2013年01月01日

今年も岐登牛山

 ほぼ曇り。日中には日差しもあり。−9.2〜−5.8℃。

 風は強く、吹き溜まりには多少の往生をさせられた。はじめの日から岐登牛山詣で、どうやら中毒のようです。これは治したほうがよいかもしれないな。自分では治せないから中毒なんだよ、って、誰かが言ってるけど、たしかにそうだね。岐登牛山って、それだけ魅力的な山なんだね。どこの山だって魅力的なのはおんなじさ、って、誰かが言ってる。たしかにそうだね。ヘビに睨まれたカエル、面にションベンをかけられたカエルのように、ことしも岐登牛山詣でを淡々と。以上、けっしてお神酒のせいじゃありませぬ。

大雪山旭岳の麓に行こう

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 どこから流れる、この不凍のせせらぎは。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 半身氷結のカラマツ林。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 山が鳴る。風に煽られて、ヤマナラシの梢と梢がぶつかって。チョウセンヤマナラシ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 初詣は富山神社で。 (画像クリックで拡大)

銀山詣も初詣

大雪山旭岳の麓に行こう

 このツグミ、下クチバシがヘン。実をついばんではいた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 超絶技巧、ヒトならば。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 水を飲んだらきれいになった。それともクチバシを洗ったの? (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 分厚い羽毛服 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:09| Comment(0) | 岐登牛山

今年も


大雪山旭岳の麓に行こう

  (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 09:09| Comment(0) | 東川歳時記