2011年05月09日

今日の岐登牛山

 あめのちくもりのちはれのちくもりのちあめ。+4〜+12℃くらい。

 旭山では、ヒメギフチョウがたくさん飛び交っていた。スワ、岐登牛山でも、と転進。でも、そこでは目撃できず。動物園のは虫類館を見に行くつもりが、とんだ方向違いになってしまった。


 稲積ピークから。

大雪山旭岳の麓に行こう

 春のざわめき、興奮冷めやらず。まもなくこの時期は過ぎるけれども、けっして興醒めになることはない、きっと。 (画像クリックでウラカタクリ)


 ルリシジミ


 エゾアオカメムシ。お尻にあるのはなに?


 ときにははのないこのように。


 ハナグモとエゾキケマン。この顔を見て、コワイと思うのはニンゲン。ニンゲンがいちばんの敵なのか。ニンゲンじゃない敵が驚くのだとすれば、やっぱし、ニンゲンじゃない敵にとってもニンゲンがいちばんの敵。???

おまけ。旭山にて。

 棒高跳びの練習。いちばんの敵は(一部の)ニンゲン。見つかる前に高飛びだ。


 ふと検校を思い出したのは何故。カタクリの蜜を吸うヒメギフチョウと、ヒメギフチョウに吸蜜されるカタクリと。


 山高帽子はお似合いで。エゾオオマルハナバチのような。
posted by take_it_easy at 21:00| Comment(2) | 岐登牛山