2012年04月25日

大岩の上を通って胡桃沢ヘ

 晴れのち快晴。(+6.6〜+22.7℃。欠測があったらしい)。

 大岩の上を通って松山林道に合流、胡桃沢を通って道道213号へ。真冬ならなんの心配もないから、と、来季に先延ばそうと思ってみたが、冬に分水嶺から降りる崖沿いの道は果たして通ることが出来るか、去年の夏には崩落で通行止めになってたことを思い出した、それに、来季なんてないかもしれないし(誰でもおなじだけれど)、で、行ってきた。「山の神様」のところまで来ると、もうこっちのもの、この緊張感は貴ン重、ホッ。

大雪山旭岳の麓に行こう

 忠別大橋から。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 大岩川のミズバショウと、アオジ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 切り口の直径1500mmはありそう。けっこう高い位置で伐採したんだな。平らな尾根で。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 雪が消えると何が出てくるんだろう。平らな尾根で。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 平らな尾根の突き当たり、ここで大岩は終わり。右に90度曲がって行く。下に道道213号と忠別川と。この先、天人峡。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 件の通行止めだったところ。通行しないほうがよさそうだけど、さて。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 崖の道を通り過ぎたところで、頭上から小石がパラパラ、ドキッとした。バタバタバタと飛び上がったのがコイツ。コイツなら怖くない。エゾライチョウ♀。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 こちらは♂。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 「森の神様」、たしか推定樹齢900年。900年前には、やっと発芽して、890年ほど前にはまだ若木だったんだな、悠久の時の中ではほんのいっとき、なんて愚にもつかぬ事を思いながら、雪の上をチンタラチンタラ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 アオジがあちこちに。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:47| Comment(2) | 東川近郊の低山