2010年07月15日

今日の岐登牛山

 はれ。+18〜+27℃くらい。

 林間キャンプ場に入ると、葉っぱがことごとく茶色に変わってしまった木が数本、目に留まった。近寄ってみると、網目状に食い散らかされている。これだけ食い散らかしたのだから、その主はさぞかしウジョウジョだろう、が、あまりみあたらない。どっちが頭かしっぽかわからん黒いヤツがちらほら散見されるだけ。こいつらが全部喰ったんだろうか。この木、このあとどうなるだろうか。あまりに見事に喰われてしまって、このままでは立ち枯れるかもしれないなあ、いや、新芽が吹き返すだろうかな。要チャックや。


 これがその木


 これがその幼虫(体長10mmくらい、いまのところ)と食痕
 一番期待したいストーリーは、木はハンノキ、幼虫はハンノキハムシの。でもそれじゃムシがよすぎる?


 がらっと変わって、イチヤクソウ。


 オオチドメの細密な花。


 夏のキビタキ。


 稲積神社神殿跡小ピークでは、ジョウザンミドリシジミと


 ウラジャノメが陣取り合戦をしている。お互いが相手なのではなくて、やっぱり同種が相手。


 ノラニンジン、野良猫か野良犬か、または野良生えか。


 鯉の池で目立っているミズハコベ。ことしはコイがいない、ことと関係ありやなきや。
posted by take_it_easy at 21:26| Comment(4) | 岐登牛山

2010年07月14日

ニセイカウシュッペ

 くもり。晴れ上がるかもしれないと思って出かけてみたら、稜線から上は雲の中。歩いているうちに、もう少しで雲が霽れるところまではいったのだけど。

 ニセイカウシュッペ山に登って、下りてくる途中で出会ったグループの一員から声を掛けられた。Yさんだった。彼が退職されて以来、一度もお目にかかっていなかった。家族ぐるみでキャンプをしたり、ふたりで飲み屋のカラオケを独占してみたり。楽しませていただいたのだった。山登りもおたのしみとはおききしていた。お元気そうで何より。彼に山でお会いできて、きょうはいい山登りだったなあ。


 これはツツドリ。ツツドリの声で鳴いていたから。顔を見ようとしたら、飛んでいった。


 稜線上はこんな具合だった。


 ミヤマホツツジと、小さなガと。


 見晴台からの見晴らしは、スッキリ。


 モミジカラマツ。


 キバナノコマノツメ。


 エゾノとアオノとのツガザクラがいっぱい。正面は頂上。少しずつ見えてきた。


 ルリビタキ。


 大槍は半分はれ。奥の表大雪は今少し。


 頂上付近で、チシマギキョウ。


 そばで、イワギキョウ。


 大勢が登ってくる。先に下りちゃお。まさか、あの中にYさんがいらっしゃるとは。


 霽れるのを待つ先着のお二方。


 あちこちで盛んに囀る、ノゴマ。


 いちばん接近したトリ。あんただれ?


 シラカバのようなダケカンバ。
posted by take_it_easy at 21:28| Comment(4) | 大雪山以外の山

2010年07月13日

旭岳温泉〜裾合平手前

 くもりのち好天。

 朝、町からは山の方は真っ黒、上空は青空だった。忠別ダムの辺りまでいくと、山が見え始め、みるみるクッキリ。旭岳温泉から裾合平手前のベンチのあるところまで往復してきた。今夏、はじめての大雪行。


 入り口は夏らしく、蒸せそう。が、わりと涼しかった。


 ポツポツとなごりの花たち。ミヤマハンショウヅル。


 イソツツジとエゾシロチョウ


 イラクサのような葉にヒメツノカメムシ♀。岐登牛山で♂を見た。出会うことはないんだろうなあ。


 四合目辺りで、ミヤマハンミョウ、けっこう俊敏に飛び立った。コウチュウらしく(と勝手におもっているんだけど)上翅を拡げてそして下翅を広げて、という順はなく、いきなり飛んだような気がする。この種も岐登牛山で見た。出会うことはないんだろうなあ。


 盤の沢上部。まもなく姿見。上空に絹雲。


 定番、鏡池の逆さ旭岳。右からなにやらあやしき雲行き。


 この辺りが盛り、チングルマ。


 裾合平に向かって行く、ガイドさん引率の2グループ。


 イソツツジがコンロンソウよりも白かった。


 次はあの稜線に。


 さえずるウグイス。このあと、飛び立った。さえずりながら飛んだ、いや、飛びながらさえずった、どっちだろ、と考えながら歩いていると、危うくコケかけた。


 なんとなく、チャップリンの後ろ姿を連想した。エゾアカガエル。


 オオシオカラトンボ♂


 シオカラトンボ♂  大きさはあまり変わらないような気がするけど。
posted by take_it_easy at 21:34| Comment(2) | 大雪山

2010年07月12日

第30回 全日本サマージャンプ朝日大会(5/5)

 観戦位置を変えて(ぜんぶ2本目)

 台に向かって右手の高台に登ると、スタート地点にいる選手達もすぐそこになる。ランディングバーンは見えない。
 画像を選んだ理由、画面の中に選手がいて、ピントが大きくずれていないもの、すべて。なんせ動きは速く、合焦は遅いから。


 遠藤秀治 57.5m


 湯本史寿 60.5m


 田中翔大 58.0m


 岡部孝信 58.5m


 小山内佳彦 59.0m


 葛西紀明 62.5m


 東 輝 58.0m


 小林潤志郎 57.0m


 作山憲斗 60.0m

                                                      (おしまい)
posted by take_it_easy at 00:03| Comment(2) | スキージャンプ

2010年07月11日

第30回 全日本サマージャンプ朝日大会(4/5)

 頑張ってるオバサンともっと頑張らねばの乙女たち。


 金井理恵子、ガンバ。


 葛西賀子、世界選手権に行こう。


 平山友梨香選手(北翔大学)、期待大なんだけど。


 竹田歩佳選手(北翔大学)、世界選手権以後、どうしちゃったのか、期待大なんだけど。


 岩渕香里選手(飯山高校)、この冬の名寄では連戦表彰台だった。期待大なんだけど。


 田中温子選手 カナダで活躍、朝日は初参戦、期待大。


 白い粉は?


 ジャンプ台と市街地を俯瞰
posted by take_it_easy at 23:34| Comment(0) | スキージャンプ

第30回 全日本サマージャンプ朝日大会(3/5)

 成年の部

 前の前の記事でも書いたように、国内一線級はほぼ出揃った。彼らもジュニアのときにはこの台で練習を積み、この大会で腕試し(脚試し)をしたにちがいない。サマーシーズン開幕戦、新旧入り乱れて、なかなかの混戦だった。新大学生の小林潤志郎(コンバインド強化)は1本目2位、細田将太郎は3位につけたが、2本目はともに23位タイと、残念な結果だった。チャンスはありそうだね。密かに期待している田中翔大(小樽ジャンプクラブ)は15位だった。

1位 伊東大貴(雪印乳業)   59.0m  64.5m  234.4pt
2位 作山憲斗(北野建設)   62.0   60.0   229.8
3位 坂野幸夫(雪印乳業)   59.0   62.0   228.9
4位 葛西紀明(土屋ホーム)  59.0   62.5   228.6
5位 船木和喜(フィットスキー) 58.5   62.5   227.4
6位 渡瀬雄太(雪印乳業)   57.0   62.0   221.1


1位 伊東大貴


2位 作山憲斗


3位 坂野幸夫


4位 葛西紀明


5位 船木和喜


6位 渡瀬雄太



 試合結果が朝日スキー連盟のHPに掲載されました。7位以下はそちらでどうぞ。
posted by take_it_easy at 23:05| Comment(0) | スキージャンプ

第30回 全日本サマージャンプ朝日大会(2/5)

 少年(中高生)の部

 ちょっと物足りない感じ。このクラスでは有力選手の多い本州勢は参加していない。小学生ではぶっちぎりだった伊藤将充もこのクラスではまだ力不足か。これからだ。

1位 馬淵 源(下川商業高校)   55.5m  57.0m   203.5pt
2位 高梨寛大(北照高校)      54.5   56.5    198.4
3位 内藤智文(下川商業高校)   55.0   55.5    196.2
4位 岡 優史(余市紅志高校)    55.0   53.5    189.4
5位 瀬川 友(下川商業高校)    54.0   53.0    187.8
6位 白鳥 新(下川商業高校)    53.5   54.0    187.5
 ・
15位 伊藤将充(下川ジャンプ少年団) 47.5   51.0   164.4


1位 馬淵 源 1昨年の本大会(高1のとき?)では少年組3位入賞だった。なんとなく注目したのだった。


2位 高梨寛大


3位 内藤智文

(4位 岡 優史の画像はなぜか欠落、1本目3位なのに撮ってない)


5位 瀬川 友


6位 白鳥 新




最長不倒(2本目)賞受賞の馬淵 源。下川商業高校のTシャツには「年間行事予定ですけど」。
posted by take_it_easy at 22:32| Comment(0) | スキージャンプ