2010年12月19日

第26回吉田杯ジャンプ大会(3/3)

第26回吉田杯ジャンプ大会(完結編)

 おしまいは、ごちゃごちゃと。


 トライアルの時には、大粒の柔らかい雪が舞っていた。1本目が始まるころにはほぼ止んできた。


 優勝した葛西選手が振り返り、台を見上げる。

 以下の選手は、密かにわたしが期待している人たち、ということではなくて、数少ない、すこしは見てもらえそうな画像を全てお見せするという企画。

 岩渕香里選手。今日は11位。


 茂野美咲選手。きょうは14位。ユニバーシアードで優勝したこともあるんだよ。札幌圏の居酒屋でバイトしながらジャンプに打ち込む、女子ジャンプ界の宝物だ。


 嘉部恵梨奈選手。きょうは12位。試合のときは、長野から単身で車を運んでくるんだそうな。


 澤谷夏花選手。きょうは9位。


 田中温子選手。きょうは7位。


 伊藤有希選手。


 高梨沙羅選手。


 成田祐介選手。きょうは32位。


 鈴木 翔選手。きょうは14位。 


 坂野幸夫選手。きょうは39位。コンスタントにひと桁に入る選手なんだけど。トライアルを失敗して、かれは2/3の確率だから、きょうはいいかも、と思っていたら、2本目、この画像にみるとおり、ダッチロールしかけて、あぶなかった。さすが、ベテラン、体勢を持ち直したけれど。


 国井昌樹選手。今日は117人中117位。飛距離45m。上の方の水平に近いところに落ちて、ランディングバーンのほぼ全長を直滑降してきた。かっこいいところを撮ろうと思ったが、ピントが合う前に着地してしまった。きのうは、レンズが曇って撮れなかったし。かれは、毎年、朝日の大会に出ている。2年ほど前には成年組で優勝した、たしか。無事に就職し、成年Aで魅せてくれている。ジャンプの出来ないジャンプ好きにとっては、何ともうらやましい存在だ。夢だ。うつつじゃない。まぼろしでもない。


 晴れた。


 お疲れ様でした。
posted by take_it_easy at 23:57| Comment(4) | スキージャンプ

第26回吉田杯ジャンプ大会(2/3)

第26回吉田杯ジャンプ大会その2



 男子組。

 きのう優勝した船木はどんなジャンプをするだろう。 ところが、結果は予期しないものに(わたしには予期できなかった)。混沌としてきましたよ。この混沌の渦巻く音は水車の力強く回る音のようにも聞こえる。


1位 小林 潤志郎(東海大) きのうは6位、数少ないマスクマン、どんな顔をしてるかと思っていたから、表彰式では面が割れるぞ。


2位 高柳 太郎(日本空調サービス) ひさしぶりだね。


3位 作山 憲斗(北野建設) さすが有望株のことはあるな。


4位 山田 大起(長野市スキークラブ) 引退しそうだったのに。 


5位 一戸  剛(パールレーシングスキークラブ) いちど引退したのに。


6位 東  輝(日本空調サービス) ここふたシーズンほど、不調だったようだけど、突っ込んでくるジャンプをまた見せてくれた。


7位 伊藤 謙司郎(雪印) 復活の足跡、確実に。


8位 梅崎 慶大(雪印) 伸びてきた、伸びてきた。


9位 船木 和喜(フィットスキー) 今日は今日。2本目、テレマークが入れば5位くらいには来たのにな。トライアルで96mも飛んで、ドシンと着地してしまっていた。


10位 岡部 孝信(雪印) らしい、遠目にでも岡部が飛んでるとは判るけど。


 この並び、なんか新鮮。


 こんな面だったのか。


 世界を相手に戦ってきた強者どもが並んでる。7位のヤツはちょっと急かされすぎたから、これから巻き返し。8位のヤツはじわっと来て、パッと飛び立ちそうな感じ。あとの3人はお手本みたいだな。この3人への声援は、群を抜いて大声だ、複数で。あと遠藤姓のときもおおきいけど、これはひとりだけ。


 この人達(ノイズチーム)がいなかったら、火が消えたような応援風景になるだろう。
posted by take_it_easy at 23:02| Comment(0) | スキージャンプ

第26回吉田杯ジャンプ大会(1/3)

 昨日に引き続き、名寄ピヤシリジャンプ場で、開幕第2戦、 第26回吉田杯ジャンプ大会が開催された。
 雪が舞う時間帯もあったが、たいした影響もなく、順調な競技進行になった。例年、寒さに震えながら観戦していたことを思い返すと、まるで別天地のようだった。暖かかったわけではないけどね。豚汁、おいしかった。詳細な結果は公式リザルトpdfでどうぞ。



 女子組
 上位5人はいつもの顔ぶれ、だけれども、その順番がおもしろい。表彰台に登ったのは年長さん。年少さんが地面。一番高いところにはいちばん年輩の人。すばらしい。4位まで1点差で続いた。まさしく白昼じゃなく伯仲の戦いというわけだ。おもしろい。6番に平山選手がはいった。サマー以来、実力上昇の感じ。7位に田中選手。続々と有望選手が続いてる。


 1位 葛西 賀子(日本空調サービス)


 2位 渡瀬 あゆみ(神戸クリニック)


 3位 金井 理恵子(長野菅平高原スキークラブ)


 4位 伊藤 有希(下川商業高校)


 5位 高梨 沙羅(上川中)


 6位 平山 友梨香(北翔大)


 世代のギャップがあります。


 金井選手も、うれしそう。


 このふたり、鳥人だねえ。


 現役最長老、最高齢、最年長、とかなんとか、世界選手権をねらってるな。
posted by take_it_easy at 22:16| Comment(0) | スキージャンプ

2010年12月18日

第41回名寄ピヤシリジャンプ大会兼第48回北海道新聞社杯ジャンプ大会(2/2)

第41回名寄ピヤシリジャンプ大会兼第48回北海道新聞社杯ジャンプ大会(つづき)

男子組

 この大会の注目は、復活船木がどこまでやるか、だった(とおもった)。1本目は僅かの飛型点の差で渡瀬の後塵を拝した。だがしかし、2本目は今日の最長不倒、美しいフォーム、着地も決まり、おみごと、逆転。明日の第2戦(吉田杯)で真価が問われる、かな。




1位 船木 和喜(フィットスキー)


2位 渡瀬 雄太(雪印)


3位 佐々木 悠兵(日本空調サービス)


4位 吉岡 和也(土屋ホーム)


4位 作山 憲斗(北野建設)


6位 小林 潤志郎(東海大)


7位 伊藤 謙司郎(雪印) 失業、ケガなどなど、踏んだり蹴ったりを耐えて、久しぶりに上位に入ってきた。


8位 高柳 太郎(日本空調サービス)


9位 鈴木  翔(旭川大)、同点で梅崎 慶大(雪印)も。 




 男子組は、少年組と成年組との区別がなくなって、そのせいか、10位(9位)までの表彰となった。女子組は5位まで。
posted by take_it_easy at 21:38| Comment(2) | スキージャンプ

第41回名寄ピヤシリジャンプ大会兼第48回北海道新聞社杯ジャンプ大会(1/2)

今シーズンの開幕戦、第41回名寄ピヤシリジャンプ大会兼第48回北海道新聞社杯ジャンプ大会を観戦してきた。

 小雪が降りしきるものの、風も穏やかで、わりと選手達には平等な条件だった。たいして寒くもなく、観戦子にもやさしい大会になった。男子ワールドカップ組を除いた国内の現役選手がほぼ揃った。女子組は中学生以上で20人、男子組も中学生は高校生以上で121人。リザルト詳細は名寄地方スキー連盟のHPにあるpdfでどうぞ。

女子組
 上位5人はサマーシーズンからほぼ同じ顔ぶれ。なかでもその上位3人は世界にも伍していけるようになってきた。すごく若いから、けっこう面白い成り行きになる。次に続くのは誰か。




1位 渡瀬 あゆみ(神戸クリニック)


2位 梨 沙羅(上川中)


3位 伊藤 有希(下川商業高)


4位 葛西 賀子(日本空調サービス)


5位 金井 理恵子(長野菅平高原スキークラブ)


6位 田中 温子(北翔大)






 きょうもノイズチームからの声援が届く。
posted by take_it_easy at 21:15| Comment(0) | スキージャンプ

2010年12月17日

きょうは旭山

 はれのちくもり。−11〜−3℃くらい。

 ツボ足でもまだ簡単なところは? 岐登牛山。いや、他には、近くてさ。で、旭山。
 きょうは動物園横から。旭山88ヶ所巡りの途中まで足跡があった。林道が尽きるところからはキツネの足跡を辿るだけ。スキー場跡の上から引き返してきた。
 午後から、町民公開講座「自然再発見(東川の自然)」というのがあって、聴いてきた。


 アカミヤドリギ。岐登牛山も旭山もアカミばっかしだ。嵐山に行けば黄色くなるが。うしろはuhbの電波塔。


 らしくない(こともない)姿勢のアカゲラ


 が飛んだ。


 動物園東口と鷹栖方面。


 なんともあいくるしいシマエナガ。沢山いたが、遠いし、じっとしていないし。




 あすからいよいよジャンプ週間。名寄名寄朝日。みんながんばれよ。
posted by take_it_easy at 22:21| Comment(4) | 東川近郊の低山

2010年12月16日

今日の岐登牛山

 はれのちくもり。−13〜−4℃くらい。冬らしくなってきた、風が冷たい。

 きょうはスノーシューを履いたふたり連れと行き交った。雪の道はところどころ滑りやすくなっていて、潜ることはないけどアイゼン効果がいきているようだった。
 頂上付近は膝上まで雪があった。マーモットコースを横切る辺りでは足首の上辺りまで潜った。さて、いつから営業してくれる?


 幹にへばりついていた雪が少なくなって、コントラストが高まった。


 すっかり雪景色になった。南端展望台から。


 黒岩山も輪郭がはっきりしてきたかな。北端展望台から。


 リフト運行準備は終わったか。


 たまには展望閣も。空には薄雲が拡がってきた。
posted by take_it_easy at 18:30| Comment(0) | 岐登牛山