2011年01月16日

FIS ジャンプワールドカップ札幌大会(第18戦)

 風の向き、速さがくるくる変わったけれど、競技はまあ順調に進行した。新採点方式は競技進行にはなかなか強力な対策になっている。大倉山上空だけが、まあまあ穏やか。札幌から北に向かう鉄路や高速道路は詰まり気味だったようだ。


 

 優勝したKOFLER Andreas(AUT)の2本目。


 2位のFREUND Severin(GER)の2本目。 きのうはWC初優勝。今日は2位。自信がついたかな。


 3位のMORGENSTERN Thomas(AUT)の2本目。1本目は珍しく失敗。11位だったかな、13位から、2本目さすがの最長不倒で表彰台。強い。


 

 栃本は惜しかった。1本目は4位、2本目は力んだか、100mにも達せず、でも、13位。


 で、ことしのWC札幌大会は終わった。ノイズチームのみなさん、お疲れ様でした。
posted by take_it_easy at 23:13| Comment(2) | スキージャンプ