2011年12月18日

第26回吉田杯ジャンプ大会(3/3)

 第26回吉田杯ジャンプ大会(つづき)
 公式リザルトは名寄地方スキー連盟のHPでどうぞ。

大雪山旭岳の麓に行こう

 戦い済んで日はまだ暮れない。(画像クリックで拡大)

 女子の部は小中高生が上位を占拠、彼女たちの、これからライバルになっていく選手たち数名を列挙。人選の基準は、ただ、失礼にならない程度の画像がある、ということだけです。

大雪山旭岳の麓に行こう

 岩佐明香(札幌ジャンプ少年団(札幌藤野中) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 勢藤優花(上川中) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 丸山 純(飯山高校) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 小林諭果(岩手盛岡中央高) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 澤谷夏花(札幌大学) 出てきてほしいな、と。2009ユニバーシアードで、堂々銀メダル。(画像クリックで拡大)

 男子の部はベテラン勢が幅をきかせている、風穴を、あるいは将来のベテランに。

大雪山旭岳の麓に行こう

 伊藤将光(下川中) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 佐藤慧一(下川ジャンプ少年団、下川中) (画像クリックで拡大)

 大ベテラン頑張る

大雪山旭岳の麓に行こう

 高橋竜二(トヨタ自動車北海道) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 高柳太郎(日本空調サービス) きのう5位と、久々の入賞、が、きょうは1本目、風に煽られたか、泳いでしまって、2本目に進めず。転倒しないのはさすが。 (画像クリックで拡大)

 さいごに

大雪山旭岳の麓に行こう

 男子の部優勝者(鈴木 翔)が報道機関のインタビューを受ける。思い巡るのは何? (画像クリックで拡大)

(おしまい)
posted by take_it_easy at 22:22| Comment(2) | スキージャンプ

第26回吉田杯ジャンプ大会(2/3)

 第26回吉田杯ジャンプ大会(つづき)

大雪山旭岳の麓に行こう

 (画像クリックで拡大)

 男子の部 公式リザルトは名寄地方スキー連盟のHPでどうぞ。

大雪山旭岳の麓に行こう

 1位は待望のヤツがやっときた。同点2位はともにそこそこベテラン。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 1位 鈴木 翔(旭川大) きのうは2位。中学生の頃から嘱望され続けてきたのだ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 同点2位 山田大禧(長野市スキークラブ) きのうは1本目で最長不倒だったけれども、けっきょく9位。一皮むけたのかもしれない。どんな皮かは不明だけれど。(画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 同点2位 遠藤秀治(清光社スキークラブ) 1本目に最長不倒。昨シーズンは落ちていたが復活か。それにしても、なんでこんなに人気があるのだろうか。明るい。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 同点4位 伊藤謙司郎(雪印メグミルク) 一時の低迷から抜け出せてきたのだろうか。(画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 同点4位 吉岡和也(土屋ホーム) (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 6位 細山周作(雪印メグミルク) (画像クリックで拡大)
 7位 岡部孝信(雪印メグミルク)、8位に東 輝(日本空調サービス)、13位に船木和喜(FIT SKI)と、かなりベテランが入った。もっとやれる感触をつかんだとおもう、この2日間で。

大雪山旭岳の麓に行こう

 きょうもノイズチームあり。うしろの川はピヤシリ川。(画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 21:52| Comment(0) | スキージャンプ

第26回吉田杯ジャンプ大会(1/3)

 名寄では、ゆきのちくもり一時はれ。−9.6〜−5.4 ℃。(東川では−9.0〜−6.2 ℃)

 名寄ピヤシリシャンツェ(HS.100)で第26回吉田杯ジャンプ大会があった。予報通りじゃなく、天気はわりと穏やかで、ほぼ順調に試合は進行した。

大雪山旭岳の麓に行こう

 (画像クリックで拡大)

 女子の部 公式リザルトは名寄地方スキー連盟のHPでどうぞ。

大雪山旭岳の麓に行こう

 きのうもきょうも、中高生が表彰台を占拠している。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 1位 高梨沙羅(上川中) きのうと連勝。最長不倒も連日。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 2位 山田優梨菜(長野小谷中) きのうは3位 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 3位 岩渕香里(長野飯山高) きのうは同点4位 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 4位 葛西賀子(日本空調サービス) 最年長主婦ジャンパーがここにいるだけですごい。ワールドカップに行ってほしいなあ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 5位 伊藤有希(下川商業高) きのうは2位だった。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 6位 渡瀬あゆみ(神戸神奈川アイクリニック) きのうは4位 (画像クリックで拡大)
 7位に田中温子(北翔大)、以上7人の顔ぶれは同じ。今シーズンはこの選手たちが中心になるのだろうか、それとも、さらに楽しみが増えるのだろうか。

大雪山旭岳の麓に行こう

 ブレーキングトラックの下に流れるピヤシリ川(天塩川の支流、名寄市外の北部で合流) (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 21:22| Comment(0) | スキージャンプ