2012年04月16日

今日の岐登牛山

 ほぼ晴れ。−1.3〜+11.3℃。

 ここ数日で、雪融けがすすんだ。カタクリの群生地では、とんがった葉先が針の山のように突きだしている。数日前ならどこでも歩けたのが、きょうはどこも歩けそうになかった。

大雪山旭岳の麓に行こう

 林間キャンプ場はこのとおり。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ナニワズサイタ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 あっ、ほんとだっ! って言ってれば面白い、こともないか。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 頭上に♂がいて、啼いていた。あっちの方で、同じような声で応えるヤツがいた。これがその♀。怒髪天を衝く状態。いつもなら、♂が目立って、危険のタネを引きつけるだけで、啼かないのに、どうして? (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 冬を越す蝶、体に毛がびっしり、ビミョーに暖かい? エルタテハ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 どっちがびっくりした、どっちもしなかった。おたがい、知らんぷり。エゾシマリスとヤマガラと。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 痒いのか、匂いづけなのか。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 カワラヒワが獣医獣医獣医と啼いていた。ホオジロ♀のどこかが悪いのか。ぜんぜんちがった、仲がいいというわけでもないようで。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ノスリ (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:23| Comment(0) | 岐登牛山

2012年04月15日

三角点日暮山経由で岩山へ

 快晴。−3.0〜+11.4℃。

 ついこのあいだ(4月10日)、岩山に行った時、うっかり忘れて省略してしまった四等三角点日暮山を経由して岩山に行った。日暮山って「ひぐれやま」? 「ひぐらしやま」? 標高567.9m、惜しい、なにがって、岐登牛山の標高は456.5m、+111.1じゃなく、+111.4。

大雪山旭岳の麓に行こう

 日暮山に向かう尾根はわりかし見晴らしが良い。途中の凸で。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 なんかを咥えてもじもじしているキバシリを見た。少しずつ近づいてきた。なんか、意を決して、わたしから5mほど離れた木にきて、穴に入った。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 すぐに出てきて、すぐに飛んでいった。咥えていたなんかはなかった。なんか邪魔していたようだ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 三角点日暮山頂上付近、積雪は浅くなっていて、スノーシューもズボッ。木の根元は開いて、フッキソウが青々。シカは食べないのだろうか。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 岩山へのなだらかな稜線上。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 若い牡鹿。ヤツは単独行動のようだった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 このコゲラはオスメス不明。下りの尾根上で。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 19:53| Comment(0) | 東川近郊の低山

2012年04月14日

今日の岐登牛山

 快晴。−3.2〜+10.5℃。

 地肌がドンドンと広がる。スノーシューを脱いだり履いたり。真夏のかき氷のような雪面。トッピングは黒みつ。

大雪山旭岳の麓に行こう

 咲いてる株があった、ほとんどはまだ萌芽もしていないが、エゾエンゴサク。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 水辺では満開状態、ツルネコノメソウ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 この♂、出会えたかな、相方と。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 そうそう、この先にもう1頭。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 越冬蝶三羽烏その1、クジャクチョウ。飛んでるのを見かけると、ミソサザイと間違えそう。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 左官屋さん開業か、土を集めてる。ゴジュウカラ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 南端展望台から。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 越冬蝶三羽烏その2、エルタテハ。この種がいちばん目についた、数が多いから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 越冬蝶三羽烏その3(順番はこのば限りです)、ヒオドシチョウ、これで普通に飛んでるように見えるように飛んでるからすごい。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 19:25| Comment(0) | 岐登牛山

2012年04月13日

残雪嵐山

 くもり、小雨交じり。+1.4〜+7.5℃。

 用のついでに嵐山。さすが、人口密度が高いのか、夏道コースはしっかり踏み固められ、ツボ足で悠々。

大雪山旭岳の麓に行こう

 分厚く雪は残っているが、ところどころ見所は雪を撥ねて融雪促進しているようだ。産卵場所の池だとか、・・・だとか、ここもそう。で、ザゼンソウが咲いてるというか、まだというか、そんな感じになっている。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 エゾシカはここでも採餌、このオヒョウ(小さな白いラベルにそう書いてあった)、古傷の周りを縁取るように食べている。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 途中にあった地図。冬仕様のような色合い。サイクリングロードのほうには行かないでね、の案内。ところで、まんなかほどの、「P」ってなんの印なんだろうか。なんかのpoint? (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 石狩川の向こうに岐登牛山。嵐山展望台から旭川市街方面。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 19:43| Comment(4) | 東川近郊の低山

2012年04月12日

今日の岐登牛山

 快晴。−2.1〜+8.1℃。

 雪融けが進む、グイグイと。
 ツボ足で歩いたら、潜らないのは、冬中、スノーシューで踏み固められた夏道沿いの狭い範囲だけ。ほんの少し踏み外すだけで、ズボッ、と、ズボンの裾が濡れる。スノーシューを担いでいけばよかったな。 この冬、歩きまわったつもりでいるけれど、雪の上、傾斜のあるところばかり。アスファルトの平らなところは、スーパーの駐車場くらい。 使う筋肉が違うのか、使えば使うだけ減っていくのか、すこし、脚がくたびれた。

大雪山旭岳の麓に行こう

 畦の地肌が見えてきた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 路上で暖を摂るエルタテハ。タテハの越冬御三家?を見た。 (画像クリックで転換)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ヤマザクラの植樹地はまだツボで歩くには雪深い。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 アカゲラ♀ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 シジュウカラ♂ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 マダラナガカメムシ、暖かさにつられて這い出てくるところ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 展望閣前広場で一株一輪咲いていた。フクジュソウ。ここにあるとは気づかなかったな。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 車道を下りた。見上げる、南端展望台を。 (画像クリックで拡大)
 
 
付録

大雪山旭岳の麓に行こう

 帰途、タヌキのようなケモノが雪融けの水を舐め続けていた。よく見ると、なんだか不調の様子。よくぞ冬を越したね、という感じ。車にはねられたのかと思ったが、そうではなさそう。 (画像をクリックするなら覚悟をしてどうぞ。) 山中で会った肩を痛めていた人がみたというのもこの個体かな。
posted by take_it_easy at 20:05| Comment(0) | 岐登牛山

2012年04月11日

今日の岐登牛山

 くもりのちあめ。+6.4〜+13.5℃。

 暑い。雪融けが進む。

大雪山旭岳の麓に行こう

 蕾をつけ始めているカタクリがあった。さあ、いつ咲く? (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 けっして生き心地がいいようにはみえないけど、真夏にアスファルトに出てくるよりはましかも。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 いいとこ撮れたとおもったんだけど。ヤマガラ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ちょっと離れて、自己主張。シジュウカラ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 林間キャンプ場入口近くで咲き出したフクジュソウ。去年だったかおととしだったか、公園管理者がどこからか採ってきて移植した株。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:24| Comment(0) | 岐登牛山

2012年04月10日

岩山、忠別湖左岸の

 くもりのちはれ。−2.4〜+9.3℃。

 忠別湖左岸でいちばんかっこいい岩山(標高650m+α)へ。雪融けが遅いから、コースは取り放題。悩まなくてもいいように、頂上付近に突き上げる(とは大げさな)尾根を曲がりまっすぐに登った。エゾシカの足跡がいっぱい。なんとなく、冬眠明けのヒグマがいそうでちょっとワクワク、足跡もなかったけど。

大雪山旭岳の麓に行こう

 上忠別橋(忠別湖の水口にかかる)から。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 頂上を過ぎた標高650m地点から上忠別橋方面を。展望はこちら方面がやっと。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 そこが頂上。頂上一帯はでっかいおまんじゅうの上っ面のような緩やか斜面。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 湖側は急峻。そこにエゾシカの1群。わたしに気づいて逃げる♀、こっちこっちといっているような♂。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ♀が逃げてしまうまで、ずっとコチラの様子をうかがっている♂。ほんとうは、横の樹皮に未練があるのかも。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 標高650m地点にシンボルツリーのように立っている大木(巨木ではなくて)。アサダかもしれない。頂上はここより少し高い。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 その向こう側で、エゾシカの別の1群が走り去った。気づいたのは走り去った後ろ姿がチラッと見えた時。♂の角が見え残った。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 そっと近づいてみると、こちらを見ていた。三叉四尖(というらしい)の立派なツノ、まだ短かめかも。かじってたらしい樹皮に未練があるのかも。でも、結局は群れを追いかけていった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 キバシリとツルアジサイと(アカ?)エゾマツと。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 だいぶ下りてきて、ダム堤体のコンクリート部分が見えた。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:44| Comment(0) | 東川近郊の低山