2011年04月26日

鬼斗牛山と突哨山

 くもり、一時あめ、雷鳴もあり。+1〜+11℃くらい。

 岐登牛山の兄弟姉妹の鬼斗牛山へ。帰り、雨の中、傘を差して突哨山へ。
 この積雪期間中は行かずじまいになってしまった、鬼斗牛山(キトウシ山)の早春の花の道をあるいてきた。スキー場をてっぺんまで登って、そのまま進むと、道のような道に出る。名ばかりの見晴台かもしれないところを通り過ぎて、尾根を行く。まもなく頂上。そのまま下って、下の車道に出て、用水路のほとりを通ってスキー場に戻った。


 スキー場最上部から旭川市街方面を望む。


 鬼斗牛山(キトウシ山)なんだから、キトピロはある。カタクリもエゾエンゴサクもナニワズもフクジュソウも、あれもこれも、岐登牛山(キトウシ山)と同じような雰囲気。


 だけれども、岐登牛山(キトウシ山)ではみかけないキクザキイチゲ(ピップイチゲ)がちらほらとある。


 三角点のある頂上部、まあ大胆な伐採。ここまでやると、お見事。積雪期に、頂上部が真っ白に見えていたから、伐ったな、とは思っていたが、ここまで大胆にやるとは。いっきに見晴らしが拡がった。


 帯状の山が突哨山。大雪山〜十勝岳連峰がひと目全体になった。きょうはなんも見えなかったけれど。


 コガモが数羽、ため池で、なにしてる?

 カタクリが見頃とおもわれる突哨山へ。あいにくの雨だったから、人はいなかった。カタクリはいっぱい咲いていた。

 キクザキイチゲ(ピップイチゲ)がたくさんあった。


 これも。
posted by take_it_easy at 20:03| Comment(0) | 東川近郊の低山