2012年09月23日

今日の岐登牛山

 はれ。+11.4〜+24.3℃。

 さわやかな晴れ。舗道を歩いていても、暑さを感じず。

大雪山旭岳の麓に行こう

 あっち方面では雲が立ち、上空は青空。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 この夏、たくさんいたオツネントンボ。このまま越年? もちろんここでじゃなくてどっかで。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 まさか、オオツリバナで産卵? そんなことないよね、まさか。クロヒカゲ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 イヌタデにいたケブカヒメヘリカメムシ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 飛びかけのベニシジミ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 巣は撤去されていた。しにくい場所で作業なさった方、ありがとう。名残惜しそうに屯する連中はいるが、一応一安心。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 久しぶり。エサ探しに夢中のエゾシマリス。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:39| Comment(0) | 岐登牛山

2012年09月22日

旭山

 はれ。+11.5〜+24.1℃。

 いつも行ってる倉沼神社からのコースでは、以前、何頭ものオオスズメバチのチェックを受けたことがある。チェックだけですんでいたからいいのだけれど、その時、林道の改修工事をしていた年配の作業員のヒトから聞かされたことを思い出した。近頃の若いもんは、スズメバチを怖がって現場に来ない、林道脇の巣は重機で踏み潰す、とかなんとか。で、この時期は避けている。きょうは、旭山公園の古めかしい石造りの立派な門柱(標柱?)のある入り口にチャリを置いて、行った。ここなら来る人も多かろうから心配なさそう、と。
 88箇所の遍路道は改修工事のまっただ中、散策するヒトはいないし、鳥の影は見えないし、で、旭山から東門に降りて、動物園を通り抜けてきた。この夏期間の旭山動物園の入場者数は、全国一だったとか。パンダの上野動物園を差し置いて、一位に復帰。

大雪山旭岳の麓に行こう

 ペルーフラミンゴ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 のどかなライオン (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 タンチョウ (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 19:47| Comment(2) | 旭川界隈

2012年09月21日

神楽岡公園にて

 くもり。+11.5〜+23.8℃。

 旭川市内の神楽岡公園をひと回り。保育園児から高校生くらいまで、社会人も、が大勢、憩いのひとときのような時間を過ごしていた。上の段に行くと、のんびり散策の数組、池のマガモのところでは餌やりをする老夫婦に対して、ひとりのご婦人が憤慨なさっていた。大木の木陰のベンチに寝そべって読書に耽る、寝ている?壮年男子。まあ、いろいろ、時の流れに身を委ね。

大雪山旭岳の麓に行こう

 エゾリスが枝に擬態、まさか。それが証拠に、これはほんの一瞬のこと。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 マガモがたくさん。♂が♂らしくなりつつあり、見た目が。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ここではほとんどがマユタテアカネだった。岐登牛山にもいないわけではないけれど。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 トチノキの実が沢山落ちていた。上を見るといくらか残ってる。この公園では、ドングリもたくさん落ちていた。岐登牛山では、去年ほどではないにしろ、あまりいい実着きとはいえそうもなく、シマリスをつれてきたらたいそう喜びそうな気がするくらいに。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:17| Comment(2) | 旭川界隈

2012年09月20日

今日の岐登牛山

 くもりときどき晴れ。+18.6〜+24.4℃。


大雪山旭岳の麓に行こう

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 オオハンゴンソウの実をついばむハシブトガラ。支えているのか、引っかかっただけなのか、尾の使い方もなかなかのもの、かも。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 オオハンゴンソウで吸蜜するヒメウラナミジャノメ。まだ傷ついていない個体が残っている。どこかで惰眠を貪ってたんじゃないのか。まさか。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 事故に遭ったかのようなオオスズメバチが転がっていた。道の真中だったから、移動させようとしたら、ながーい棒で、ピクッとした。このブログ、生き物は扱うけれど、死に物は避けている、でもこれはまだ生き物。だいたい、こういった様子でないと、近くで見ることができないから、ざんないけれど、見ていただくことにした。
 大顎が左右でずれている。ぶつかったからか。しかし、これに咬まれると痛かろうなあ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 針は出ていない。後脚の先がこれまたきつそう。息を吹き返しそうになったら潰してやろうと思ったが、そのまま無害となってしまった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 こちらはまだ有害になるかも。ケブカスズメバチ。ササの上で寛いでる風。たまにはサボって。まさか。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 あの巣、展望閣の内側から眺めてみた。窓ガラスは汚れているし、逆光だし、怖いし、で、早々に逃げてきた。目撃されてるから要注意の札が下がっていた。巣がある、とは書けないものかなあ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ハラビロマキバサシガメ。オオハンゴンソウに来るムシを待ち伏せしている? (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 オオハンゴンソウの実を咥えて、飛び立つ寸前のハシブトガラ。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 19:12| Comment(0) | 岐登牛山

2012年09月19日

今日の岐登牛山

 くもりのちあめ。+20.7〜+28.1℃。

 3時くらいまではもつ、と勝手に決めて出かけたら、お昼直前、さあ帰ろうという段になって降りだした。で、帰路はずーっと雨の中。通り過ぎる車のほとんどはスピードを落とさない、水しぶきを豪快に跳ね上げながら。
 展望閣手前の道にあったケブカスズメバチの巣、引っ越したのか、駆除されたのか、居る気配がなくなっていた。これで一応一安心。展望閣付近には「目撃されているから注意して」との掲示あり。いつもすり抜けているところから軒を見上げると、じゃーん、あれは・・・。

大雪山旭岳の麓に行こう

 さすが最高峰、旭岳の頂上だけがガスの中。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ムクドリの群れ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 アキアカネ三重連 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ハシブトガラ、オオハンゴンソウを堪能する。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ツルリンドウ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 やあ、耳毛が伸びてきたね。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 2段めの軒先に何かある。(画像クリックで拡大)ケブカスズメバチだ。引越し先がここだったのかも。
 このすぐ上は展望所になっている。直接ドンドンという事でもないから大丈夫なんだろうか。中に入って確かめる有希(変換の第一候補はこれ、土屋ホームに内定したそうだ、ジャンプに打ち込めるといいね)じゃなくて勇気はないよ。
posted by take_it_easy at 18:34| Comment(2) | 岐登牛山

2012年09月18日

また白金硫黄沢方面へ

 はれ。下界では+16.8〜+32.7℃。

 朝晩の涼しさが救い。
 山も暑かった。ナキウサギは、冬への準備はそっちのけ、なんかだる〜い感じで寝そべっている。本当はどうだかわからないけど。いっぽう、下の方で見たエゾシマリスは、口にいっぱい頬張って、冬の準備に勤しんでいた。ヒガラは食べ続け、排泄し続け、身を軽くして、群れで移動。アキアカネはなにしてるんだか、ちょっと羨ましくもあり。

大雪山旭岳の麓に行こう

 オプタテシケに雲が湧く (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ナキウサギその1 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 アキアカネ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ナキウサギその1。上と同じヤツ、たぶん。困ったような顔をしてるけど、困ってなんかいない、たぶん。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ナキウサギその2。耳のキズに貫禄あり。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ナキウサギその3。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ダケカンバの葉にぶら下がって、なんかを漁るヒガラ。群れの中の1羽。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 しっぽを立てて走る。エゾシマリス (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 オオイタドリの種子を貪る。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:21| Comment(0) | 大雪山以外の山

2012年09月17日

今日の岐登牛山

 くもり。+17.8〜+26.3℃。

 キノコがいろいろ、たくさん出ている。白っぽいキノコにはサビハネカクシが張り付いている、ほんの一部にだけれども。張り付かれているキノコにはなぜかサビハネカクシによるとおもわれる食痕がない。

大雪山旭岳の麓に行こう

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ハシブトガラがオオハンゴンソウに群れていた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 メマツヨイグサにホソヒラタアブ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ヒメジョオンにキタヒメヒラタアブ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 どうやらキノコに来るムシを狙っているらしい。自分でキノコを食べるわけではないらしい。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 頂上と南端展望台への分岐にある倒木はまだあった。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:18| Comment(2) | 岐登牛山