2011年06月08日

今日の岐登牛山

 はれ。+13〜+29℃くらい。

 山中、いろいろ。賑わうと、画像も賑わう。


 オオツマキヘリカメムシとよぶらしい。


 サクラフシアブラムシというアブラムシがエゾヤマザクラの葉にニワトリの鶏冠のような虫えいをつくるのだとか。その虫えいをサクラハトサカフシとよぶのだそうな。


 オニグルミの雌花。なんとなく雰囲気が違うような。


 シバザクラとベニシジミ
 

 ニッポンミケハラブトハナアブというハナアブかも。一見、エゾオオマルハナバチと見間違う。こんどエゾオオマルハナバチを見たら、ニッポンミケハラブトハナアブとよく似ているね、と、言ってみよう。覚えてれば。


 ゴジュウカラは育児中。


 あとに産みつけられたほうが孵化したらどうなるだろうか、こうなっていた。


 ハシブトガラも育児中、見えているのは親か子か。もうだいぶになるからヒナもだいぶ大きくなってるはず。とおもっていたら、出てきて、飛んでいった。巣立ちかも。


 コツバメ


 フデリンドウ

大雪山旭岳の麓に行こう

 周りのピンクはナツハゼの若葉色 (画像クリックで拡大)


 ノコギリヒラタカメムシというやつかも。


 なかなか表を見せてくれない。汗くさい帽子に寄ってきたので飛んでるところに挑戦。なんとかオモテがみえて、ウラをとった、ヤマキマダラヒカゲのようだ。


 花糸がなんとも色っぽく。ヤマシャクヤク


 若リス、警戒を怠らず。

 別件

 キジラミを横から撮った。翅に特徴は?
posted by take_it_easy at 21:37| Comment(3) | 岐登牛山