2013年01月23日

三角点忠別峠のある山へ

 はれ。おだやか。−18.8〜−3.8℃。

 忠別湖の左岸にある三角点忠別峠(656.7)のある山に行ってきた。はっきりした尾根を辿って標高点669に行き、デレーッとした稜線を、なんで「忠別峠」なんかいななんて、難解な疑問を思い浮かべながら、よく滑るシールを滑らせていった。一番大変だったのが、道路から垂直の除雪壁をよじ登ること。あとはルンルンだった。

大雪山旭岳の麓に行こう

 ツインツリー、頂上を越してすぐのところにあるシナノキ。たぶんトリプレッツなんだけど、遠目にはツインに見えた。この先(こちら側)、純白のゆるやかな斜面。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 なんかの植林地(若い)をゆく。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 尾根に取り付く。ヤブを覚悟していたが、尾根上は刈り開かれており、これなら下りもスキーでOKね。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 頂上は平らなドーム状。三角点がどこにあるか、はっきりとはわからなかった。およそもわからなかった。この一帯だということはわかった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 眺望はこのとおり。なんか得した気分。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 上右のシナノキ。1本かも、2本かも。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 冬芽と実と。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 なんか見たことがあるような、あるような。キハダ(たぶん)の冬芽。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 下りの途中、忠別ダムサイトが見えた。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 17:48| Comment(2) | 東川近郊の低山