2010年08月31日

忠別川第三頭首工

 くもりのちほぼ晴れ。+22〜+30℃近く。

 「雨が降りそうな 天気じゃない。」 天気予報はなんだかこんな感じ。午後には「雨が降りそうな天気じゃない」ようになってきて、忠別川に出かけた。日差しはギラギラと背中を押さえつける。


東橋から下流方面を見る。水量は判らないけど、濁りはよく判る。忠別川第三頭首工はサーチャージ水位状態。(その画像、ことごとくエラーになってしまった。)


 魚道(多分)にもめずらしく豊かに流れる。


 流木やらなにやらがいろいろと引っ掛かってる。たぶん、だいぶ減ったのだろうけど。


 普段からみると、水量はかなり多い。
 きのう歩いた旭岳温泉クロカンコースの途中にある小さな清流(いずみ)、湧出量が異常に多いので、調査をしている、とのことで、コンパネやらエンジンやら、を小さな荷車等で運んでいた3人連れに出会った。あの道、荷車は辛かろう。あの一帯に降ったあの雨は、多くは表面を駆け下りたのだろう、なにがしかは地下に浸透しで、さて、どうなる?


 市街の電線に、ムクドリの群れ。下を通ると、何かが落ちてきそうだ。
posted by take_it_easy at 18:08| Comment(2) | 忠別川