2010年10月31日

音江連山

 快晴。山上でも+10℃近くはあった感じ。あったか。

 夏山靴の履き納め、になるかどうかは判らないけど、10月末に歩くようになってる音江連山。


 沖里河温泉鳩乃湯(廃墟)の近く、イルムケップスカイライン終点(始点)に駐車。他車1台あり。帰りはこの林道を下りてくる。


 剣山のあたりまでは黄葉が混ざる。ツグミの群れあり。


 剣山まで急登。過ぎるとしばらく緩やか。


 音江山方面と無名山方面との分岐に近づくと再び急登、道に雪。先行者2名。この方達と、追いつ追われつ、最後まで接近遭遇であった。


 音江山への道から音江山頂上を見る。


 音江山頂上。


 何を間違ったか、スコットカメムシが雪上行軍、のろのろと、息も絶え絶えに。無名山に向かって。


 シマエナガの群れが雪上で、なんかの種子を食べてたんだろう。じょうずに日陰を選ぶように感じるが。


 陽に当たった。


 まもなく無名山。


 無名山からの展望。


 沖里河山を越えてのち、急な林道(イルムケップスカイライン)を淡々と歩く。約5km。はじめは雪あり。


 まもなく雪は消える。なんかのおおきな糞が3個、ボト、ボト、 ポト、という感じで落ちていて、満腹できたような感じ。これは車にひかれていた。
posted by take_it_easy at 21:27| Comment(4) | 大雪山以外の山