2010年09月09日

十国峠のその先、ちょっとそこまで

 ほぼ快晴。アメダス東川によれば、明け方5時で+7.3℃、14時で+24.3℃。真夏は過ぎたかな。

 石狩川源流域の林道は、先月末の降水によって、あちこちでダメージを受けているらしい。由仁石狩林道もダメ、との私的情報があった。でも、公的にはそのような情報は流れていないようだ。で、行ってみた。グレーダーが入って、たいへん走りやすくなっていた。
 (ただでさえこのblog、表示に時間がかかるようで、なのに、今日は画像を22枚、何でもかんでも載せてしまって、さらに遅くなってしまうことでしょう、申し訳ない。)


 十国峠から音更山の方を見る。きょうは、ここから、少し先まで行ってみよう、と、おもっていた。


 下の方は由仁石狩川に沿っている。その畔で咲くミソガワソウ。


 川が涸れてくるあたり、かな?、ヨツバシオガマがひと叢。


 ユニ石狩岳の崩壊地を行く。稜線はもうすぐ。


 ユニ石狩岳への分岐から見るユニ石狩岳。今日は行かない。


 十国峠への道、ウラシマツツジが色づいてきていた。


 十国峠から先に進んで、ミヤマハンノキ林の中にいろんなトリがいそう。いそうなだけだけど。ルリビタキ?


 さらに進んで、広い稜線に出た。


 目的地の一つ、ブヨ沼。道はさらに先へ。


 きょうはここまで。音更山への最後の登りのちょっと手前。
 だいぶ前(国鉄三股線があったころ)に、十勝三股から十国峠に達し、音更山、石狩岳を越え、沼ノ原、高根ヶ原を経由して高原温泉に下りたことがある。そのころを思い出そうと思っても、あまり思い出せない。ブヨ沼のそばでテントを張って、次の日、記憶は突然、石狩岳頂上で防風着をつけている。当時は何を見ていたんだろうか。


 その、石狩岳の方。


 ニペソツが立派。


 来し方を振り返る。左の白い部分のあるところが十国峠。先入観では峠は鞍部にある、が、十国峠は凸部にある。


 ブヨ沼は静謐。


 のように見えるが、水中には、エゾサンショウウオがいっぱい。


 場違いのようなコマクサ。


 コケモモとアキアカネ、ガンコウラン。ひなたぼっこ。けっこう暑かった。


 ヒガラが指呼の所に。ミヤマハンノキ林の中で。


 これを踏んづけちゃった。ニュルリ。


 まん丸でないコケモモの実。


 いつの間にか、水が現れている。むこうはニセイカウシュッペの方。


 声は聞こえる、あちこちから、と諦めていたら、突如、すぐそこのちょっと向こうに現れた。ナキウサギ。
posted by take_it_easy at 21:59| Comment(0) | 大雪山以外の山