2010年11月15日

今日の岐登牛山

 ほぼくもり、いちじはれ。−2〜+0℃くらい。

 アメダス東川の速報値を見ていると、午前0時に+0.1℃、その他は全ての正時でマイナス、惜しい、真冬日をのがした。


 レストハウスへの階段を上がろうとしたら、とっても素敵な感じの景色があった。手前の道は展望閣への車道。冬期は通行止め。この景色、いままで一度も撮ったことはなかったな。


 そこの車道のはじから見た市街地方面。雪雲に包み込まれようとしているな。


 展望閣への道も白くなったな。


 展望閣の下で、北の方から滑空する鳥影一つ、岐登牛山の上空を2回旋回して、南の方へ去っていった。このオジロワシ、なにかが気になったんだろうな。


 10分ほどののち、稲積ピークにいくと、西の方に、北から来たオオワシ、いままさに通り過ぎなんとす、あわててシャッターを押したら、鳥影に合焦するまえに切れてしまった。空に合ったか。そのまま南の方へ去っていったな。


 きょうは先に頂上へ。雪雲はだいぶ近づいてきたな。


 南端展望台では風と雪。カラマツの東側にだけこびりついてるな。


 南端展望台の露岩の上にあるキリンソウ。赤味のあるのはこれだけになったな。


 稲積ピークに戻ってきた。アカゲラも忙しそうだな。


 ゴジュウカラ、得意のポーズだな。
posted by take_it_easy at 18:31| Comment(0) | 岐登牛山

2010年11月14日

今日の岐登牛山

 くもりいちじはれ、のちあめ。強い風。+2〜+11℃くらい。

 風は強く、寒さを予想したけど、林間にはいると、裸の木々でも風衝にはなって、けっこう暑かった。散歩気分にちょうどよい日和、午前中だけ。


 展望閣への道で振り返る。


 アキアカネが復活。これは♂同士。たまたま。


 南端展望台から。カラマツも徐々に散っている。


 林道富山線を通ってみた。いい雰囲気。積雪期だけじゃなく、南端展望台からこちらへ下りるのもよさそう、クラフト部落?に続けるにはちと遠いかななんて考えながら歩いていると、降ってきた。すぐに止んだけど。


 カラに混じってキバシリも数羽。
 
 

 旭山に転進して、旭山新四国八十八ヶ所霊場をめぐってきた。こちらもちょうどいい散歩になった。ここは60番。途中から傘使用。


 雨風にも平気(かどうかは解りません)。羽毛は煽られている。
posted by take_it_easy at 18:35| Comment(0) | 岐登牛山

2010年11月13日

ubuntuを導入してみた

 午前中はあめ、のちはれ。+3〜+8℃くらい。

 Linuxディストリビューションのひとつ、ubuntu 10.10を導入してみた。
 以前、Redhat3やFedora Core6を試してみたが、まじめに付き合わなければ付き合ってくれないことが判って、諦めていた。最近、ubuntuというのが出てきていて、「Windowsから乗り換える選択肢として現実的なものに仕上がっている。」という記事を見て、イタズラ半分に導入してみた。あっけなくインストールでき、先客のFedora Core6を無視して、win2000との半ば排他的共存ができあがった。
 起動もはやいし、終了は瞬速。ファイルシステムはどうなってるか解らないけど、Windows領域のファイルも普通に読めるし、MsOfficeそっくりもあるし、画像処理も音楽・動画の聴き散らかしもできるし、webブラウザももちろんあるし、たくさんあるフリーソフトのインストールがこれまた簡単だし、まだまだいろいろあるし、これが全部タダ。不足してるのは、使用者の知識と知恵と慣れくらいのものかな。
 わがwin2000はいろいろなフリーソフトでしっかり固めているから、そう簡単には乗り換えられないけど、まもなく壊れるであろう(起動用HDの診断をしたらイエローカードがでた)HDが壊れた暁には、7でなくてもいいかな、とおもうくらいになっているといいのだけどね、と、おもうのであります。


 webブラウザは火狐、ほかにもいろいろつかえるらしい。


 ファイラーみたいなヤツ。gimpから開いてみたら、winの領域のディスクもばっちし。
 

 画像ビュアーで開いた。


 画像ビュアーからあのgimp(画像処理ソフト)が開く。
posted by take_it_easy at 22:37| Comment(6) | 未分類

2010年11月12日

旭山:スキー場跡の様変わりにビックリ

 くもりのちあめ。−1〜+6℃くらい。

 午前中は保ちそうだからと、旭山へ。スキー場跡に出て、あまりの様変わりにビックリした。イベントを催して植林したとの新聞報道は見ていたが。ここが桜の名所に付加される頃にはまた違った趣になるのだろうけど。そこにつけられた砂利道を通っておりてきて、動物園を通り抜けてきた。

大雪山旭岳の麓に行こう

 途中でみた風景。


 

 草茫々の中に一条、雨水で抉られた地面が続いていたのだったけど、数ヶ月来ないうちに変われば変わるもんだなあ。下の施設は旭山動物園の東門。

大雪山旭岳の麓に行こう

 エゾフクロウ。ことしは1羽だけ。画面クリックで「あくび」をどうぞ。ドラッグで移動します。再クリックでもどります。

 webからの情報に依れば、11月10日に東川町で「地下水サミット」というのが開催されたらしい。生活用水を全面的に地下水でまかなっている市町村が集まったのだとか。そこで採択されたという宣言の1項に
 「私たちは、安全・安心でおいしい豊富な天然の地下水を「環境水」と呼び、・・・」というのがあるそうだ。「私たち」が誰のことかは知らないけれど、ふだん、あたりまえに使わせてもらってる(いいかえれば、命を預けてる)身としては、あまりややこしい言い方はしてほしくないなあ、とおもう。「環境水」、なんだかうさんくさいなあ。わざわざなんで、という感じがする。
posted by take_it_easy at 20:17| Comment(0) | 東川近郊の低山

2010年11月11日

今日の岐登牛山

 くもり、ほぼ。のち晴れ間あり。雪もちらつく。雨も降る。+0〜+4℃くらい。


 朝、岐登牛山の上半分が白くなっていた。昼、梢の雪は消え、スキー場でも最上部だけ白さが残っていた。夜、暗くて見えない。


 ナナカマドの幹に雪がへばりついていた。この辺りから上、奥は雪景色。稲積ピークで。


 南端展望台に向かう道。


 シマエナガ


 キバシリ


 コゲラ


 雪が溶けて、雨のように降り注ぐ。ナナカマド


 ツチグリ。


 大雪山自然学校事務所の前を通りかかると、上着を干してあった。旭岳自然保護監視員の人達の今期の活動が終わったのかな。おつかれさまでした。
posted by take_it_easy at 18:48| Comment(0) | 岐登牛山

2010年11月10日

降りそうな降らなさそうな

 くもりのちあめ。+2〜+6℃くらい。

 降りそうな降らなさそうな空模様。窓から外をふと見ると、岐登牛山を包むように虹が架かっていた。あわてて飛びだして、見渡せるところまで走って行ったら、すでに消えかけていた。出そびれているうちに雨も降ってきて、暗くなってしまった。

posted by take_it_easy at 20:23| Comment(0) | 東川歳時記

2010年11月09日

今日の岐登牛山

 くもりのちあめ。+4〜+9℃くらい。

 雨が降り出す前に。


 展望閣が赤色チャートの岩盤の上に立つ。


 ツルアジサイにハエが留まってる。


 ヘビの抜け殻化石。のような。


 エゾシマリスの冬眠巣。10月25日頃に閉じられた。そのあと暖かくなって、また出歩いているのかと思っていたが、のぞいてみると、中の方は塞がったままだった。何者かが外から掘り返そうとしたらしい。古い資料では、冬眠巣の出入り口は1箇所のようで、だとすると、他リスか何か本リス以外の仕業? きのう見たヤツはこの巣の近くにいたけれど、どうやらここの主ではなさそう。その古い資料(知床での調査)では、おとなは10月末までに冬眠に入ってしまい、子供達は20日ほど遅れる、とか。そうか、そういえば、きのうのはちょっと小振りだったなあ。そういうことかと、納得しとこ。


 稲積ピークから。


 何羽もいた。ミヤマカケス。

大雪山旭岳の麓に行こう

 イチイの実を3個、一気に飲み込んだ。このタネ、肛門を通る? (画像クリック)
posted by take_it_easy at 18:20| Comment(0) | 岐登牛山