2011年05月26日

音江連山

 はれ。+7〜+24℃くらい(東川)。

 今年いちばんの暑さ。もうちょっとで夏日、惜しい。
 沖里河温泉鳩ノ湯跡から音江山、沖里河山、イルムケップスカイラインを周遊してきた。花の山とは言い難いけど、トリさんは賑やかだった。


 はじまりは、エゾノリュウキンカを掻き分けて。


 チョウも一通り。このルリシジミは休息中、オオハナウドで。


 クロジ啼く。幸せの黒い鳥。


 ナニワズとヒメギフチョウ。


 ツツドリ。あっちからこっちへ、こっちからあっちへ、唸り声と腹鼓。


 「音江山」の看板が復活していた。深川の道の駅まえにある案内板でも、音江連山コースに音江山は加えられていない。にもかかわらず、分岐から音江山に向かう笹道は広く刈り取られ、からだがササを感じなくても頂上まで行けるようになっていた。なんかようわからん。


 尾根筋の両側を埋め尽くす、とでもいえば言い過ぎだけど、あちこちでホーットイテと啼いていた。


 沖里河山頂上から音江山を見る。
 

 沖里河山頂上、ここでも、キアゲハは陣地争いをしていた。あいてはボロボロのヒオドシチョウ。分はタテハにあり。


 沖里河山頂上から深川市街方面を見る。
 

 イルムケップスカイラインには残雪あり。枝を垂れる水滴を飲むエルタテハ。
posted by take_it_easy at 20:22| Comment(2) | 大雪山以外の山