2011年03月18日

今日の岐登牛山

 くもり、小雪ちらつく。−9〜−1℃くらい。

 原発放水のTVニュースを見てしまったら、出歩くチャンスを逃してしまった。
 で、一昨日に見たクマゲラの画像をチラリとup。

大雪山旭岳の麓に行こう

 なんか素っ頓狂な愛くるしい雰囲気。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 目付きに注目。 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 たしかに♂ (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 なんとなく嬉しそうな雰囲気。 (画像クリックで拡大)
 
 
 家電量販店で、プリンター用紙を探していると、携帯ストラップ作成用キットが売られていた。で、暇に任せてつくってみた。内径2cmのちっちゃいやつ。効果的に印刷するのはたいへんに難しいことが判った。
posted by take_it_easy at 20:19| Comment(0) | 岐登牛山

2011年03月17日

今日の岐登牛山

 快晴のちくもりのち晴。−12〜−2℃くらい。

 スキーを履いた。スキー場斜面は先客1名。きのうのシュプールだった。多分、きのうはザラメかシャーベットか。きょうは、それがしっかり凍っていた。


 このシュプールは先客のもの。快適そうな。


 南端展望台から


 こちらの黒いのはハシ○○ガラス。


 頂上にもまだしっかりと残雪。
 
 
 お月さんが明るいから、エゾモモンガを見に。


 ねじれてる。


 ねじれてない。

大雪山旭岳の麓に行こう

 一服 (画像クリックで拡大)
posted by take_it_easy at 20:55| Comment(0) | 岐登牛山

2011年03月16日

今日の岐登牛山:クマゲラを見た

 うすぐもりのちはれのちくもり。−6〜−2℃くらい。

 岐登牛山で、やっと目撃できた、クマゲラを。
 姿を見た、声を聞いた、とのうわさを度々耳にしていたが、この目での目撃は叶わなかった。きょう、ついに成就。いるよ、と教えてくれたおなじみさん、ありがとう。


 クマゲラが移動した林。

大雪山旭岳の麓に行こう

 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 舌 (画像クリックで拡大)

大雪山旭岳の麓に行こう

 (画像クリックで拡大)


 こちらも生きてる、キクイタダキ。
posted by take_it_easy at 18:19| Comment(4) | 岐登牛山

2011年03月15日

天女が原〜盤の沢

 くもりのちはれのちくもり。−7〜+2℃くらい。

 朝、日が差してきて、ひょっとしたら良くなるかも、と、天女が原へ。健康そうな若者や明日よりは若い者たちが明るく滑っている気分を戴きに。


 よこの新雪


 たての新雪


 奥行きの新雪、いやあ、3Dだねえ???


 オオモズ? ちょっと遠かった。

大雪山旭岳の麓に行こう

 ピウケナイ川のカワガラス、ちょっと遠かった。 (画像クリックで拡大)
 
 
 19日に予定されていたスキージャンプのシーズンファイナル、中止だそうだ。残念。あの選手、あの選手、これで引退しちゃう連中、さいごの勇姿を見届けたかった。
 大震災の被災の様子、TVを前に立ち竦む。が、萎縮も自粛もしない方がいいとおもう。可能な限りたんたんと、日常を凌いでいかなければ、塞がるばかりで、元気が出ないではないか。
posted by take_it_easy at 18:22| Comment(0) | 大雪山

2011年03月14日

 朝は雨、のちくもり。−2(17時)〜+6℃くらい、降下中。

 雨らしい雨が降った。

posted by take_it_easy at 18:09| Comment(0) | 東川歳時記

2011年03月13日

今日の岐登牛山

 ほぼくもり。−1〜+3℃くらい。

 スキーを履いて、スキー場から南端展望台に行き、頂上経由で北端展望台、キャニオンコースを下りてきた。シャーベットが快いのでは、と思って行ったが分厚すぎた。


 山中にこんな斜面があったなら、オーシーハイル。そうだ、ここにあるんだ。


 幹に残るトゲ、ハリギリのトゲ。


 南端展望台から。


 北端展望台から。


 触角がゴツイ。これもユスリカの類? 体長6mmくらい。
posted by take_it_easy at 20:30| Comment(0) | 岐登牛山

2011年03月11日

三角点岐登牛流

 はれとくもりとゆきとのミックス。−10〜+1℃くらい。(16時以降、アメダス東川は欠測が続いている。)

 M8.8、搖れも津波も全国規模。津波は太平洋の向こう側にまで押し寄せるかも。

 岐登牛山脈(私称)の西の端、三角点岐登牛流〜尾根沿いに258m地点の少し先まで、道路に出ようと思ったが、その辺りで吹雪に取り付かれて引き返した。引き返した途端、晴れてきた。ここ数日、こんな天気がつづく。コロコロと変わる天気がつづく。


 岐登牛流の標石があるはずの場所


 北側が開ける場所があった。三角山(おむすび山)、黒岩山、三角点岩山に雪雲。


 レンジャクを気取っているかのようなミヤマカケス。


 群れて漂行していたシマエナガ。
posted by take_it_easy at 21:14| Comment(6) | 東川近郊の低山