2013年02月14日

今日の岐登牛山

 くもり。−14.4〜−0.9℃。

 寂として声なし、というほどでもないけれど、静かだった。

大雪山旭岳の麓に行こう

 南端展望台から (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 動いた。と書いたら、おんなじことをひと月ほど前(1月12日)に書いていた。エゾニワトコ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 それはともかくあのレンズ、一番大きいヤツがほしいな。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:30| Comment(0) | 岐登牛山

2013年02月13日

大岩から胡桃沢へ

 はれ。−14.0〜−5.0℃。

 大岩の上を通って峠を越し、いやな雪崩斜面(崩落で通行止めの松山林道)を通り抜け、胡桃沢沿いに忠別川との合流点付近まで行って、道道に出た。胡桃沢を越す地点を探して右往左往。道道の除雪壁が高かった。

大雪山旭岳の麓に行こう

 大雪山は雲の中。忠別大橋から (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 歩き始めに、オニグルミ1本。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 シジミチョウが産卵したらしい。オナガシジミ? ほぼオニグルミにしか産卵しないそうだけど、その逆はさて。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 コシアブラ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 もう大岩の上に来た。下の道道をダンプカーが走る。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 もう峠を越えた。今日一番の要注意箇所を。対岸の峡関壁を見る。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 キラリ。さかんに啼いていた。オオアカゲラ♀。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 大岩を見上げる。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:46| Comment(0) | 忠別川

2013年02月12日

ここどこ

 はれ。−22.0〜−6.7℃。

 忠別湖右岸のチョボチナイゲートから行けるだけ行ってみよう。なんておもって勇んで出かけたが、けっきょくどこを歩いてるんだか、現在地がわからなくなって退散してきた。最後は結構きついトドマツ林の中。

大雪山旭岳の麓に行こう

 いろんな足跡があって、なんか期待にトキメク。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 この足あとはトキメカないが、帰りの命綱。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 いいところで林間に入ったら、こんな道にぶつかった。どこにつながってるんだろうか。これでわからなくなってしまった。が、右手に取り付いてみたが、埒もあかずに退散。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ピウケナイ川に転進。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 エッチな木、じゃなくHの木。どうなってこうなったのか、な? たぶん、ハルニレ。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:28| Comment(0) | 忠別川

2013年02月11日

ユコピの滝(私称)は凍ったか

 はれ。−17.6〜−5.4℃。

 勇駒別川がピウケナイ川に落ちる滝(私称・ユコピの滝)を見に行った。

大雪山旭岳の麓に行こう

 空が抜けた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 右から道は続く。発電所への点検者?の足あとがつづき、その上を小さな雪崩が覆っている、何ヶ所か。それはいいとして、右端の倒木(雪の重みで倒れたか)の下をくぐったら、目の前に雪のデブリが立ちはだかる。いかに無謀でもこれ以上は無理。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 で、対岸の高台に登った。上はトドマツ原(トドワラじゃない)。ここを抜けると柱状節理の上に出る。初春に来た時にはヒグマの足あとが続いていたところ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 見えた。昨季には全表面凍結していたが、今季はだいぶ開いてる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 途中のダム湖にコガモが数羽。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 そこにカワガラスが飛び込んできた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ピウケナイ川。雪は多い? 雪まんじゅうじゃなく切り餅になってる。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:41| Comment(0) | 忠別川

2013年02月10日

忠別川の畔で

 はれ。−11.4〜−3.0℃。日没後、ドンドンと下がってきた。

 ナナメのところばかり歩いていると、タイラなところの歩き方を忘れそう。で、まちなか散歩。忠別川の畔を経由して。

大雪山旭岳の麓に行こう

 忠別川第三頭首工を三方向から、その1 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 忠別川第三頭首工を三方向から、その2 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 忠別川第三頭首工を三方向から、その3 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 東橋から上流方面を見る。江卸山、ほぼ中央に中尾山がうっすらと、そのおくにはさらにうっすらとトムラウシ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 東橋から下を覗くと、ツグミが水浴び、をしそうでしなかった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 カワガラス (画像クリックで拡大)

おまけ 

大雪山旭岳の麓に行こう

 稲積ピークから。左端に旭川空港ビルが見える。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:47| Comment(0) | 忠別川

2013年02月09日

今日の岐登牛山

 くもり。−9.6〜−3.5℃。

 いつものように幕が開き、じゃなく、いつものように林道富山線のほうから南端展望台へ。いつものようではなく、きょうはスノーシューで。雪が重たくてちょっと堪えた。スキーのほうが楽だったかな。

大雪山旭岳の麓に行こう

 南端展望台から (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ちょっと急ぎすぎたか、でもたぶん平気。アキタブキ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 アズキナシ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 エナガ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 カケス。温泉の排水が流れているようで、いつも地面が出ている。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 サルノコシカケの裏側でなにやら。ゴジュウカラ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ケヤマハンノキ (画像クリックで拡大)

おまけ
 途中の民家の植え込みで。道路を横切ったから気がついた。キトウシ森林公園用地の一番近いところから直線で1kmくらい。あいだに広い雪の原と道路3本、川1本(倉沼川)がある。エゾリスの住まいになるようなとこでろは岐登牛山が一番近い。どこから遠征してきているんだかわからないけど、相当危険。でも飢餓よりはマシなんだろうか。

大雪山旭岳の麓に行こう

  (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:34| Comment(0) | 岐登牛山

2013年02月08日

今日の岐登牛山

 くもり。−11.8〜−3.3℃。

 展望閣への夏道斜面を上がってみた、スキーを履いて。結構きつかった。あの斜面はスキー向きではないな、やっぱし。

大雪山旭岳の麓に行こう

 稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 オオアカゲラ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 シラカンバ (画像クリックで拡大)

 
おまけ
 きょうの道新朝刊に、「道、若手研究者の科学賞、新年度創設」とあった。従来の「北海道科学技術賞」受賞者は長く実績を重ねた比較的高齢の研究者が多く、実効性を考えると若手に的を絞っておくのもよい、で、40歳以下を対象にした賞を新設するとか。たしかに、従来のでは、いただくのも結構なことだけど、あげる方にももらう方にもあまり前向きな感じにはならないかもしれないな。
 なにをいただけるかというと、こんな賞状をいただける。これは昨年度のもののコピー。
posted by take_it_easy at 20:09| Comment(0) | 岐登牛山