3)

第14回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ジャンプ大会(つづき、最終回)

 今シーズン限りで競技から引退する5選手のラストジャンプ。
 今回は、例年に比べ、大会への参加者が少ないような気がする。本州の大学生連中は特に。ひょっとすると、このほかにも、大勢の引退者がいるかもしれない。ジャンプ競技(コンバインドも)を存分に楽しんで、そしてひっそりと退場していく若者もたくさんいることだろう。どこかの大会で飛躍を見せてもらったかもしれない。みんなみんな、ありがとう。

大雪山旭岳の麓に行こう

 畑中優祐(東海大学) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 宮下巧己(札幌大学) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 瀬川 友(下川商業高校) まさか引退するとは。それで応援に来ていたのか、現役中の妹さんは。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 遠藤友晃(雪印メグミルクスキー部) ノイズチームの声援に応える。(画像クリックで転換)

大雪山旭岳の麓に行こう

 遠藤秀治(清光社SC) ノイズチームの声援に応える。 (画像クリックで転換)

大雪山旭岳の麓に行こう

 馬淵 源(旭川大学) 1本目 (画像クリックで転換) 2本目。おい、ゼッケンはどうした?

大雪山旭岳の麓に行こう

 ノイズチームの皆さん、今シーズンもお疲れ様でした。あなた方の応援は、選手たちの胸をやさしく押してるよ、選手たちの胸に響いてるよ、きっと。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:07| Comment(0) | スキージャンプ

第14回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ジャンプ大会(2/3)

第14回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ジャンプ大会のつづき。

大雪山旭岳の麓に行こう

 競技開始直前の様子 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 競技開始前の様子 (画像クリックで拡大)


男子の部
ワールドカップ遠征組は欠場。

大雪山旭岳の麓に行こう

 1位 岡部孝信(雪印メグミルクスキー部)1本目 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 2位 栃本翔平(雪印メグミルクスキー部)1本目 復調してきた? (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 3位 渡部弘晃(日本大学)2本目 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 4位 原田侑武(早稲田大学)2本目 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 5位 佐藤幸椰(札幌日大高校)2本目 すばらしい。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 6位 田仲翔大(加森観光&井原水産)1本目 数の子を食べながらルスツリゾートへ、だって? (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 最長不倒 鈴木 翔(旭川大学)1本目 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 人様のストロボが当たる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 最長不倒 鈴木 翔(旭川大学)1本目 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 19:34| Comment(4) | スキージャンプ

第14回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ジャンプ大会(1/3)

 第14回伊藤杯シーズンファイナル大倉山ジャンプ大会がおこなわれた。代わり映えしない(いや、だんだんと画像の質が落ちてきた)けれど、また、上位入賞者と、今期限りで競技から引退する選手たちの勇姿を陳列します。選手の皆さん、選手と親しい皆さん、万が一お目に留まって、不愉快を感じられたとしても、「熱烈応援」に免じてどうかご容赦を。
 競技開始予定時には、激しい降雪。競技運営関係の皆さんの(たぶん)大変なご苦労で、台の整備が進められ、遅れに遅れはしたけれど、劇的に天気は回復し、無事2本の競技は行われた。恒例の引退選手たちによるラストジャンプも見せていただけた。表彰式が終わったのが10時15分くらい。そのあと、引退選手への餞セレモニーが行われたはずだけど、失礼させていただいた。
 公式リザルトはいずれ札幌スキー連盟のHPで公開されるはず。今のところはまだ。そちらを御覧ください。
 男女とも、世界の現役一線級最高齢ジャンパーが優勝した。これはすごいな、と思うが、なんとなく不満も残る。

大雪山旭岳の麓に行こう

 通常は定刻前に終わらせているバーン整備。なかなか見ることのできない光景。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 伊東大貴のバッケンレコード表示が燦然と。右上の方にノイズチームの「飛べ鳥人達」旗。いつもはバーンに向けて(リフトで上がる選手たちに向けて)掲げられているが、きょうは趣向が変わった? (画像クリックで拡大)

女子の部
 出場は6名。ワールドカップ遠征組4名は欠場。

大雪山旭岳の麓に行こう

 1位 葛西賀子(日本空調サービス)1本目 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 2位 竹田歩佳(ライズJC)2本目、最長不倒のジャンプ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 3位 松橋亜希(東海大学) 2本目、近頃上昇中 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 4位 小浅星子(ライズJC)1本目 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 5位 山口瑞貴(札幌大学)2本目 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 6位 澤谷夏花(札幌大学スキークラブ)2本目、シーズン当初の調子をイメージしよう。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 最長不倒の竹田歩佳(ライズJC) (画像クリックで拡大)

 つづく
posted by take_it_easy at 18:27| Comment(0) | スキージャンプ

2013年03月15日

風強し

 くもり。−6.2〜+2.1℃。

 三角点岩山に北側から行ってみようとした。が、ちょっとした岸壁ときつい斜面に遮られて断念。あっちからなら来たことがあるのに、こっちからならどうして行けないんだろう。

大雪山旭岳の麓に行こう

 すっかり伐採されてしまって、風当たりの強いの強くないの。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 雪煙がはう。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ハシブトガラ?コガラ?  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 コゲラがコケを睨みつける。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ゴジュウカラ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 キバシリ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ずーっとユキウサギの足あと。上から左へ、右から左へ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 よく手入れされたトドマツの林。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:35| Comment(0) | 東川近郊の低山

2013年03月14日

風は強かった

 ほぼ曇り。日差しあり。−7.9〜−3.7℃

 真冬日とそうでない日とが交互にやってくる。季節の移ろいが目に見える、かも。

大雪山旭岳の麓に行こう

 じっとしているアカゲラ♂。啼きもツッツキもしないで。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 強風に煽られても。彼は季節の移ろいを全身で感じてる? (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:36| Comment(0) | 旭川界隈

2013年03月13日

今日の岐登牛山

 小雨。−0.3〜+3.8℃。minは直近(19時)。

 雪が緩んでグジュグジュの脇道、轍の跡がこれから凍って、カリカリガタガタに。

大雪山旭岳の麓に行こう

 稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 トビケラの1種かも。新緑の頃に見かけるような気がするけど、そうでもないかも。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 これはいつもこの時期になるとみかける。息を吸うと一緒に鼻に入ってきそうなくらいに弱々し気に飛ぶ。ユスリカの1種かも。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 休憩中のようだった。帰りに見ると同じ所にいた。左が♀、右は♂。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 濡れた羽毛を膨らませて暖を採る。正面顔は素っ頓狂な感じに見えなくもない。♀。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ♂ (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:23| Comment(0) | 岐登牛山

2013年03月12日

今日の岐登牛山

 くもり時々小雪。+5.8〜−2.2℃。最低気温で12℃、最高気温で7℃ほど、きのうより高かった。

 たくさん積もった雪は、柔らかいけど、重かった。見た目は真冬の景色だが、手で触れると、たしかに春のぬくもりが伝わってくる。ような。

大雪山旭岳の麓に行こう

 ウダイカンバ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ガレの釣鐘型ランプか。冬枯れの銹た外灯だった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 新居の物件探し? 相方同伴で? (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ここまで、南側を巻くようにして登ってきたら、2時間ほどかかってしまった。
  (画像クリックで拡大) 山名標識に立てかけたストックは1mほどが見えている。地面からだと手を伸ばすほどの高さにあるのだけれど、差し引き、雪の深さは?

大雪山旭岳の麓に行こう

 スキー場上部から。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 カケス、こちらを警戒。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 19:28| Comment(2) | 岐登牛山