2010年12月26日

今日の岐登牛山

 ほぼくもり。−14〜−4℃くらい。

 登っていても汗をかかない。南端展望台から東側にヤブ漕ぎで下りても汗をかかない。トリたちも寒いのか、どうだか、声が聞こえなかった。キツネとウサギとリスとテンとシカの足跡が網目状。
 スキー場が開業したらしい。当方、まだなんも準備していない。


 稲積ピークから奥への道がしっかり踏み固められた。次の雪が降るまでの束の間、ツボ足でも平気。


 頂上、スキー場上部方面への道も同様に。スノーシューの先行者2名あり。


 南端展望台から。
posted by take_it_easy at 18:16| Comment(0) | 岐登牛山

2010 FISCHER CUP 第14回 朝日ノルディックスキー大会(ジャンプ競技) その7

2010 FISCHER CUP 第14回 朝日ノルディックスキー大会(ジャンプ競技) その7



成年Aミディアムヒル個人競技  リザルト詳細pdfは朝日スキー連盟HPで。

 ほぼインターハイのような大会だが、なかには好きで辞められない多少胴回りの厚くなった選手もガンバっている。上位の選手は、ほぼ一線級と見なせる連中だから、ヒルサイズ超えの大ジャンプも飛び出す。


大雪山旭岳の麓に行こう

1位 鈴木 翔(旭川大学)  (クリックで拡大・・・)


2位 渡部弘晃(日本大学)


3位 細田将太郎(北翔大学)


4位 和田圭充(日本大学)


5位 原田侑武(早稲田大学)


6位 伊藤翔平(日本大学)





 速報はこれでおしまいです。ちょっと休憩を挟んで、惜しくも入賞をのがした選手達の勇姿?を、選手達に失礼のない程度には写っている画像を見つけて、並べるつもり。なにしろ、ブログサーバーの割り当て容量がものすごく大きくなって、ちょっと尋常では食い尽くせなさそうなので、恥も外聞もなく、選手達の肖像権もお構いなしに掲載しています。では、(つづく)
posted by take_it_easy at 17:57| Comment(2) | スキージャンプ

2010 FISCHER CUP 第14回 朝日ノルディックスキー大会(ジャンプ競技) その6

2010 FISCHER CUP 第14回 朝日ノルディックスキー大会(ジャンプ競技) その6



少年ミディアムヒル個人競技  リザルト詳細pdfは朝日スキー連盟HPで。

 このカテゴリー(高校生クラス)に出場した選手は9名。次の第一線を担うべき連中。ちょっとすくない。ただし、このカテゴリーには本州勢が来ていなくて、そして、本州勢になかなかの逸材がいるので、期待をもてないワケじゃない。 

大雪山旭岳の麓に行こう

1位 竹花健汰(札幌日大高校) (画像クリックで拡大・・・)


2位 渡辺知也(下川商業高校)


3位 西方慎護(札幌日大高校)


3位  高梨寛大(北照高校)


5位 佐藤正棋(札幌日大高校)


6位 瀬川 友(下川商業高校)





(つづく)
posted by take_it_easy at 17:30| Comment(0) | スキージャンプ

2010 FISCHER CUP 第14回 朝日ノルディックスキー大会(ジャンプ競技) その5

2010 FISCHER CUP 第14回 朝日ノルディックスキー大会(ジャンプ競技) その5



中学生ミディアムヒル個人競技  リザルト詳細pdfは朝日スキー連盟HPで。

 佐藤幸椰が少しだけ他をリードしている。小学生で競い合った伊藤将充、和田全功両選手も、中学生になって、立派に成長しているようだった。

大雪山旭岳の麓に行こう

1位 佐藤幸椰(札幌ジャンプ少年団) (画像クリックで拡大・・・)


2位 小林陵侑(松尾中学校)


3位  渡部陸太(札幌ジャンプ少年団)


4位 木下雄登(金木南中学校)


5位  伊藤将充(下川ジャンプ少年団)


6位 和田全功(余市ジャンプ少年団)






(つづく)
posted by take_it_easy at 17:09| Comment(0) | スキージャンプ

2010 FISCHER CUP 第14回 朝日ノルディックスキー大会(ジャンプ競技) その4

2010 FISCHER CUP 第14回 朝日ノルディックスキー大会(ジャンプ競技) その4

 昨日の速報はスモールヒル(HS=45m、K=40m)の大会、きょうはミディアムヒル(HS=68m、K=60m)での競技速報です。一日遅れで速報でもないけれど、詳報というわけにもいかないから。



女子ミディアムヒル個人競技  リザルト詳細pdfは朝日スキー連盟HPで。

 他のカテゴリーでは、ほぼ上位に来そうな選手は予想がついた。だけど、このカテゴリーは、見事に外れた。ついに、上位常連5人の牙城は破られたのだ。ミディアムヒルでとはいえ、このカテゴリーの底上げは着実なようだ(、といいのだが)。


大雪山旭岳の麓に行こう

1位 山田優梨菜(小谷中学校) (画像クリックで拡大、戻すには再クリック)
 トレーニング(試技)を含め、3本ともすばらしいジャンプだった。ジュニアの大会では結構活躍していたようだけど、成年を含めた大会ではなかなか上位に食い込めなかった。2位3位のおばさんたちも、なかなかのジャンプをしていたから、きょうの成績はいっそうのバネになる、かな。


2位 渡瀬あゆみ(神戸クリニック)


3位 葛西賀子(日本空調サービス)


4位 高梨沙羅(上川中学校)


5位 平山友梨香(北翔大学短期大学部) コンスタントに入賞している。


6位 伊藤有希(下川商業高校)





(つづく)
posted by take_it_easy at 16:51| Comment(0) | スキージャンプ

2010 FISCHER CUP 第14回 朝日ノルディックスキー大会(ジャンプ競技) その3

2010 FISCHER CUP 第14回 朝日ノルディックスキー大会(ジャンプ競技) その3



成年B スモールヒル 個人競技  リザルト詳細pdfは朝日スキー連盟HP

みんな楽しんでいる。小学生と同じ20番ゲートから飛びだした。勘違いしたか、表彰式には誰も出てこず。盛り上がるところなのにな。


1位 三澤 公希(東北大学) 小学校4年生以下に混ざれば優勝できた。5、6年生となら、惜しい、入賞を逃す。


2位 袖野 太士(東北大学)


3位 河田 泰明(東北大学)


 表彰式をすっぽかしたから、その罰、見事な転倒シーンを開陳。試技の時、あわやフェンスに激突か(激突したはずなんだけど)とおもったが、何ともなくて、キケンすることなく、2本飛んだ。すこし腰が引けてたかもしれない。3位になった河田選手。

(つづく)
きょうはここまで、続きはあす以降。
posted by take_it_easy at 00:15| Comment(0) | 未分類