2011年09月23日

今日の岐登牛山

 くもり。+8.7〜+15.0℃。

 虫の声はか細くなり、きのこはいろいろ。


 エゾトリカブト

大雪山旭岳の麓に行こう

 アオダイショウのコッコ(幼蛇)、体長30cmほど。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 カメノコテントウの普通のヤツと黒いヤツ。黒いヤツを狙ってる人もいるようだけど、見逃してやってね。 (画像クリックで拡大)


 稲刈りはだいぶ終わった。


 異様に大きなミカドフキバッタ。40mmはあった。後脚を上げているのはなんのつもり?


 セグロベニモンツノカメムシというのかと思ったら、よく似たヤツ(ちょっとだけ違うヤツ)がいろいろいるらしい。分けなくてもいいんじゃないの、と、いつも感じる。なんと名付けられてるのか、残念ながら判明せず。岐登牛山で見かけたムシに、勝手に名前を当てはめているが、真面目にやれば、けっこう危ないことをしているかもしれない。改めて、信用なさらぬがよろしいかと存じまする。間違いないことは、この個体がここにいて、生きていた、ということだけです。


 オオヨコバイということに。


 エンマコオロギかエゾエンマコオロギか、はたまた・・・。鳴いていなかったから余計に不明。顔を見れば判るかとも思ったが、残念、ワラクズがじゃまになっただけではなく。
posted by take_it_easy at 18:41| Comment(0) | 岐登牛山

2011年09月22日

旭岳初冠雪

 くもり。+9.7〜+14.2℃。

 旭岳が冠雪した、と、旭川地方気象台が発表した。旭岳の初冠雪は、昨年並み、平年より3日早いのだそうな。
 昼前、山を見やると厚い雲の中、我が家からは確認できなかった。我が家観測の初冠雪はお預けだ、と思っていたら、夕方になって、旭岳だけが姿をあらわした。白い。

大雪山旭岳の麓に行こう

 町外れから。16時過ぎころ。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 東神橋から。16時半ころ (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 17:16| Comment(0) | 東川歳時記

2011年09月21日

今日の岐登牛山

 くもり。+7.0〜+13.6℃。

 空気はひんやり、秋の気配が濃厚、緑はまだ深いけれども。


 東川市街からは岐登牛山が見えない。稲積ピークから。


 ウシハコベ。


 ナギナタコウジュ。


 サラシナショウマ、クチナガガガンボと。


 今日も同じポーズ。かなり緊張のご様子だった。エゾライチョウ。


 稲積ピークのてっぺんを見上げると、いた。ミヤマカケス。


 チャイロスズメバチ。攻撃性は強いのだとか、要注意。


 オヒョウの幹で、ツノアオカメムシとザトウムシの一種がにらめっこ、ツルアジサイが軍配をもって、ハッケヨイ。実際は、ぜんぶ、静止。気温が低くて、動きが鈍い。
posted by take_it_easy at 21:05| Comment(0) | 未分類

2011年09月20日

黒岳〜緑岳、ヒグマ見物

 はれ。+7.4〜+17.7℃(東川)。

 黒岳から小泉岳経由で緑岳を通ってきた。下界の気温ほどには寒さを感じず。紅葉は、ことしもどうも鮮やかさに欠ける。ウラジロナナカマドは赤くなる前に霜にあたったようだ。ダケカンバはまだ緑。全面に陽が当たれば、もっと明るく感じるのだろうけれど、きょうは 雲が多かった。登山道脇には霜柱が立っていた。動物たちも、それぞれの季節の移ろいを生きている。

大雪山旭岳の麓に行こう

 黒岳東面の様子 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 一番きれいだったイワオトギリ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 黒岳西面にいたホシガラス (画像クリックで場面転換)、地面近くのなんかのタネを探してた。

大雪山旭岳の麓に行こう

 なんか食べてるナキウサギ、黒岳西面で。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ミヤマイ?になりきる?ダイセツタカネフキバッタ。赤くなりきれないチングルマ、茶色くなりきれないミヤマイ? 赤石川畔で。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 何かが気になるらしいエゾシマリス、白雲岳で。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 柴山方面の様子、緑岳中腹から。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 二度あることは・・・、三度目の・・・、ことし三度目のヒグマ目撃。前2回は、ヒグマの方でもわたしに気づいていたから、遭遇、出会し、と言えるが、今回は、ただこちらが見物しただけ。余裕余裕。エイコの沢を挟んで。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ミヤマリンドウ 緑岳第二花園で。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 22:39| Comment(4) | 大雪山

2011年09月19日

また、白金硫黄沢から望岳台遊歩道まで

 くもり。+9.5〜+15.0℃(東川市街)。

 朝は高曇り。出だしではちょっと涼しい感じではあったけど、歩き始めると、程良く温まった。真夏と同じ装束、だけれども、ランチスペースに落ち着くと、さすがに汗が冷えてきて、フリースを引っ張り出した。

大雪山旭岳の麓に行こう

 このあたりも、紅葉はもう少し先かな。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 オオアワダチソウも花期は過ぎて、ブチヒゲカメムシが近寄る季節に入ったな。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 キツネノチャブクロ?  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 きょうは大安、お日柄もよろしいようで。ねっ、ヒガラさん。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 近くを通るとくしゃみが出そう、出そうなだけだけど。ハナヒリノキがいっぱいあって、いっぱい実をつけている。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 わたしはいつものランチテーブルで。このナキウサギは立食、あちこちで。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 北海道防災ヘリの「はまなす2号」 たぶん、が山肌を舐めるようにゆっくりと飛び回っていた。左右の引き戸は全開、白いヘルメットを被った乗員数名の姿が見えた。(画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 吾輩はアル・カポネである。左前脚をケガして不自由しているのである。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 左前脚が痛そう。動きは素早く、不自由しているふうでもないけれど。野生動物は本心はどうだかわからないけど、傷みとか怪我とかはあまり気にしないような感じ、いちいち気にしてたら生きて行けないかもしれないな。 (画像クリックで拡大)


 上のナキウサギが、食事を終えて、穴に戻る、一鳴きして、素早く。カメラのシャッター音が降り注ぐ。(音もぜひ)
posted by take_it_easy at 20:48| Comment(2) | 大雪山以外の山

2011年09月18日

すっかりご無沙汰

 あめ。+13.2〜+15.6℃。沈殿。

 たしか、札幌の門田か仙台の山内か、これがピッケルの両雄だった。このピッケルは門田の秀岳荘専科。
 油がのっていたころ(メタボのころ?)、スキーの練習をしなくっちゃ、冬はどこでもスキー、スキーで行けるとこしか行かない、と決めた。それ以来、すっかりご無沙汰。シャフトにも油を塗ってなかったなあ。



posted by take_it_easy at 19:30| Comment(0) | 東川歳時記

2011年09月17日

今日の岐登牛山

 くもりときどきあめ。+18.2〜+23.8℃。


 厚い雲


 ハラビロマキバサシガメとオオハンゴンソウと。


 後触角がなんだかすごく長いように見える。

大雪山旭岳の麓に行こう

 おおきな石の上に何かがいる。 (画像クリックで画面転換) ゴマフカミキリのようだった。


 雨に濡れたアスファルトの上を素早く走る。が、ときどき止まることがある。セアカオサムシ。
posted by take_it_easy at 18:29| Comment(0) | 岐登牛山