2013年02月07日

岐登牛山北ガマ尾根

 高ぐもりのちくもり。−19.5〜−8.0℃。

 ガマの脇腹から尾根に上がって頂上へ。

大雪山旭岳の麓に行こう

 この突き当りから右にそれて雑木林に入った。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 お天気の割りには大雪山がよく見えた。岐登牛山の南側から見る姿とはまた違った趣。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 鳥たちの影は薄いが、アカゲラはよく目立っている。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ガマの背に乗ろうとしたら、いちめんこの通り。前回(12月23日)には毛が生えていたが、このひと月半ほどの間にガマの背らしくなっていた。甘水山が丸見え。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ツルアジサイ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 シナノキ (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:37| Comment(2) | 岐登牛山

2013年02月06日

今日の岐登牛山

 はれ。−12.5〜−4.5℃。

 珍しく、南端展望台から稲積ピークに向かう所で、年配のお三方と行き交った。気持ちのよいお天気。
 新雪は柔らかく、頬ずりしたいような感触だけど、その下に隠れたところはチト手強い。

大雪山旭岳の麓に行こう

 南端展望台から (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 白樺林。高原列車は走ってないけど。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 オオバボダイジュ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 カラマツ (画像クリックで拡大)
 
 
おまけ

大雪山旭岳の麓に行こう

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

  (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:35| Comment(4) | 岐登牛山

2013年02月05日

表紙画像の差し替え

 ほぼ吹雪。−10.1〜−5.6℃。

 降雪量はたいしたこともないようだけど、時折風が強くて、家の周りに吹き溜まりができる。で、除雪はパスできず、出そびれた。
 トップの表紙画像を差し替えた。変わり映えしないけど。
posted by take_it_easy at 23:10| Comment(0) | 東川歳時記

2013年02月04日

今日の岐登牛山

 くもり。−7.4〜−2.2℃。

 緩んで凍って、雪面の凸凹がしっかりと保存された。その上に新雪。親切心はなく、油断すると挫きそうだった。なんだか下りを思うと、登る心が挫けそうになる。

大雪山旭岳の麓に行こう

 南端展望台から (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 たぶん、気をつけようね、って感じあってるんだと思う。それが証拠に、ちょっと動いただけで、飛んでいってしまった。ツグミ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 アカゲラ♀ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 アカゲラ♂。ぼちぼち接近。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ツルアジサイ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 稲積ピーク越しに甘水山(東旭川の三角山) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 似たような羽が散らばってた。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:37| Comment(0) | 岐登牛山

2013年02月03日

野生は、吹雪いていてもエサを探さなくてはならない

 ふぶき。−9.9〜−7.4℃。

 昨日の暖気、夜半の地震、今日の吹雪き、どれも家の中にいれば、平気平気。
 でも、野生の生きものたちは、吹雪いていてもエサを探さなくてはならない。それだけ。なんだそれだけ? それだけ。

大雪山旭岳の麓に行こう

 穫り残されて、カチンカチンに凍ったブドウ(ナイヤガラ)を見つけた、前から目をつけてた? ヒヨドリとツグミが入れ替わり立ち替わり。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:20| Comment(0) | 東川歳時記

2013年02月02日

今日の岐登牛山

 小雨のちはれのちふぶき。−4.0〜+6.1℃。minは直近時間。これから下がる、

 積雪深が一気に浅くなった。水が道路や何処かに流れだす。これから凍る。


大雪山旭岳の麓に行こう

 朝、消え入りそうな虹が出た。虹と雪のパレード。 (画像クリックで拡大)
 

大雪山旭岳の麓に行こう

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ツグミとカラマツ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 地肌が出て、ダイコンソウの類も出た。いつでもOKよ。 (画像クリックで拡大)
 
 同じような。でも、読み方によれば、似て非なる看板のようだけど。
 ところで、この2枚の看板の記載事項、じゃなく字面には3ヶ所に違いがあります。さて、どこでしょうか。

大雪山旭岳の麓に行こう

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

  (画像クリックで拡大)
 
 
 札幌でははじめてのスキージャンプ女子ワールドカップが荒天の中で行われた。期待を一身に集めた高梨沙羅は12位、よくがんばった。伊藤有希、平山友梨香、茂野美咲、竹田歩佳、松橋亜希もポイントゲット。最年長の葛西賀子はザンネンだった。渡瀬あゆみ、小浅星子はあすも試合があるはず。たのしみだ。それにしてもマスコミの扱いは何とかならないものか、高梨ばかりに注目し、圧力をかけている。他の選手も頑張って、立派な成績を上げているのだから、注目をもう少し分散させて貰いたいもんだ。
posted by take_it_easy at 18:47| Comment(4) | 岐登牛山

2013年02月01日

暖気は損気

 くもり。−5.6〜+3.3℃。

 午後はずっと氷点上の気温が続いている。
 木の枝に残った雪塊は崩れることなく爆速で落ちてきて、雪面にクレーターを作る。雪面じゃなくて顔面だったら、思うとゾッとして足が早くなる。息が切れる。暢気に構えていたら背後で落ちた。行かなきゃいいのに。

大雪山旭岳の麓に行こう

 まえ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 うえ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 きょうも近くでカラたちのモデル撮影会をやっている。出番待ち、というわけではなく、ここはここ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 口笛というには強く大きな声が聞こえた。ウソ(アカウソ?)♀ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 オオウバユリ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 打ち上げ花火が開いて落ちてきた。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:09| Comment(0) | 東川近郊の低山