2010年11月13日

ubuntuを導入してみた

 午前中はあめ、のちはれ。+3〜+8℃くらい。

 Linuxディストリビューションのひとつ、ubuntu 10.10を導入してみた。
 以前、Redhat3やFedora Core6を試してみたが、まじめに付き合わなければ付き合ってくれないことが判って、諦めていた。最近、ubuntuというのが出てきていて、「Windowsから乗り換える選択肢として現実的なものに仕上がっている。」という記事を見て、イタズラ半分に導入してみた。あっけなくインストールでき、先客のFedora Core6を無視して、win2000との半ば排他的共存ができあがった。
 起動もはやいし、終了は瞬速。ファイルシステムはどうなってるか解らないけど、Windows領域のファイルも普通に読めるし、MsOfficeそっくりもあるし、画像処理も音楽・動画の聴き散らかしもできるし、webブラウザももちろんあるし、たくさんあるフリーソフトのインストールがこれまた簡単だし、まだまだいろいろあるし、これが全部タダ。不足してるのは、使用者の知識と知恵と慣れくらいのものかな。
 わがwin2000はいろいろなフリーソフトでしっかり固めているから、そう簡単には乗り換えられないけど、まもなく壊れるであろう(起動用HDの診断をしたらイエローカードがでた)HDが壊れた暁には、7でなくてもいいかな、とおもうくらいになっているといいのだけどね、と、おもうのであります。


 webブラウザは火狐、ほかにもいろいろつかえるらしい。


 ファイラーみたいなヤツ。gimpから開いてみたら、winの領域のディスクもばっちし。
 

 画像ビュアーで開いた。


 画像ビュアーからあのgimp(画像処理ソフト)が開く。
posted by take_it_easy at 22:37| Comment(6) | 未分類