2010年11月08日

今日の岐登牛山

 くもりのちあめ。−0〜+7℃くらい。

 生きものたちの生きざま、さまざま。


 撮られにくい所を選んでいるようにして動く。ゴジュウカラ。
 

 落ち葉を褥に草枕、というわけでもないよ、動かなければ、動いていても、気付かれないよ、なかなか。エゾシマリス。


 ちょこまかちょこまか、ちゃんと食い物をゲット。ヤマガラ。


 空腹を満たすには、あと何匹必要? アカゲラ。


 まわりに溶け込んで、ちゃんと気付いて、動かない。気付かれなければ気付かれない。ヤマゲラ。


 枯葉のように、気付かれたくないクロスジフユエダシャクと、気付いて欲しいナツハゼの実と。


 友人の婚礼に出席するために帰省していたむすめ、夕闇迫る雨の旭川エアポートから飛び立ってしまった。
posted by take_it_easy at 21:22| Comment(2) | 岐登牛山

2010年11月07日

おむすび山(東旭川の三角山)

 高曇り。+8〜+14℃くらい。朝から生暖かい。

 雲は薄そうだから、おむすび山へ。東旭川町豊田にある三角山。頂稜がステゴサウルスの山。


 林道入り口から見た頂稜部。左の岩体上が最高点。右から辿ることに。


 入り口にある、わりと大きな八幡神社。この左手に林道。


 左にトドマツ、右にカラマツ。少し進むと、


 左にカラマツ、右にトドマツ。ずーっと進んで、左に直角に曲がると、


 途中、シャクガのようなガ、死んでるのかと思って枯葉でチョコチョコッとすると、飛んでいった、生きてた。


 林道には刈り込まれない草の残骸、このまま真っ直ぐ進むと、林道は消え、いちめんのササ原になった。


 とにかく稜線に向かって曲がり真っ直ぐにすすむ。稜線に達したら、左折。


 しばらくは背丈の高いササ原。稜線を離れない。


 岩塊が現れてきて、まもなく頂稜に。


 頂稜の中。真ん中やや上、岩体の上にある緑、向こうに回り込んで


 見下ろす。岐登牛山の安山岩にも同じような景色がある、僅かな土、ひび割れに詰まった僅かな土に根を張るカワミドリ。


 こんな、スレートを積み上げたような岩体が通行を阻む。回避して進むと、


 一番高いところが見えてきた。


 その上に登って、その先を見下ろす。


 この岩体のてっぺんに、なにかが刻まれている。直線だけ。判読できず。


 通り過ぎて、振り返る、最高地点を。前方にはもう高いところはない。あとは引き返すのみ。これからの方が気を遣う。
posted by take_it_easy at 17:13| Comment(2) | 東川近郊の低山

2010年11月06日

今日の岐登牛山

 くもり一時はれのち雨。+0〜+10℃くらい。久々に10℃超え。歩くと暑いくらい。

 久しぶりに、1頭のエゾリスを見た。元気だった、というのもおかしいけれど、元気だった。


 さてと、


 寝床をもう少し暖かく


 しようかな。林間キャンプ場で。


 瑞々しく若葉が2枚。ツルアジサイ。


 恥じらうがごとく、慎ましやかに、ツルマサキ。


 こちらでも帰路を急いでいる。展望閣下で。

H.Ochi

 気付いたのか。(画像クリック)


 カラマツ越しに。南端展望台から。
posted by take_it_easy at 17:25| Comment(2) | 岐登牛山

2010年11月05日

忠別川河川敷

 くもりのちあめ。+4〜+6℃くらい。
 この数日、気温の上下の少ない日が続いている。この間、大雪山の方では積雪が深くなっているらしい。

 忠別川河川敷を散歩。


 いちめんの枯れ野。夢は駆けるだろうか。


 流れは穏やか。
 

 あまり見かけない機影。垂直尾翼に「A006G」の文字。「JA006G」で調べると、国土交通省航空局管制保安部運用課飛行検査の飛行検査用航空機のうちの一機らしいとわかった。先日の異常管制を受けての何か? しばらくして戻ってきて、旭川空港に着陸した。


 パークゴルフ場はまだまだ緑がいっぱい。人もいっぱい。左の山は江卸山。
posted by take_it_easy at 19:26| Comment(0) | 忠別川

2010年11月04日

今日の岐登牛山

 くもり、いまにも降り出しそうな、時には晴れ間。+2〜+6.5℃くらい。

 少しの晴れ間がありそうで、午後になって、ちょっとだけ出かけた。


 遊園地の上。


 稲積ピークから。


 展望閣からの下り。

 
 温泉のちょっと上。
posted by take_it_easy at 18:06| Comment(0) | 岐登牛山

2010年11月03日

今日の岐登牛山

 小雨が降ったり止んだり。夜半にはちゃんと降ったらしい。+2〜+5℃くらい。

 いまにも降り出しそうだけど、降ってはいなかったから、ちょっと出かけた。
 見かけたひとはいるらしいのだけれど、わたしはここんところさっぱり見かけないエゾリスを見たい。でも、今日も、出会わなかった。出会わなかったけれど、どなたかが出会っていれば、どこかにいるということで、それはそれで、ヨシ。
 ミズナラやオニグルミはけっこう沢山の実を着けていた。けれどもどうも、カラマツがさっぱりだ。


 ゴーカートコースで。カラマツ林と落葉広葉樹林との境界線。


 ここのカラマツにも実が着いていない。キャンプ場もそう。


 きょうもまた雨が忍び寄る。稲積ピークで。


 スキー場最上部だけすこし白くなってる。夜半に降ったらしい。そのあとの雨で、たぶん消えた。


 ガスが黒岩山を隠す。


 どうしてる? 元気でいるかい?
posted by take_it_easy at 18:28| Comment(0) | 岐登牛山

2010年11月01日

今日の岐登牛山

 くもりのちあめ。+0.5〜+5.5℃くらい。

 気温ほどには寒くなく、なかなか寒くなりきらない。


 市街中心部から伸びる西4号道路が岐登牛山に突き当たるところ。


 ハウチワカエデが、紅くなりきれずに、落ちるのをためらっている、かのよう。


 展望閣横から。


 なりきらない、なりきれない、中途半端な寒さで、幾種類かの虫たちも、冬越し態勢に入りきれない、かのよう。展望閣の壁を這うベニモンツノカメムシ。


 ズキンヨコバイというらしい。ヤナギの類にいるのが普通らしいけど。越冬するのかしないのか、どうなんでしょう。これらのほかに、マダラナガカメムシ、ナミテントウ、カメノコテントウなどがジッとしていたり、くっつきあっていたり。


 冬眠に入ったはずのエゾシマリス、どうも、出歩いているらしい。雪のあと、暑いくらいの日が続いたから、冬眠しきれない、かのよう。


 シジュウカラやハシブトガラは徐々に地面に近づいている。
posted by take_it_easy at 21:18| Comment(0) | 岐登牛山