2011年04月23日

今日の岐登牛山

 くもり。小雨ぱらつく。+2〜+10℃くらい。

 岐登牛山を(も)観察フィールドにしているヒト数名、眼の数が多いだけ、見えるものも多くなる、か。それぞれに見えているものがちがっていそうで、ね。


 エゾフユノハナワラビというのは、春になると、普通のワラビになる、わけじゃない。


 エゾノリュウキンカ。増えてきたような気がする。


 なんかに食べられたヤツがあちこちに。かってにカタクリハムシの幼虫が食べた痕、ということに。

大雪山旭岳の麓に行こう

 ティッシュみたいなのを咥えてる。 (画像クリックで拡大)


 これの建材?


 南端展望台から。


 タヌキのためグソのあるところで。


 北端展望台への入り口付近で。ヒメイチゲはヒメ。


 眠ってる場合? ハシブトガラ。
posted by take_it_easy at 18:59| Comment(0) | 岐登牛山

2011年04月22日

畦に咲く花

 くもり。−1〜+8℃くらい。

 朝方、うっすらと雪化粧していた、すぐに消えた。鬱陶しいお天気。


 忠別川河川敷にある雪捨て場。


 行く途中、畦で咲いていた花、2種。そのひとつ。


 さらにそのひとつ。こちらはあちこちではびこって、満開。
posted by take_it_easy at 18:35| Comment(2) | 忠別川

2011年04月21日

今日の岐登牛山:ヒメギフ出現

 くもり、晴れ間あり。−2〜+8℃くらい。

 旭山でヒメギフチョウが舞っているらしい。スワ、岐登牛山でも、と出かけた。血眼の眼を皿のようにして、オクエゾサイシンがあった辺りを、ゆっくりと歩いてみた。いた。1頭だけだけど、いた。


 ミヤマスミレが咲いてる。


 ミヤマカケスが啼いてる。

大雪山旭岳の麓に行こう

 今日のお目当て、ヒメギフチョウ。無垢。 (画像クリックで拡大)


 越冬タテハの第4弾、コヒオドシ。と、エゾエンゴサク。


 クジャクチョウは、カタクリとは相性が悪いのか、蜜腺を見付けられずに、すぐに飛んでいった。


 登り始めに見たときにはまだ咲いていなかったが、降りてきたら咲いていた。ニリンソウ(とミドリニリンソウ)。


 後ろは樹洞。


 ゴーカートコース付近でも見頃な場所がある。散策路のいたる所で咲き出している。
posted by take_it_easy at 20:42| Comment(2) | 岐登牛山

2011年04月20日

志比内橋を渡る

 はれ。−2〜+9℃くらい。

 忠別川にかかる志比内橋、旭岳温泉や天人峡に行く時にたびたび通る、いつもクルマで。きょうは、歩いて渡ることにした。忠別川右岸の堤防を通っていく。(堤防上の道は、前に通った時は途中から砂利だった、きょうは全線舗装になってた。)橋を渡ると、復路は、東神楽森林公園から、忠別川左岸の堤防を通る。


 朝はすっきりしない空模様。右岸の堤防から。


 忠別川第2頭首工。八千代橋から。


 志比内発電所。左岸にある。


 志比内橋から、忠別ダム、トムラウシ方面。


 志比内川、、忠別ダム、化雲方面。志比内第1号橋から。


 東神楽森林公園に向かう切り通しの道、そののり面にノリウツギがたくさんあった。トドマツ植林地の隙間が背景。


 これは何色というんだったか、河川敷はその色、むこうに岐登牛山。忠別川左岸の堤防から。


 とおくでキタキツネがこちらを伺い、すぐさま走る。ササ藪で、ウグイス初音(初音かどうかは?)。


 東橋から。山がきれいに見えていた。


 市街の道道沿いで、モンシロチョウとフキノトウ。
posted by take_it_easy at 18:50| Comment(2) | 忠別川

2011年04月19日

盤の沢、雪崩の跡

 はれ。−1〜+8℃くらい(アメダス東川)。

 新雪が輝かしかろ、と、でかけた。日当たり斜面では、輝かしくはあったが、スキーに粘り着くのがやっかい、でもあった。日かげ斜面では、表面5cmほどがかたくなっていて、スキーを上から押さえつけてくる。コースを滑り降りるのは、ヤッホー。
 盤の沢斜面で雪崩の跡があった。シュプールがあったから、誰かいないか、いないとはおもうけど、気になって、末端まで見に行った。


 ダケカンバの梢に着いた雪が氷になって、キラキラ。(画像ではキラキラ感がないけれど)


 斜面の上から下まで。たぶん昨日の。


 末端。幅は歩測で15mほど。ダケカンバが押し倒されてる。シュプールは多分きのうのもの。


 ズームイン。


 そばに行って、横から。締まって、重くて、硬くて、雪塊1個がびくともしない。


 先端。向かって右からのボードのシュプールが誘起、大きくカーブしたところで左側のを惹き起こす。V字の中でボーダーは止まることが出来たようだ。

 いつものようにピウケナイ川に転進。

 いるのにわからない、のが、カワガラスの魅力か。


 穴に首を突っ込むコガラ。


 突然、頭上に来たキセキレイ。きっと、綺麗な黄色が撮れた、奇跡だ、あそこの柱状節理は輝石安山岩だ、など、blogネタを考えていたのに、帰ってきてモニターに映し出したら、なに、この枝。なんだか、鬼籍に書き込まなければならないような。

 で、お口直しに、おまけ。

大雪山旭岳の麓に行こう

 出がけに玄関先で見かけたハクセキレイ。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:59| Comment(0) | 大雪山

2011年04月18日

今日の岐登牛山

 くもり、晴れ間あり。+0.1〜+6℃くらい。

 午後になると、日差しが届きそうだった。


 展望閣への道。まもなく消えるはずの雪が残る。

大雪山旭岳の麓に行こう

 巣の建材をみつけたらしい。ガかなんかのマユでもあったのかな。このエナガ、マユがあるみたい。 (画像クリックで拡大)


 なんだか寒そう。

大雪山旭岳の麓に行こう

 ユキニモマケズ。受精は済んだかい? うん。 (画像クリックで拡大)


 稲積ピークから。


 シャクガの一種? ひらひら飛んで、着地に失敗して、すきまにはさまっちゃった。そのうちなんとか。

大雪山旭岳の麓に行こう

 降りてきた頃には少しは気温が上がったようで、我慢の時から解放されつつあるような。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 19:41| Comment(2) | 岐登牛山

2011年04月17日

今日の岐登牛山

 雪。−0.5〜+0.5℃くらい。

 降水量にカウントされないくらいの雪が途切れなく降り続いている。
 春の足踏みする音を聞いてきた。


 つい先日までは見慣れた景色だったけれど、でもいまでは新鮮。


 耐えるのみ。


 耐えている。

大雪山旭岳の麓に行こう

 もうこれ以上は下がらないで、気温さん。 (画像クリックで拡大)

おまけ

 朝、我が家の庭木で雪宿りするキレンジャク。
 

 よく見つけるもんだ、アスパラの実を。
posted by take_it_easy at 18:37| Comment(0) | 岐登牛山