2011年02月15日

天女が原〜盤の沢

 快晴。−12〜−2℃くらい。

 朝、市街からは見えなかったが、山は快晴。天女が原から姿見まで行こうと、スキーコースを溯った。あまりの雪質に、ロープウェーに転進したい、と思った。盤の沢に近づくと、新雪の壁を下りてくるヤツ数名。すごく上手で、かっこよく、ついレンズを向けたら、何組も下りてくる。まだ先が長いのに、自分の行程を忘れて、スキー鑑賞に耽ってしまった。


 第一天女が原あたりから

大雪山旭岳の麓に行こう

 盤の沢内部(画像クリックで拡大)


 テレマーカー。でっかい外人さんだった。


 上との同行者。やはりでっかい外人テレマーカー。


 別グループのスキーヤー。


 ここからおりた。日当たり斜面では滑るどころじゃなかった。板の滑走面に粘り着いてきた。市街とのあいだに雲あり。
 

(追記)
 穏やかなので、あの尾根にあるエゾモモンガの巣を訪ねてみた。
 スキーとスノーシューで小一時間。月明かりがほの白く、いい感じ。薄暮から闇夜まで粘ってみたが、ついに姿を見せず、いるのやらいないのやら。臭いは強烈。下りはよく滑った。いくら林道とはいえ、すっ飛ばすわけにはいかぬ。この闇、病み付きになりそう(これを最後に言いたくて)。


 日は沈んだが、まだ明るいうちから。


 生活臭は強い。ストロボ使用。


 真っ暗。もう帰る。せめて穴だけでも。

 夜のスキーはちょっと危険かも。つぎはスノーシューオンリーにするかな。時間はかかるけど。一度は面会してみたい。
posted by take_it_easy at 20:53| Comment(0) | 大雪山