2011年04月05日

勇駒別川がピウケナイ川に落ちるところ

 はれ。−2〜+10℃超え。

 勇駒別川がピウケナイ川に落ちるところは滝になっているらしい、見に行こう、と、冬場に試みたけれど、断念した。で、きょうは天気がいいから、カワガラスを見がてら、もういちど行ってみようと、行ってみた。


 近づいてはくれないけれど、だみ声で飛ぶので、どこかにいるのはすぐ判る。どこにいるかは判りにくいが。


 少し先に進むと、でっかい足跡。右前脚か、横幅はおよそ15cmくらい。これは今日のじゃない、だいじょうぶだいじょうぶ。


 あしあとはピウケナイ川を渡って、見えなくなった。ひとりの老ハンターに出会った。あの尾根を越えたようだから、あちらに回る、見つけたら発砲する、そうすると、ヒグマはどこに行くか判らないから、はやく引き返したほうがよい、とおっしゃっていたが。


 右岸の崖の上に出れば、合流点がみえるはず、この裏側からのぼる。


 上に出た。左が崖。崖に沿ってここにも足跡。


 足跡越しに、勇駒別川の末端が見えた。


 氷瀑が融けて、水が落ちてる。で、かえりはそそくさと。

(おまけ)

 水田で落ち穂をついばむ。

posted by take_it_easy at 18:56| Comment(0) | 大雪山