2011年08月18日

今日の岐登牛山

 くもりのちはれ。+16.9〜+28.4℃。

 シマリスを撮りに来ていた人は、樹の幹の小さなウロから顔を出しているところを激写なさったとか、たいそうお喜びだった。私が通り過ぎたときには、すでにそこを離れてどこかあっちの方へ行ってしまっていた。
 冬に、度々お会いしていた旭川市内から来られていたご夫婦、しばらくお見えにならないから、夏山シーズンを堪能なさっているのだろう、とおもっていた。久しぶりにお会いできた。春先、ご主人が入院なさって、やっと、出歩けるようになってきた、手始めにきてみた、とか。よかった、ゆっくりリハビリを。


 ブリキのおもちゃのようなキバラヘリカメムシ幼虫。お尻の穴からプスッと何かが出てきそうで、思わず顔を背けてしまう。オオツリバナの実から吸汁してる。


 いつでもあって、たくさんあって、つい撮り忘れてる、ゲンノショウコ。


 イチイで休息? マエアカスカシノメイガ。


 オオチドメと黄色いナガメと。


 晴れてきた。稲積神社神殿跡小ピークから。


 頂上分岐に向かう道。


 ウシタキソウ。


 ナガボノシロワレモコウとゴマシジミ♀


 ユウゼンギクが咲き出している。


 ウラギンスジヒョウモン、レンゲツツジで。
posted by take_it_easy at 21:05| Comment(6) | 岐登牛山

2011年08月17日

今日の岐登牛山

 くもり。のち晴れ。+17.2〜+29.2℃。午後になって、日差しが強くなってきた。


 鯉の池のナントカアメンボ。求愛はさざなみを立てて、だそうだけど。


 なにしてんのーってのぞき込んでるような。オツネントンボ


 もはやアキノキリンソウが咲く季節。


 エゾヤマハギとエゾスジグロシロチョウ。


 初見のクロモンアオシャク。横幅10mmちょっと。

大雪山旭岳の麓に行こう

 親子連れのエゾリスに遭遇。子供はすくなくとも2頭いた。この子供、毛色が薄い。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 なんか、ひそひそ話をしているような。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 毛色の薄い子供 (画像クリックで拡大)


 エゾゼミ。南端展望台で。


 ツノアオカメムシ。口吻を樹皮に突き刺してる。南端展望台で。

大雪山旭岳の麓に行こう

 体長(鼻面から尻尾の先まで)は10cmほどの、まだ幼蜥蜴のようだけど、貫禄は大人のもの。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 21:18| Comment(2) | 岐登牛山

2011年08月16日

10年前の旭岳石室

 あめ。+17.7〜+21.4℃。

 ほぼ雨。すこし肌寒い感じもする。
 きょうは全休、市街から見る岐登牛山は上半分が雲の中。大雪連峰のほうが上まで見渡せる時間帯があった。ただし、四六時中眺めていたわけではないから。全休したから、新鮮なネタがない、で、10年前の今頃は何をしていたんだろうか、と思い返してみたら、やっぱり大雪山に登ってた。旭岳の石室が改築中だった。


 20010814
posted by take_it_easy at 20:58| Comment(0) | 大雪山

2011年08月15日

今日の岐登牛山

曇りのち雨のち強雨。+20.1〜+28.2℃。蒸す。

キャンプサイトにはたくさんのテント。乾いたかな。


 ひとかたまりのネジバナ。右巻き・左巻き、上から見ても下から見ても、はともかくも、この分かれ目はどこに。


 新成虫闊歩す。キバラヘリカメムシ 

大雪山旭岳の麓に行こう

 産卵適地を探してホバリング。飛翔写真撮影のチャンス。オオルリボシヤンマ♀。  (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 産卵中 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 ホバリング中の♀を警護?してホバリングする♂。飛翔写真撮影のチャンス。 (画像クリックで拡大)


 まもなく降ってくる。
 

 咲きだした、オオアワダチソウが。


 オオハンゴンソウとツノカメムシ。


 展望閣土台で探し物? ケブカ(キイロ)スズメバチ。なんか、よたってたな。


 ♂を誘惑する♀。♀に惹かれる♂ 産卵したいんだから、邪魔! かもしれない。ミドリヒョウモン。
posted by take_it_easy at 20:18| Comment(2) | 岐登牛山

2011年08月14日

今日の岐登牛山

 曇りのち雨のち強雨。+18.1〜+28.7℃くらい。

 北端展望台から頂上に向かうところで降りだした。ちょっと早いぞ、慌てて降りてきた。


 大雪山にも雲がかかり始める。お昼ころ。


 この2頭でもみ合っていたから、メスグロヒョウモンか、と思ったが、ちがった。ジャノメチョウとミドリヒョウモン、♂同士。

大雪山旭岳の麓に行こう

 この若者、なんとなく♂のような気がする。そのうち赤いところを見せてくれそうな気も。コゲラ (画像クリックで拡大)


 懸垂でもしているのか、頭がないから死体かとおもったら、生きていた。セグロシャチホコというらしい、♂。


 行儀よく?


 つぼみのオオハンゴンソウとムラサキカメムシと。
posted by take_it_easy at 20:07| Comment(0) | 岐登牛山

2011年08月13日

裾合平〜北鎮岳〜当麻乗越

全道的に晴れ。アメダス東川の観測値は+13.2〜+34.4℃(今夏最高)

姿見から裾合平〜北鎮岳〜当麻乗越と回ってきた。山上では、朝のうちは風が強くて、少し寒いくらい。午後には、暑さを感じた。ピウケナイの渡渉点では、飛び石伝いには自信が持てず、裸足になって渡ってきた。せいぜい膝まで。が、ちべたかった。クールダウン効果以前に、筋肉が痙攣をおこしそうだった。


 御田の原にエゾシカ。


 

 ホシガラス


 あの稜線を歩くつもり。


 北鎮岳から。


 2頭見た。自分から来たんだろうか。アオクチブトカメムシ


 どこで啼いてるのか、やっと見つけた。チングルマとツガザクラとの海を漂うかのような、コエゾゼミ。


 あそこを歩くつもりの稜線、当麻岳の。


 一番目立った花。植物というより、花、と呼んだほうが似つかわしいような。エゾツツジ。


 道にヒグマのうんち。安足間岳方面を振り返って。


 コヒオドシがたくさん。


 エルタテハも混じってた。
posted by take_it_easy at 22:29| Comment(2) | 大雪山

2011年08月12日

今日の岐登牛山

 あめのちくもりのちはれ。maxは+28.6℃。

 お盆休み前の週末、芝生のキャンプサイトにはたくさんのテント。林間はわずかに一張り、この住人は長居、アリスイの子育ての頃にはもう滞在していたから。なんか、ちょっと、うらやましくもあり。


 林間キャンプサイトから芝生サイトを見る。今夜はきっと賑わっているんだろうな。


 サイトはずれにあるオオツリバナ、葉はかなり蚕食された。


 そこには、キバラヘリカメムシの大群。成虫と成虫になりたてと幼虫と。でも、蚕食の主は右上にいる毛虫のようなヤツ。


 オニグルミには、なんとかカメムシの幼虫。


 地面にはマダラナガカメムシの幼虫。


 雲は厚い。


 きょうはカメムシの幼虫シリーズかな、とおもっていると、あしもとにおおきなコウチュウ、ノコギリカミキリの♂。立ち話中のムシ屋さんによれば、これは♂、♀はもっとでっかいどーとか。この♂、傷みがないとかで、そのまま虫壜に。展望閣からスキー場あたりまで、網を持った家族連れが何組も。


 シロオビクロナミシャク本州以南亜種というのにそっくりなんだけど、帽子に沁み込んだ汗を吸うのに一生懸命、自分がなにに属させられているかなんてところまで気は向かない。
posted by take_it_easy at 21:12| Comment(2) | 岐登牛山