2011年05月06日

天女が原

 晴(うすい高曇り)、+13〜+17℃くらい。(アメダス東川の気温は10時まで欠測)

 寒い雨降りが続いて、束の間、今日だけ好天(たぶん、もう下り坂)、最後になりそうなスキー歩行に行ってきた。が、盤の沢の中ほどで、ガス欠。


 第一天女が原付近から。


 第二天女が原付近から。


 盤の沢で。シロクマの流す涙のひとしずくが、・・・。(上手い表現が思い浮かばず・・・で逃げる)

 おまけ
 夕方、ヒメギフの卵はないか、と、岐登牛山に見に行った。

 西日が根元に当たって、花が明るく見えた。
 

 葉を裏返すと、あった、じゃなく、いたっ、マダニが。


 途中でお会いしたお二方が、下の方にミズバショウがあった、と教えてくださった。驚き、勇んで探しに行った。あった。いままで、ない、と、諦めていたが、あった。いままで、どうして気付かなかったのだろう。毎年、なんどもなんどもチェックしてきた場所、なのに今の今まで気付かなかったとは。
 しかし、このミズバショウ、なんとなく違和を感じる。通常、葉柄がこんなに白い、なんてことがあり得るんだろうか、最近まで泥に隠れていたような感じに見える。ふた株あった。


 すぐ近くにあったエゾノリュウキンカ、これにも気付かなかったなあ。ふた株あった。

 一昨日(4日)の記事に書いた「花ごよみ」の印刷用ファイル、キトウシ森林公園家族旅行村のHPからDL出来るようになったそうです。
posted by take_it_easy at 20:58| Comment(0) | 未分類