2012年08月17日

クマゲラとナキウサギとのコラボは叶わず

 くもり。下界では+17.6〜+24.9℃。

 クマゲラの声が聞こえた。そのうち、近づいてきた、遠いけど。手前の地面のナキウサギと、とおくの樹上のクマゲラと、一緒に写せるチャンスはあるか、なんて思ってみたけど、あるわけがなかった。

大雪山旭岳の麓に行こう

 声なし (画像クリックで拡大) エゾリンドウ

大雪山旭岳の麓に行こう

 キョーン (画像クリックで拡大) クマゲラ

大雪山旭岳の麓に行こう

 キチッ (画像クリックで拡大) ナキウサギ成年

大雪山旭岳の麓に行こう

 キチッ (画像クリックで拡大) ナキウサギ若者

大雪山旭岳の麓に行こう

 あっかんべー (画像クリックで拡大) エゾシマリス

大雪山旭岳の麓に行こう

 いないいないばー (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 って、水を飲む。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 あっ (画像クリックで拡大) くわえていた葉を落とす

大雪山旭岳の麓に行こう

 チッ (画像クリックで拡大) ウグイス若者

大雪山旭岳の麓に行こう

 声なし (画像クリックで拡大) フタスジチョウとオオアワダチソウ
posted by take_it_easy at 20:14| Comment(0) | 大雪山以外の山

2012年08月16日

今日の岐登牛山

 あめのちくもり。+19.5〜+25.5℃。

 フランスで行われていたスキージャンプのグランプリシリーズ、女子では、日本の3選手がトップ10に入った。団体戦をやったらけっこういける。1位はなんとゼッケン1番のカナダの選手。FISの大会で実績のない選手。1本め1番目に飛んで、2本め最後に飛んだ。まだ16才、高梨沙羅と同い年。伊藤有希は18才、たしか。Sarah H.も冬のシーズンでは18才だった。岩渕香里が18か19、山田優梨菜が16、たしか。きのう2位に入ったIRASCHKOさんは31才、惜しくも2本めに進めなかった葛西賀子さんも31才、もうひと踏ん張り。なんか、どうでもいいようなことを書いてしまったな。
 その後行われた男子、清水礼留飛が優勝、渡瀬雄太が4位、鈴木 翔も12番にはいってる。

大雪山旭岳の麓に行こう

 このまま晴れ上がるのかと思ったら、ほぼこのままだった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ツルニンジン (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 オオシロエダシャク (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ネジバナ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 メドハギ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 展望閣へ。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 19:48| Comment(2) | 岐登牛山

2012年08月15日

今日の岐登牛山

 はれ。+12.1〜+28.2℃。

 FISサマーグランプリ第1戦がフランスで行われ、はじめての混合団体で伊藤有希+高梨沙羅+葛西紀明+渡瀬雄太が1位になったらしい。やったね。伊藤+高梨+葛西+渡瀬と書いたら女子団体か、とまちがいそう。それはどうでもよくて、きょう、日本時間21時から女子の個人戦が行われる予定になっている。さて、どんな選手が出てきて、どんな結果になるのだろうか。たのしみ。

大雪山旭岳の麓に行こう

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 アカゲラ若者は怖いもの知らず、レンズの目の前で寛ぐ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 お久しぶりのエゾリス、クルミを咥えて、どうするのかと見ていたら、少し離れて、埋めていた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ギンツバメ、ピクリともせず。帰りがけに見たら、同じ所でピクリともしなかった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 カラハナソウ♀ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ちらっと見えた赤いもの、何かと思えば虫えいだった。ナラハヒラタマルタマフシとかいうヤツ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 トノサマバッタ、タラノキの針を上手に避けてる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 アカクローバの花に変なムシ。5mmくらい。クロツヤオオメナガカメムシというらしい。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:00| Comment(0) | 岐登牛山

2012年08月14日

今日の岐登牛山

 はれ。+18.0〜+26.4℃。

 きょうもキャンプ場は大賑わい。昨日の大雨をやり過ごして、みなさん、開放感がいっぱい。
 小さな池のまわりでは、なん人もの子供たちが虫捕りあみを振り回してる。ムシたちの受難の日。どこで獲ったんだか、水を張った虫かごにドジョウが入っていた。大きなトンボを追いかけまわし、オニヤンマだー、っと大騒ぎ。(そういえば、家族旅行村のスタッフブログで、オオルリボシヤンマの画像への説明にオニヤンマがいるよ、とかなんとか記されていたな。)

大雪山旭岳の麓に行こう

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 メスグロヒョウモン♀ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 アカゲラの若者、富山神社神殿の壁にへばりついて、なにする気? (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ミカドフキバッタ♂、陣地取りをしているわけでもない? (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 左のクモの糸を引くと、ノブキの車がくるくる回る。暑いから、扇風機になった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 秋は駆け足で。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 コムラサキがイヌエンジュの樹液を舐める。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ツユクサ。この色合が大変に目立っている。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:07| Comment(2) | 岐登牛山

2012年08月13日

ナナカマドが咲いている

 あめ。+18.5〜+22.4℃。

 朝から降り続くのも珍しい。きょうは珍しい日だ。
 お隣との境目に生えてきたナナカマドがいまごろになって咲き出している。ふつうは初夏に咲くような気がするけど、どうだったかな。夏も過ぎ行こうとする今頃になって咲き出すのはわりと珍しいことかもしれない。このナナカマドにとっては、一生のうちで、はじめての開花だ。

大雪山旭岳の麓に行こう

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

  (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:34| Comment(2) | 東川歳時記

2012年08月12日

今日の岐登牛山

 はれ。+17.9〜+28.9℃。

 巷ではお盆休み、キャンプサイトは大賑わい。

大雪山旭岳の麓に行こう

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 エゾツユムシ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 スキー場の管理道路は頂上付近まで、このブタクサでびっしりと覆われている。この花粉が放たれ始めた。(画像クリックで転換) 

大雪山旭岳の麓に行こう

 ムラサキカメムシの親子、じゃなくて、兄弟。しかし、この時期、ムシの姿を撮ろうとすると、いつもオオハンゴンソウが下支え。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:32| Comment(0) | 岐登牛山

2012年08月11日

今日の岐登牛山

 くもりのちはれ。+20.4〜+27.2℃。

大雪山旭岳の麓に行こう

  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 いろいろといたはずのヒョウモンチョウが、いつの間にやらミドリヒョウモン一色に。そういえば、緑一色を一度してみたかったな。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 この虫食いの痕だけで、肌の色がこんなに変わるのだろうか。ニホンアマガエル、クマイザサで。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ホオジロはまだ子育て中? 奥の♂は、子ではないようで、♀のくわえるトンボには見向きもしなかった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 アリのような、キベリヘリカメムシ(幼虫)、クサフジで。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 キバネハサミムシ、たぶん。たぶん、羽化して間がないのだろう。オオハンゴンソウで。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 アリジゴクの団地 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 北端展望台からの展望はツタウルシ越し。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 19:49| Comment(2) | 岐登牛山