2011年05月11日

嵐山〜近文山〜半面山〜天神ヶ峰

 はれ。+3〜+13℃くらい(東川で)。嵐山ではもっと暑かった感じ。

 半面山の向こうにエゾオオサクラソウが数株あったはず。出かけるのが早すぎたのか、葉っぱのかけらもなかった。


 嵐山入り口にあるエゾサンショウウオ、もう孵化していた。ネタがなくては困るから、撮るも撮りあえず撮っておいた。


 ヤマゲラ♂はドラミング。ときどき様子見。これも、撮るも撮りあえず撮っておいた。
 

 近文山への途中、さすがにここのエゾヒメギフチョウには競争が激しいのか、ちぎれ落ちて水につかってるカタクリの花から蜜を吸おうとしていた。吸えてるの?


 近くで、ちぎれたエゾエンゴサクの花房に吸い付くヤツもいた。


 さすがに半面山に近づくと、ちゃんとした花にぶら下がってる。(嵐山でだって、たいていは、もちろん、ぶらさがってるんですよ。)


 ルリシジミは、花弁に乗っかって、その隙間から口吻を差し込むらしい。


 クジャクチョウもそうらしい。


 コツバメはカタクリの葉で。


 近文山の頂上付近にはエゾノイワハタザオがあるのであるのだとか。


 半面山頂上の看板は訂正、更新されていた。ここの標高はたしか0.1m低くなってるはず。それは修正されていない。 以前の記事です。


大雪山旭岳の麓に行こう

 遠くて、強トリミング。クマゲラはドラミングしているのではないけれど、おおきな音をだしていた。こちらは鳥見ing。 (画像クリックで拡大)


大雪山旭岳の麓に行こう

 いままさに産み落さんとす。慌てなくてもいいのに慌ててるものだから、露出にまで気が回っていない。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:43| Comment(2) | 東川近郊の低山