2012年09月25日

最高のナキウサギ写真

 あめ一時くもり。+12.5〜+14.6℃。

 肌寒い一日。出そびれて、ホットなニュースのネタはなし。決して冷めたわけじゃなく。
 昼のテレビで、スズメバチの脅威を取り上げていた。今年はことのほか多くて、凶暴なのだとか、夏の暑さと降水不足で。内地でのこと。関東周辺でのことだっただろうか。関西以西は暑くても、降水不足ということはなかっただろうから。ほとんどがキイロスズメバチによるものらしい。
 岐登牛山で見かけるのは、多くはケブカスズメバチ。キイロスズメバチとは亜種の関係にあるらしい。これから、新女王様をお迎えするまで、ますます活動的になりそう。いそうなところがわかれば近づかないようにしよう。相手の気分次第かもしれないから。
 さて、秋めいてきて、山のあそこでは、ナキウサギもひときわ愛おしく愛くるしい姿で越冬準備に追われていることだろう、か。愛情あふれているような画像、なんともすっきりくっきりとシャープな画像、ドアップの微細な画像、いろんなすごい出来栄えの画像を、いろいろなブログで拝見できる。どれもこれもすばらしい。
 でも、わたしのこころをとりこにした写真はこれ。わたしにはまぼろしのナキウサギ。ニペソツで、白雲で、フィルムの真ん中に芥子粒ほどのナキウサギ、撮れた撮れたと大騒ぎをしていたが、この写真を見て、なんとも驚かされた。こんなの撮れるの? それからも、芥子粒から卒業できなかった、デジカメを手にするまでは。けれども、この写真で受けた驚きを超える写真には出会わない。しかたないよね、いまでは決してまぼろしの、という生き物ではなくなってしまったから。いや、一つだけ残ってる、通いなれたはずのあそこにいるはずのヤツ、そいつはまだわたしにはまぼろしだ。

大雪山旭岳の麓に行こう

 このナキウサギは村本輝夫さん撮影。
 北海道撮影社 1969(昭44)年6月15日 発行。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:19| Comment(4) | 大雪山