2011年03月10日

きょうは旭山

 高曇りのち雪のちいろいろ。−8〜−3℃くらい。

 旭山動物園西口駐車場から、お留守のエゾフクロウを見て、アンテナ群の下を通り抜け、旭山頂上に行き、動物園東口に下りて、動物園を通り抜けて帰ってきた。動物園の年間券の有効期限は3月末まで、なんとなく行かなくっちゃの気分。


 頂上手前のこの看板、やたら目立つけど、別にスノーシューコースというのを歩いているわけではないし、で、無視して、少し先の三角点まで。スノモの跡があった。


 ササを食べようとしている、レッサーパンダ。


 寝る、ホッキョクギツネ。


 コンタクトレンズを入れている、まさかね、ように見える、なんの目でしょうか。アクリル板越し。
 
 
 きょう行われる予定だったFISスキージャンプコンチネンタルカップレディース第23戦は荒天のために中止になってしまったとか。残念。
posted by take_it_easy at 18:32| Comment(0) | 東川近郊の低山

2011年03月09日

今日の岐登牛山

 はれたりくもったりゆきがふったり。−8〜−3℃くらい。

 ころころ変わるお天気。


 風が強くて、地吹雪が舞い上がる。景色が霞む。向かって左に東旭川の三角山(おむすび山)、中ほどに黒岩山、右手が三角点岩山。道道から。


 振り返ると、道道はこんな状態。でもすぐに晴れ上がり、


 上空を、なにかが描かれたADO機が飛んでいく。


 晴れてきたから岐登牛山へ。林間キャンプ場の斜面は、枝から飛ばされた雪塊が描いたあばただらけ。


 あっちのコゲラとこっちのコゲラが鳴き交わす。振り向いて、キキキキキキとスルドイ声で。


 スルドイトゲがいっそうスルドイ、アメリカオニアザミ。残っている種子はしいなばかりのよう。


 またふたたび雪、本降り、ツグミも待機か。でもまたすぐに晴れてきた。
 
 
(追記)
 きょう、蔵王で行われたFISスキージャンプコンチネンタルカップレディース JAPAN TOURで、伊藤有希が優勝。先週末におこなわれた宮様スキー大会のNH、LHに続いてこれで三連勝。他の選手たちもみんな頑張ってる。金井さんの名前がないのがさみしいな。高梨沙羅はケガしてるらしい。

                     FIS RESULTSから
posted by take_it_easy at 18:37| Comment(0) | 岐登牛山

2011年03月08日

東旭川の三角山(おむすび山)

 はれのちゆき。−11〜−3℃くらい。

 尾根筋を渡る風が冷たかった。
 朝、頭上は広く快晴、大雪山の方は雲の中。で、今冬は未訪の東旭川の三角山(おむすび山)362mへ。


 八幡神社の脇から林道経由。


 しばらくは林道経由。


 林道から逸れると、まもなく尾根筋。

大雪山旭岳の麓に行こう

 尾根筋で見かけたエゾクロテン。しばらくはこちらを凝視。(画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 そのうちあっちのほうへ。エゾクロテンは初見だった。岐登牛山でももちろん未見、くっ。 (画像クリックで拡大)


 ステゴサウルスの背中のような頂稜部。岐登牛山の南端展望台付近と似ている。
 
 
(おまけ)帰途、立ち寄った岐登牛山で見たイスカの♀♂

大雪山旭岳の麓に行こう

 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:38| Comment(4) | 東川近郊の低山

2011年03月07日

なんとなくカグラオカ

 ほぼくもり。−5〜−1℃くらい。

 ぶらっと神楽岡公園へ。


 いつも寝てるエゾフクロウ。正面かと思っていたら、ちょっと斜に構えているんだった。


 シラカバに留まったアカゲラ。 

大雪山旭岳の麓に行こう

 マントカラ。マントヒヒのような、カラカスじゃなかったマスカラじゃなかったマラカスが似合いそうな、シジュウカラ。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 18:21| Comment(2) | 旭川界隈

2011年03月06日

今日の岐登牛山

 くもり。−3〜+3℃くらい。

 キャンモアスキービレッジはきょうで今シーズンの営業は終了。西側で西日の差す斜面、寒気が緩んでくると融けるのが速い。で、まだまだ雪はあるのに、終了、という次第、か。今シーズンは回数券3回分しか滑らなかった。来シーズンはさて。


 温泉横から。きょうは麓の徘徊だけ。


 開花の様子はまるで違うけど実になるとあれの花とそっくりの感じになった。あれの花とはエゾトリカブトの。これはサラシナショウマ。


 あのメタボ体型をおもわせるシメ、伸びてもやっぱりそうかなあ。


 あたまに飾りを付けている、このイスカ、イカス。


 こちらは飾りというわけじゃなか、♂のシンボル、フユユスリカの。


 ♀のシンボルは質素。

大雪山旭岳の麓に行こう

 マガモ飛び立つ、倉沼川で。 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:04| Comment(0) | 岐登牛山

2011年03月05日

ピウケナイ川に棲むカワガラス

 ほぼくもり。−7〜−2℃くらい。

 勇駒別川がピウケナイ川に落ちるところを見てみたいものだと、それらしき地点を目指してみた。


 ピウケナイ川の左岸では、作業道の痕跡が雪崩に埋め尽くされている。あと200mほどで目的地になるはずだけど、無理することはない。右岸にも歩けそうな場所がありそう。


 右岸に転進。ほんの少し先で、柱状節理が岸辺から立ち上がる。ちいさな塵雪崩が落ちてきた。新雪がけっこう積もったようで。で、ここで戻る。支流の盤台沢川との合流地点から柱状節理の上に上がってみようとおもったが、地形図で見るような緩やかな地形ではなく、まじめに登らなければ行けないようで、そのまじめさが不足していて、けっきょく挫折。


 そこに黒い鳥影2羽。だみ声を発しながら目の前を横切った。


 雪が降ってきた。水鳥のような仕草のカワガラス。


 本降り。やっと視認できるくらい。


 対岸で雪宿りしているような1羽を発見、脚が確認できる。


 小止みになった。川岸に下りてみた。


 道に戻ったら、すぐ下にいた。お気に入りの岩みたい。
posted by take_it_easy at 20:00| Comment(0) | 大雪山

2011年03月04日

今日の岐登牛山

 くもり、はれまもあり。−8〜−3℃くらい。

 トリたちにも春が近づいてきたようで、傍若無人ぶりが目立つようになってきた。ありがたいことだ。


 空中平泳ぎ中のアカゲラ。

大雪山旭岳の麓に行こう

 いちばん近づかせてくれる。春も爛漫になる頃には頭の赤も見せてくれるか、な。 (画像クリックで拡大)


 保護色のツグミ。


 わりと目立つようで、背景になじんでしまうウソ。


 水を飲みに来た?ヤマゲラ。


 鯉の池でウソ♀が水浴び。


 その近くで水を飲みに来た?イスカ♀。


 こっちのイスカとあっちのウソと二兎を追っていたら、アクセルをブリンブリンと吹かせてスノモが通る。イスカとウソはあわてて飛び立つ。むっ。悪態をついてみたくなるけど、あれはあれでここでの楽しみ方なんだろうなあ、と鎮める。スキーやスノーシューの歩行者も、小さな野生動物も、ぼーっとしてはいられなくなる。こういうの、せめて下の方だけにしておいてほしいもんだなあ。
 この道(すくなくとも大雪山自然学校前の駐車場からトロン温泉まで)は公道ではないのかしらん。このスノモ、ナンバープレートがない。
posted by take_it_easy at 21:00| Comment(0) | 岐登牛山