2012年03月12日

今日の岐登牛山

 高曇りのち晴れ。−13.8〜−1.5℃。

 スキー場の営業は昨日まで。
 頭上でアカゲラのけたたましい鳴き声、おっかなびっくりの♂に対して、激しく突っかかる♀。

大雪山旭岳の麓に行こう

 左が♀、♂は右。エサをねだってるわけじゃないようで。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 腰が引ける♂。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 と、突然(のように見えた)、♀が♂の喉元を突き、引っ掻いた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ♀は執拗。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 参った? 参りました、女王様。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ♀は飛んでいき、♂は女々しく。かどうかはさっぱりわからぬ。ほんとのところは、これでうまくいってるんでしょう、きっと。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 雪融けの早い所では、フキノトウが準備OK。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 オオダイコンソウ(じゃないかもしれない)も、いまにも立ち上がりそう。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 十勝岳連峰方面。南端展望台から。旭岳方面は木立の陰。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 頂上。右手、遠方に、黒岩山の412m峰。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 でっかいクモ。体長12mmくらいあった。たくさんいるのは、体長5mmほど。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:20| Comment(0) | 岐登牛山

2012年03月11日

好天の旭山

 霧のち快晴。−14.8〜−0.4℃。

 動物園駐車場から三角点旭山を往復。フクロウを見たいと思ったが、きのうはいたけど、カラスに嫌がらせを受けて、今日はいない、とのことだった、ザンネン。

大雪山旭岳の麓に行こう

 出掛け、霧が晴れてきた。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 巣材をくわえて巣の中へ、しばらくして手ぶら(口ぶら)で出てきて、寛ぐかまえ。モモンガみたい、いや、モモンガが真似しとる。巣は、右下の、ツルアジサイに引っかかってる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 頭上の凶器。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 口を開けて、これは食べ物であろうか? オオアカゲラ♂。(画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 口を開けて、喧嘩を売ってるつもり、じゃないんだろうけど。少し距離をおいて、まとわりつくように、気を引く。シジュウカラ♂ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 膨らんで、大きく見えて、あんたは一体何者? ツルマサキのツルで、ヤマガラ。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:43| Comment(0) | 東川近郊の低山

2012年03月10日

今日の岐登牛山

 晴れのち快晴。−14.6〜−0.5℃。

 スノーシューを履いてると、ほとんど潜らず、快調。南端展望台にむかう南斜面で、アカゲラの対が騒ぎ立てもせず、行ったりきたり、どうも、ニンゲンとは逆に、♀がじらせて、♂が♀を追いかけるらしい。あれっ、ちがった? で、しばらく興味津々で眺めていたら、すっかり時間をくってしまった。

大雪山旭岳の麓に行こう

 エゾリスがカラマツの実を食べるようになってきた。いよいよ食料が尽きてきたか、なんとなくカラマツが救荒作物に見えてくる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ツルアジサイ。(2月16日付けの記事で、誤認を犯してしまった。あそこにあるのは、ツルアジサイじゃなくてイワガラミ(たぶん)です。) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ツタウルシ、たぶん。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 狙って撮って、この為体。見えてる時にシャッターを切るから失敗する、枝に隠れてる時にしなくっちゃ、と、気づく、今さらながら。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 上に♂か♀か、たぶん♂。下に♀か♂か、たぶん♀。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 白無垢。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 南端展望台から。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 やっぱり岐登牛山には♀しかいない、わけもないのに。コゲラの♂か♀か。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:27| Comment(0) | 岐登牛山

2012年03月09日

旭岳天女が原

 晴れのち快晴のちくもり。−9.8〜−1.1℃。

 スキーコースを外れると、柔らかく深い新雪。すこしだけ湿り気を含んで、板にへばりついてくる一歩手前の感じ。へばりついてはこないから、いい感じ。調子をこいて、コース外を登ったから、天女が原を過ぎる辺りで、日和見気分が台頭してきた。

大雪山旭岳の麓に行こう

 旭岳温泉への途中、道路脇の林の急斜面に1群のエゾシカ。じっと見るヤツ・・・ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 逃げるヤツ。全身、躍動させて、なんとか前進。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 天女が原では、ヒガラが木のてっぺんで啼く。「スズ・ショー、スズ・ショー、スズ・ショー」ってききなしてみようと思ったけど、やはり「スミ・ジョー、スミ・ジョー、スミ・ジョー」って聞こえた。そのヒガラが、3羽縦隊で、樹間を飛び回っていた。しかし見事な急降下、急旋回。なんぼさがしても、ここには1羽しか写ってないよ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 3羽いっしょに、と狙ってみたが、なぜか2羽しか写らない。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ギンザンマシコ?も鳴いていた。すぐに飛んでいったけど。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 噴気が濃かった。盤の沢の稜線に、スキーヤーがちらほら。斜面はけっこう雪崩てる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 忠別川、化雲沢方面 (画像クリックで拡大)
 
 
今日、未明の伊東大貴の2本目。141m(HS=131)。WCでのバッケンレコードだそうな。

 
 
追記
 先程行われたスキージャンプ女子ワールドカップ、我らが高梨沙羅がまたまた2位。2本目、ぶっちぎりの飛距離だったが、またまた飛型点(着地での減点)の差を埋められず、Sarah H. の後塵を拝することになった。我らが伊藤有希は9位。これも立派なものだ。この大会が、たぶん、第1回女子WCの最終戦。よく頑張ったね。そうそう、葛西賀子さんも念願の世界大会出場がかなって、WCポイントも獲得し、国内大会でも優勝し、なんか、いいシーズンだった。引退はなし、だね。
posted by take_it_easy at 19:26| Comment(0) | 大雪山

2012年03月08日

今日の岐登牛山

 ほぼはれ。−7.9〜+0.5℃。

 追記
 9日の未明、ノルウェーのフライターク(HS131)で行われたスキージャンプWC第29戦で、我らが伊東大貴が、2本ともHSをはるかに超えて優勝したらしい、前戦から2連勝、今期4勝目、総合で4位に浮上。今期で引退するらしいシモン・アマンが3位に入ってる。

 雪は湿って重くて、ズボッといくと、脚を抜くのが大変。たまにだけれど、スノーシューがはまり込むのだから。

大雪山旭岳の麓に行こう

 シマエナガは近づいてくれる。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 カワラヒワが戻っているらしい。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 エゾヤマハギの果実に結氷。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 一足先にコブシが開花。まさか。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 チョウセンヤマナラシというのだと思っていたが、樹名板にはエゾヤマナラシとある。図鑑を開いてみたら、こんがらかった。「岐登牛山彩々」の植物→チョウセンヤマナラシの項に羅列してみましたよ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 南端展望台から。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 コゲラの頭を狙ってたら、こっちに向かってきた。ピンぼけ。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:46| Comment(0) | 岐登牛山

2012年03月07日

ベタベタの雪が降り続く

 ゆき。−1.7(最新の18時)〜+0.2℃。

 ベタベタの雪が降り続いた。朝方の降雪で、しっかりとしごかれた、除雪を。午前中、アメダス東川の風向風速データは欠測。

大雪山旭岳の麓に行こう

 岐登牛山は見えなかった。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:41| Comment(0) | 東川歳時記

2012年03月06日

今日の岐登牛山

 はれ。−3.0〜+2.2℃(最新18時)。まだ上がるのかな。

 アメダスの数値よりずっと高いと体感した。深夜に積もった新雪はベタ雪。スノーシューの底にベタベタくっついてきて、歩きにくくて歩きにくくて、不親切な新雪だ。

大雪山旭岳の麓に行こう

 エゾリスが2頭、互いの気配を探ってる。1頭はあっちへ行った。のこった1頭は (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 なんか変な顔をしている。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 尾を齧り、 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 脇腹を掻き、 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 もっと掻き、 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 すっきりしたのか、不意に飛んでいってしまった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 稲積ピークから。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ウスタビガのマユ(抜け殻)が、ヤチダモの枝にぶら下がる。元々はどんなふうにぶら下がっていたんだろうか。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 難しい顔をして、不意に飛んでいった。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:47| Comment(2) | 岐登牛山